ふゆのほし的「道の駅」ご案内   道の駅をたずねて何千キロ
道の駅 たかはた
◆まほろばステーション◆

東北自動車道 白石ICから国道4号白石市街地を経由して国道113号に入ったら七ヶ宿・高畠方面へと走る。あとはそのまま道なりに走り続けていくとやがて高畠町に入り、左手に道の駅「たかはた」が見えてくる。右手には歴史情緒ある公園が見えるはずだ。

道の駅「たかはた」は、平成12年にオープンした高畠町の総合情報発信施設だ。ここへ訪れれば、高畠について一通り把握が出来るので、ここを起点に町内を散策して歴史に触れるのも良いだろう。また、多くの果物や農産物に恵まれ、町では旬な時期になると各果物狩り等が行われる。道の駅「たかはた」でも、旬な果物や農産物、そしてそれらを加工した手造り商品も多く並ぶ。


 
 
 
道の駅基本データ
場所/地図 山形県東置賜郡高畠町大字安久津2072-1
沿線 国道113号
駅付近の交通量 午前:★☆☆(少)
連絡先 0238-52-5433
各施設開館時間 09:00〜17:00(売店)
10:00〜17:00(レストラン)
09:00〜17:00(ウォーキングセンター)
休館日 無休
駐車場 83台(大:8 普:73 身障者用:2)
トイレ数 男:14 女:10 身障者用:3
石鹸:有
印象に残った名産品、
珍しいもの等
ラ・フランス ぶどう
ワイン 地酒
ドレッシング ジャム
バター まつたけなど
訪問履歴 1st:2001/06/03 10:03
 
 
施設内容
地域特産物販売所(売店)
レストラン縄文
縄文茶屋
ウォーキングセンター
まほろば古の里歴史公園(隣接施設)
スタンプ:駅舎内受付カウンター上(レストランの横)
 
見取り図
 
道の駅制覇し隊 この駅どんな駅?みつぼしチェック
目玉なお買い物度 ★★★ 高畠町ならではの特産品が実に多い。地酒やワイン、たかはたファームのドレッシング・ジャム類、旬な季節になればぶどうやマツタケ等
食事しましょう度 ★★ やや料金的には高いメニューが多いか。米沢牛の縄文膳(2000円 米沢牛陶板焼、天ぷら 小鉢等)、天ざるそば(1350円)など
ちょいと休憩度 ★★★ トイレ横に小さな休憩所が有り。屋外に縄文茶屋があり、そこで軽食も可(牛の串焼き等)。道の駅の施設ではないが、国道を挟んだ反対側にまほろば古の里歴史公園があり、その池の周りを歩いていると実に安らぐ。
ゆったり休憩度 ☆☆☆
ここで遊ぼう度 ☆☆ 道の駅に隣接する歴史公園の遊具広場で遊べる。
ここで体験度 ☆☆☆
文化に親しもう度 ★★ 道の駅に隣接する歴史公園で、縄文時代に触れよう。また、ウォーキングセンターで自然観察を楽しむ資料を入手可、実際にその足で町内を歩いてみてはいかが?
トイレ印象度 ★★ 設備的には標準的な道の駅トイレ
訪問時混雑度 ☆☆ 訪問時休日午前:まだまだ余裕有り
身障者への配慮 身障者用駐車場からトイレ・売店・レストラン等各施設へ車椅子で可。

道の駅ギャラリー
次に「たかはた」を様々な角度から撮影した写真をお楽しみいただければと思う。ってそんな大層な写真はないのだが、少しでも雰囲気を感じてもらえれば幸いである。
国道からみる道の駅「たかはた」遠景

 

道の駅「たかはた」の建物群

 

縄文茶屋でいっぷく 休憩所とトイレ

 

売店内風景 売店内風景 たかはたファームコーナー

 

ウォーキングセンター レストラン縄文

 

道の駅「たかはた」の向かいにある
まほろば古の里歴史公園

 

竪穴式住居の復元

 

三重の塔

 

池のほとりで何思う?

道の駅チェックレポート
道の駅にはそれぞれ特徴がある。我々「道の駅制覇し隊」が実際に道の駅を訪れたなかで、見どころや気になるところなどをレポートする。時にはべたぼめあり、辛口も混ぜておおくりするが、あくまでも一個人のレポートゆえ、人によっては異なった感想をもたれる場合もあるかもしれない。その点は予めご了承願いたい。
 
 
町全体像チェック:「まほろばの里」そして歴史深い町 高畠町
町や道の駅のキャッチフレーズにも「まほろばの里」と称している箇所は幾つかあるように、それらの町々は緑と山に恵まれた実り豊かな地であり、優れた風土を意味する。高畠町は特に歴史が深く、はるか1万年前から人が住んでいたと言われているらしい。町のあちらこちらには歴史を思わせる建造物があり、又道の駅の向かいにある歴史公園でもその一部を感じることが出来る。(歴史に触れるならば・・・まほろば古の里歴史公園/安久津八幡の三重塔、亀岡文殊、五百羅漢、十三仏、羽山古墳、日向洞窟など他にも多数あり)

高畠町は、町のパンフレットも町内マップや周辺マップ、町のガイドブック、くだもの狩り直売マップ等、実に多くの種類が製作されており、道の駅「たかはた」でも自由に貰うことが出来る。
駅内チェック:売店で見つけた高畠の手造り加工品たち
高畠が誇る特産品は数多く存在するのだが、その中でまず加工品にこだわってみた。売店で特に上手くアピールしているのが、バターである。
手作りバター
「手造りまほろばの里バター」は、高畠町産の搾りたて生乳を使った本格的バター。日本製乳とJA山形おきたま、深瀬牧場の三者一体になって作られており、人気をよんでいる。

