home > 国内各地へ > 北陸 > 能登金剛

能登金剛といえば、能登半島西部富来町から門前町にかけての海岸一帯を指しており、国定公園にもなっている。日本海の荒波によって削られた岩の数々はなんとも不思議な形状を成しており、見る者を圧倒させること多々である。

見どころポイントとしては、関野鼻、ヤセの断崖、義経の舟隠し、更に巌門、鷹の巣岩辺りが有名だが、今回は年老いた両親を連れていたため、全てを満喫するという訳にはいかなかったのが残念。また、能登の道の駅巡りの際にでも、ゆっくり廻るとしよう。(個人的には、特に「義経の舟隠し」を見てみたかったのだが、一同からこれ以上歩くのは嫌だと拒否され、その願いは無惨にも消え果てた) (15.Oct.2002撮影 01.May.2004公開)
関の鼻から見た
風景
絶壁に後ずさり かぶと岩 村上元三氏の
記念碑
ヤセの断崖を
後方にのぞむ
     
裸弁財天へと続く 数々な奇岩      

 

 

 

 
home > 国内各地へ > 北陸 > 能登金剛

Copyright(c)1997-2004 ふゆのほし All rights reserved.
 本サイトに掲載されているすべての画像の無断使用はご遠慮願います。