-リヤ編-
リヤスピーカシステムがより音質に立体感を増す!


 

リヤスピーカの役割って何だろう
あなたの車にはリヤスピーカがついているか。最近の一般車両でもそこそこのグレードであればリヤスピーカは最初から搭載されてくるし、サウンド仕様車であればなお一層チューニングされたスピーカであろう。さて、そのリヤスピーカ、実際に車両のオーディオシステムではどのような役割があるのだろうか。考えられることをあげてみよう。
豊かな低音域を出す

セダンやハードトップ・クーペ等のトランクをもつ車両は、その容積を利用してリヤスピーカから豊かな低音域を得ることができる。勿論ハッチバック車であっても工夫すれば同様の効果はある程度得られるのだが、トランクを持つ車両のほうが容易にその効果は得られる。

臨場感ある音場を造る

フロントスピーカのみで鳴らした場合、音像定位は完全に前からのみになる。勿論、自宅のオーディオルームなどで2スピーカで聴く場合と同じではある。しかし、車の中で音に包まれるような効果を得たい、音の空間を立体感あるものにしたい、そういう場合はリヤスピーカの搭載が美味しい効果を出してくれる。鳴らし方ひとつでその効果も台無しになってしまう場合もあるので、リヤスピーカの選定もあなどってはいけない。

後部座席の人も音を楽しんで貰いたい

後部座席に人を乗せる場合、やはり乗せたからにはその人にも快適なサウンドを味わってもらいたいと考える人もいるだろう。ドライバーである自分が満足出来ればそれでいい、っていう音作りの方法もまたひとつ。でも全席、どこででも心地好い空間が得られるような音づくり、こういうのが難しいといえど、リヤスピーカもその役目を受け持つ。まぁその場合、同じリヤスピーカといってもリヤパーセルだけでなく、リヤドアにスピーカを搭載し、音像が後方ばかりに定位するのを防ぐような工夫を施している車両も存在する。


他にも役割はあるのだろうが、まぁ目立つ役割としてはこのようなものが主であろう。しかし、なんといってもある程度まとまりのあるサウンドを得たいのであれば、フロントスピーカを重点的に追及し、リヤスピーカはそれを補佐する意味で検討していくほうが早道かもしれない。と言っても、リヤスピーカっていうのはどうしてもフロントスピーカよりも高価になりがち。選択肢もフロントよりも柔軟性が高い。だからついついリヤスピーカに重点を置いてしまいがちなのだが、何事もバランスが大切。

最初に戻る

 


あなたのリヤスピーカ、満足してるか?現状分析してみよう
前席でリヤスピーカの音を聴いて、満足うんぬんっていうのはかなり変かもしれない。しかし、あなたが求めている音がちゃんと再現されているか、ふと耳を傾けてみることも必要かもしれない。ということで例をあげてみよう。
気持ち良い低音は再生されている?

低音域っていってもピンキリだ。ドンドン・グングンする重低音域、それよりも若干高い周波数域であるポコポコした低域。低域っていったってホント様々なのだ。フロントスピーカがある程度口径的な制約がある場合、低音の再生というその役目をリヤスピーカで受け持つことになる。しかし、リヤスピーカも取り付け方法によっては性能を十分に発揮出来ない場合もある。

ウッドベースやエレキベースの低音がググッとくる? ドラムのバスドラの音が
ドドッとくる?
なんかモコモコした音が後ろから鳴ってないか

リヤパーセルに埋め込み型スピーカを搭載した場合、多くの特徴として250Hzくらいの周波数が持ち上がったようになり、これが妙にこもったような中低域になってしまう。つまり、なんか音がすっきりはっきり再生されない原因のひとつといっても良い。もし、リヤスピーカの音が不明瞭だなと思ったら、それは一種特徴かもしれない。電気的に改善するならばイコライザーやDSPのパラメトリックイコライザーを用いて、こもっていると思われる周波数をカットしてみる。取り付け方法でも工夫次第で改善の余地はある。

音が時に後方に引っ張られがち

スピーカの取り付け位置・再生する周波数域によっては後方に音像が引っ張られがちになってしまう場合がある。気にならないという人はそれはそれで良いのだが、音像が前や後ろにフラフラするのは一般的に好まれない。後方のスピーカの鳴らし方によってはそういった音像が不安定であったり妙に後ろに引っ張られがちな面を改善することも可能である。

