ふゆのほし的「道の駅」ご案内   道の駅をたずねて何千キロ
道の駅 おおえ
◆テルメ柏陵◆

山形自動車道 寒河江ICから国道112号を北上し、主要地方道23号(天童大江線)と交差したら西方面へと曲がる。国道287号と交差したら白鷹町方面へと曲がるとまもなく左手に道の駅「おおえ」が見えてくる。

道の駅「おおえ」は、これといって派手な施設があるわけでなく、どちらかといえば地味な道の駅である。売店と軽食がとれるメイン施設と、屋外トイレ・道路情報表示板、軽い休憩がとれるベンチがある程度の小規模な駅であるが、何故かホッとさせる空気はあるようだ。店内の売店よりも、店外の直売所に人気が集中しているようにも見える。


 
 
 
道の駅基本データ
場所/地図 山形県西村山郡大江町大字藤田218-1
沿線 国道287号
駅付近の交通量 午前:★☆☆(少)
夜間:★☆☆(少)
連絡先 0237-62-5845
各施設開館時間 09:00〜18:00 (4/1〜10/31)
09:00〜17:30 (11/1〜3/31)
休館日 無休
駐車場 49台(大:7 普:40 身障者用:2)
トイレ数 男:6 女:4 身障者用:2
石鹸:無
印象に残った名産品、
珍しいもの等
笹まんじゅう
大江町桐製品
りんご
ラ・フランスソフトなど
訪問履歴 3rd:2001/09:30 10:09
2nd:2001/05/03 21:46 1st:2000/10/22 11:27
 
 
施設内容
売店
軽食コーナー
道路情報表示板(屋外)
屋外休憩所
スタンプ:店内軽食コーナー付近
 
見取り図
 
道の駅制覇し隊 この駅どんな駅?みつぼしチェック
目玉なお買い物度 ☆☆ 売店規模は小さい方だ。大江町の特産というよりは山形全般のものが並んでいるためか、大江の特産色がもう少しアピールされていたら嬉しいのだが。しかしながら店先の直売所は元気いっぱいだ。
食事しましょう度 ☆☆ 軽食コーナーあり。ラ・フランスのソフトクリームが美味しいぞ。
ちょいと休憩度 ☆☆ 屋内に休憩施設は無いのだが、敷地内に小さな公園が有り。
ゆったり休憩度 ☆☆☆
ここで遊ぼう度 ☆☆☆
文化に親しもう度 ☆☆☆
トイレ印象度 ★★ 設備的に標準的なトイレ。清潔度も普通である。
訪問時混雑度 ★★★ 昼間は混雑一歩手前だが、比較的回転率は早い。しかしながら連休ともなると、閉館後は車中泊の車が駐車場を埋めており、停める場所に悩まされることも。
身障者への配慮 駐車場から各施設までスロープ有り

道の駅ギャラリー
次に「おおえ」を様々な角度から撮影した写真をお楽しみいただければと思う。ってそんな大層な写真はないのだが、少しでも雰囲気を感じてもらえれば幸いである。
売店入口にて

 

駅の施設を遠くからみる

 

賑わう店外販売 屋外トイレと道路情報案内板

 

館内の売店(お酒がいっぱい!) 館内の売店はちょっと通路が狭い

 

日差しも明るい軽食コーナー 国道からはこの看板が目印だ

道の駅チェックレポート
道の駅にはそれぞれ特徴がある。我々「道の駅制覇し隊」が実際に道の駅を訪れたなかで、見どころや気になるところなどをレポートする。時にはべたぼめあり、辛口も混ぜておおくりするが、あくまでも一個人のレポートゆえ、人によっては異なった感想をもたれる場合もあるかもしれない。その点は予めご了承願いたい。
 
 
駅内チェック:売店でみつけた大江名物・特産品たち
館内売店はどちらかといえばかなり小規模ではないだろうか、数人が売店コーナーに立ってしまうと土産物色もしづらいのが現状だ。しかしながらその分、店先の直売が充実し、また、それを目当てに訪れる人もいるらしく、店先は賑わっていることが多い。

そんななか、大江の名物と思われるものをいくつかピックアップしてみよう。
稲花餅 山形ならではの「玉こんにゃく」 大江錦(地酒)
駅内チェック:売店の軽食コーナーでラ・フランスソフトクリーム!
山形にいるとやたら目につくラ・フランス。これ、いわゆるフランス産の洋なし。多分、道の駅巡りをしていなかったら、ラ・フランスに気を留めることもなかっただろう。このラ・フランス、山形県の生産量は全国の約70%を占めるほど。なるほど!山形の何処に行っても「ラ・フランス」の文字が目に入るわけだ。「おおえ」の売店で売られているラ・フランスソフトクリームは、大江町で採れたラ・フランスをソフトクリームにしたもの。

早速食べてみたが、口の中でふわっと甘酸っぱい味が広がる。甘さよりも酸っぱさのほうがやや勝っている感じだが、甘ったるいソフトに飽きた人にはぴったりのさっぱりソフト。値段は250円
駅周辺チェック:駅の名称「テルメ柏陵」、駅の近くにある温泉の名だったのね
「テルメ柏陵」って何だ?と思ったら、道の駅「おおえ」のすぐ近くにある温泉施設が「テルメ柏陵」だったのだ。この温泉施設は各入浴場の他に、県内初採用のトロンサウナがある。トロンサウナとは、トロン温泉の湯元に近い鉱山で採掘したトロン原石を使用したサウナのこと。日本にも数カ所にトロン温泉があるが、その由来はその昔、ドイツのとある皇帝が発見した天然トロン温泉(ドイツのバーデンバーデン)がその後貴族たちの間で好まれる湯となるのだが、戦いで疲れた兵士の傷を癒す湯としても世界的にも有名になる。
では何故にサウナに採用したか??このトロンと遠赤外線の相乗効果により室内温度が通常のサウナよりも低いながら発汗量が高いことから、内蔵への負担が少ないようなのだ。
料金 300円(一回)
開館時間 06:30〜21:00
休館日 第1木曜日
場所 道の駅「おおえ」に隣接(MapFanWebにも掲載されている)
問い合わせ先  0237-83-4126
 
 

home  地方indexへ戻る 山形県indexへ戻る

ご意見・ご感想・ご要望は、ふゆのほしまで。
MapFanWebは、インクリメントP株式会社のインターネット地図検索サービスです。
地図へのリンクはMapFanWebの利用規程に基づいています。
Copyright(c)2000-2003 ふゆのほし All rights reserved.
本サイトの全ての内容の無断使用を禁じます
データ作成日:2000年11月09日 最終更新日:2003年05月12日
(詳細案内は2001年09月現在のものです)