このバターの製造法は加熱をせずに時間をかけてじっくりと練り上げるという非常に手間がかかる大量生産にむかない手法のため、販売を高畠町に限定している。1個500円
チーズ類
「まほろばの里手造りチーズ」は、ナチュナルチーズに特製バターを配合してクリーミー風味にしスモーク処理したもの。このスモーク処理は、奥羽山脈の山桜の木をスモーク材にしてひとつひとつじっくり6時間かけて燻製。

種類は、クリーミー・マスタード入り・ブラックペッパー入りの3種類があり、ひとつ600円。
納豆
地域特産物販売所には、高畠特産品が分かりやすく、また種類も豊富に並んでいる。

例えば「たかはた納豆 まほろばの恵み」等の地元産納豆、納豆造りに熟知した先代の創業以来、土づくりや大豆の手選別等にこだわった製品だ。
駅内チェック:売店で見つけた高畠の地酒・ワインたち
高畠の地酒は数種類存在するのだが、その中でまず目をとめたのが、米鶴酒造の「まほろばの地酒」である。米鶴酒造といえば大吟醸「巨匠」等の高価な地酒もあるのだが、やはりここは「まほろばの里」にちなんだものを紹介しよう。

写真にも掲載されている徳利が印象的な「まほろばの地酒」は本醸造の甘口なお酒。その隣に写っているのは純米吟醸「まほろば」、すっきりとした香りをもつ淡麗辛口なお酒だ。米鶴酒造は、時期によって酒蔵の見学も可能だとか。興味ある人は是非行ってみよう。

そして、ワインといえば高畠ワイナリー、これも種類豊富にズラリと並んでいる。甘口好きな"ほし"としては、ロゼの甘口のものを探したのだが、売店には置いておらず、今回は白の甘口である「ルオール」を購入。後で、高畠ワイナリーのWebサイトを見たところ、ロゼの甘口(同じくルオール)もあったことを確認。山形の特産であるさくらんぼを使った「たかはた さくらんぼワイン」もある。(ちなみにこの甘口の白ワイン「ルオール」、実際に飲んでみたところ、非常に飲みやすい。適度に冷やして飲むと爽やかな甘口が口いっぱいに広がる。)

道の駅「たかはた」からやや離れた場所に高畠ワイナリーがあるので、ワインに興味がある人はそちらを訪れてみると良いだろう。見学やテイスティングが可能だ。
駅内チェック:売店で見つけた「たかはたファーム」なものたち
「たかはたファーム」は、高畠町の大地の恵みをギュッと凝縮した食品たちを食卓に提供。売店にも特設コーナーがあり、女性を中心に立ち寄る姿が目立つ。

山形の特産であるラ・フランスも採用された食品も有り。以下に、売店に並んでいた商品を一部列記してみたが、まだまだ他にもあるので、実際に訪れて確認して欲しい。
手造りジャム ラ・フランス、木いちご、ブルーベリー、さくらんぼ 等々
ヨーグルトソース キウイ、ブルーベリー、ラ・フランス・木いちご、いちご 等々
ナチュラルドレッシング 梅しそ、バルサミコ、ごま、イタリアンハーブ、和風しょうゆ、フレンチガーリック、和風南蛮等々
ゼリー類 ジャンボゼリー フルーツゼリー等々
駅内チェック:ウォーキングセンターから町内へと散策しよう!
ウォーキングセンターでは、町内を楽しく歩けるコースを用意、自然を観察するための資料等もあるので、受付で話を聞いて実際に町内を歩いてみよう。いざ歩いてみると、車に乗っていては気が付かないような事にも目がとまったり、新しい発見が出来たり、なによりも良い運動になるはずだ。といっても、まぁ旅の途中ならば、体力的に余裕のある人に限るかもしれない。

駅のパンフレットによれば、以下のコースが掲載されている。そうそう、本センターにはシャワールームもあるので、歩いて汗をかいた人はここでリフレッシュすることも出来る。
自然観察と眺望コース(約9km) まほろば古の里歴史公園の周囲を中心としたコース
果樹と自然のふれあいコース(約4km) 大立て洞くつ近くの果樹園を中心としたコース
歴史と自然の探勝コース(約13km) 町内の歴史的建造物を見て回るコース
駅周辺チェック:道の駅の向かいにある「まほろば古の里 歴史公園」で一息いれては?
道の駅の向かいにあるまほろば古の里 歴史公園は、安久津八幡や考古資料館、陶芸や木工体験が出来る創造の館、そして縄文時代の竪穴式住居の復元、池や広場等から構成される、歴史情緒あふれる公園だ。

旅の途中にちょっと一息つく程度の休憩ならば、池の周りをちょっと歩くだけでもかなりリフレッシュできる。国道沿いからも見える「三重の塔」を中心とした景観は、なかなか美しい。
 
 

home  地方indexへ戻る 山形県indexへ戻る

ご意見・ご感想・ご要望は、ふゆのほしまで。
MapFanWebは、インクリメントP株式会社のインターネット地図検索サービスです。
地図へのリンクはMapFanWebの利用規程に基づいています。
Copyright(c)2001-2003 ふゆのほし All rights reserved.
本サイトの全ての内容の無断使用を禁じます
データ作成日:2001年07月06日 最終更新日:2002年04月18日
(詳細案内は2001年06月現在のものです)