最初に戻る


低音域再生力をアップ 
埋め込み型
スピーカ
手としては、スピーカの口径をアップすること、または現在搭載されているスピーカよりも低域再生に有利なものを選択すること。取り付け位置の特徴上、スピーカの背面容積的に有利な条件であることから、口径をアップすればするだけ低音域の再生も有利になる。というのは、スピーカの口径と背面容積の関係から、低音域の再生周波数は決まってくるからである。つまり幾ら大きな口径のスピーカを搭載したとしても、スピーカの背面容積が少ない場合は、本来再生されるべき低音域はまともに再生されないのだ。
しかしながら、通常のセダンやハードトップタイプ車両のトランクだったら背面容積として十分である。以上のことから、スピーカの口径アップは低音再生に有効な手段といえる。

しかし、これにはリスクがつきまとう。もともと搭載されていたスピーカの取り付け位置と異なるものを取り付けるということは、車両側も加工が必要になるからだ。稀に加工不要で口径アップが可能な場合もあるのだが、期待できない。ある程度、自分でいろいろな改造や工作をするのが好きな人にはおすすめするが、全ての人におすすめは出来ない。

半埋め込み型
スピーカ
市販されているリヤスピーカとしてよく見かける一見ボックス型風でいて実はスピーカのマグネット部分は車両側に落とし込む形の半埋め込み型スピーカ。ほしも一時期搭載していたのだが、このタイプはスピーカを直接車両に取り付けるのではなく、マグネット部分をスピーカ取り付け穴に落とし込んで取り付けるタイプである。落とし込み径とリヤガラスにあたるうんぬんの制限はあるものの、ボックス型よりも低音の再生力面では有利である。

ボックス型
スピーカ

一番お手軽といえばボックス型スピーカ。セダン車等では逆にリヤガラスの傾斜角度から取り付け不可であるものも結構あるのだが、ハッチバック車等ではお手軽アイテムとして随分以前から流行っていたものだ。しかし、ボックス型スピーカというのはその箱の容量で低音の再生周波数にも影響を与える。走行中でもそれなりに低音を再生させようとするならば、やはりそれなりの容積が必要になる。
ということで、低音域の再生うんぬんを中心に改善したいのであれば、あまりお勧めアイテムではないと思われる。

モヤモヤしたリヤからの音を改善するには

全スピーカを鳴らすと、なんかもや〜っとした不明瞭な音が後ろで鳴っている。こんなことに遭遇したことはないか。フロントスピーカだけを鳴らした時はすっきりしているのに、リヤスピーカを鳴らすと妙にモヤモヤしたような音に包まれるようだったら、どうやらそれは、リヤスピーカ側からある周波数帯域が盛り上がって再生されてしまっていることにある。少し上の項目でも説明したが、これをカットするのは取り付け工夫ではなかなか困難である。手っ取り早く改善するにはやはり電気的な操作に頼るのが早道だ。

しかし、中にはイコライザーなんて搭載したくないって人もいるかもしれない。こうした場合は、スピーカユニットの上に覆われているスピーカグリルの形状に工夫を施したり、またはスピーカユニット自身を検討して改善する場合がある。


1.イコライザーで不明瞭な音をカットする場合
リヤスピーカの不明瞭な音の原因は、2ポイントある。まずは250Hzあたりの中低域、これはいわゆるベースの音と男性ボーカルの音がすっきり分離して聞こえず、なんとも耳にまとわりつく感じである。
もう1ポイントは、700Hzあたりの中域である。音全体になんかエコーが混ざったような不明瞭な感じがたまらなく不快感である。

しかしこれらの周波数、カットし過ぎても音に味がなくなってしまい、サバッとしたつまらない音になってしまうので、カットし過ぎにご注意を。

2.その他の手段として(埋め込み型スピーカの場合を例とする)
一般にはスピーカユニットを検討するというのは困難である。それこそスピーカユニットをとっかえひっかえ交換出来るような環境・そしてはたまた自分でユニットを造ってしまうような人でなければ難しい。
スピーカ
ユニットの選定
一般的にこもり改善のひとつとしてスピーカユニットを検討するとしたら、そのコーン紙の材質だ。もし、もともと搭載されていたスピーカが紙製のコーン紙だったら、だめもとで樹脂成型コーンを採用してみると音の鳴り方がガラッと変わる。樹脂コーン自身、通常の紙製コーンよりも重量的に重い為、全体的な音圧は下がる傾向にあるが、全体的にすっきり感漂う音質になる傾向が強いはずだ。
スピーカグリルでなんとかならないか? あとは、スピーカ前面に覆われているスピーカグリルを確認してみよう。グリルの構造によってこもりの原因となる場合がある。それは、グリルの開口率・スピーカユニット前面とグリル天面との間隔に影響するということだ。

グリルの開口率が悪く、おまけにスピーカユニット前面とグリルの間隔が広い場合、一種の箱状になる。この場合、箱の中で音が共振し、こもったような音が出ることが多い。一種の箱鳴りである。これを改善するにはグリルの開口率を上げるのが簡単な方法であるが、方法によってはスピーカの寿命を短くしかねない。

ひとつの手としては、グリルの裏面によく貼られていることが多い布の開口率を上げることである。ちょっと荒ワザならば、その布を外してしまうという手もあるのだが、これはグリルの形状によってはスピーカがもろに見えてしまうし、ゴミやホコリも入りやすくなってしまう。スピーカが上向きに搭載されているリヤスピーカにおいては、お勧めしないものである。

ちょっと工作上手であれば、グリル自身を改造して開口率をあげるのもかなりの荒ワザである。スピーカの上部に覆いかぶさる面が、樹脂のスリット状グリル・樹脂で丸穴がぽつぽつ開いてあるグリル、いずれも開口率はさほどよくない。市販スピーカのグリルでよくあるパンチングメタルのグリル(金属製で細かな穴が沢山開いているものをご存じないだろうか)が、比較的開口率としては良いほうである。勿論、パンチングメタルも種類によっては開口率も様々であるが、だいたい60%以上であれば問題はない。


時に後方に引っ張られがちな音はフェダーの可変でなんとかなるか

一般的に車室内音場は、前方定位が良いといわれている。全体的に音が包まれる感じをリヤスピーカで実現出来るのだが、定位はあくまでも前方にあることが好まれがちである。後方に引っ張られがちになってしまう音場を改善するのには、フェダーの調整でなんとかなるのか、とよく聞かれるのだが、フェダーの調整だけでは困難な場合もある。

例えば、フェダーをフロント側に少し移動すると、折角リヤスピーカで再生されていた低音域のレベルまで一緒に下がってしまう。低音のレベルは下がって欲しくないのだが、それよりも上の周波数は下がって欲しいと考えたくなる。

特に高音域は指向性が高い為に、鳴っている方向を特定しやすい。となると高音域がシャキシャキなっているスピーカを後方に搭載すると、場合によってはシンバルの音がシャーンッと、または高い女性ボーカルがひゅっと後ろから聞こえてきたりするのだ。
スピーカを選択する場合に、そのあたりを考慮した周波数特性のものを選択すると良い。最近の市販スピーカはその周波数特性をパッケージに掲載されているものが多いので、それも目安となる。と言ってもやっぱり搭載してみなければわからないことは確か。

次分の車両に取り付けられるべきリヤスピーカの位置も考慮しよう。2シーターしかもコンパクトな車両の場合、リヤピラー部にスピーカ取り付け部があったりするのだが、この位置はドライバーシートの耳の位置に近い場合がある。ということは、あまりスピーカ自身の能率が高いものは選択しないほうが良いということだ。口径が大きくって立派な性能のスピーカを搭載すれば良い音場が造れると思ってはいけない。何事もバランスが大切。

最初に戻る


 

スピーカの立場からみた取り付け方の条件
基本的にはフロントスピーカの取り付け条件と変わりはしないのだが、ここでもあえて挙げておこうと思う。
スピーカ取り付け周囲に隙間がないこと

スピーカ取り付け部の周囲、例えばスピーカフレームと車体側の間に隙間があると、スピーカの背圧側の音が漏れて、スピーカ本来の性能が損なわれてしまう。

スピーカは車体にガッチリ留める

スピーカに限ったことではないのだが、留めるべきところはきちんと留めてほしい。横着して数カ所留めないなんてことはやめた方が良い。ビリの原因となり、運転にも支障をきたす。

その他、フロントスピーカの取り付け条件を参考にして欲しい。

最初に戻る

home AutoSound indexに戻る 前の項目を読む 次の項目を読む

Copyright(c)1997-2004 ふゆのほし All rights reserved.
本サイトに掲載されているすべての画像の無断使用はご遠慮願います。
最終更新日: 2000/06/28