ふゆのほし的「道の駅」ご案内   道の駅をたずねて何千キロ
道の駅 むらやま
◆故里交流施設「むらやま」◆

山形自動車道から行く場合、山形北ICで降り、国道13号をしばらく北上していくと村山市へ入る。するとまもなく国道をまたぐ形の橋が見えてきたら、それが道の駅「むらやま」である。この駅は、国道を挟み両側に施設がある形態の駅。西側には食堂や直売所・売店・駐車場等があるメイン施設、東側にはトイレと駐車場のみ。もし、国道13号を南下してきた場合は、東側駐車場に停めて、東西連絡道になっている橋「ローズブリッジ」を渡って、西側施設に向かうしかない。まぁ、トイレ休憩のみならば、東側施設でも事足りるだろうが。

この駅には、バイキング形式のレストランがあり、朝6時半から営業しているのが嬉しい。畳の休憩所もあり、足をのばして休憩したい人向きである。


 
 
 
道の駅基本データ
場所/地図 山形県村山市楯岡7635-1
沿線 国道13号
駅付近の交通量 午前:★★☆(普)
夜間:★★☆(普)
※路面に轍が多く走りづらい
連絡先 0237-55-7100
各施設開館時間 06:30〜21:00 (情報発信コーナー)
06:30〜20:00 (レストラン)
09:00〜19:00 (売店)
10:00〜20:00 (ファーストフードコーナー)
※冬期は時間が変更する
休館日 第1,3火曜日(祝日営業)
駐車場 165台(大:28 普:133 身障者用:4)
トイレ数 男:26 女:20 身障者用:4
石鹸:無
印象に残った名産品、
珍しいもの等
バラ製品いろいろ
ずんだん餅
なっともづ(南蛮納豆入りまんじゅう)
葉山全粒粉そば
訪問履歴 2nd:2001/05/03 20:32 1st:2000/10/22 08:16
 
 
施設内容
売店
店先直売
バイキングレストラン
ファーストフードコーナー
情報発信コーナー
休憩コーナー
スタンプ:休憩コーナー
 
見取り図
 
道の駅制覇し隊 この駅どんな駅?みつぼしチェック
目玉なお買い物度 ★★ バラ製品群が印象的。いまひとつ「むらやま」の特産のアピール度が少ないところが勿体ない。
食事しましょう度 ★★★ なんといっても朝早くからバイキングを楽しめるのは、早朝組としては助かる。
ちょいと休憩度 ★★★ 休憩所は広くて雰囲気も良い。コイン式のマッサージチェアーがある。
ゆったり休憩度 ☆☆☆
ここで遊ぼう度 ☆☆☆
ここで体験度 ☆☆☆
文化に親しもう度 ☆☆☆
トイレ印象度 ★★ 設備的はごく標準的。利用者が多く、清掃が追いつかないこともあるようなので、こまめな清掃が必要そうだ
訪問時混雑度 ★★  午前中は駐車場内もまだ余裕があると思いきや、気が付けば次から次へと車がやってくる。夜間になると車中泊組も多く見受けられる。
身障者への配慮 駐車場から道の駅各施設までスロープ有り。

道の駅ギャラリー
次に「むらやま」を様々な角度から撮影した写真をお楽しみいただければと思う。ってそんな大層な写真はないのだが、少しでも雰囲気を感じてもらえれば幸いである。
駐車場よりみえる施設入口

 

駅の目印といっても良いローズブリッジ
国道の両側に駐車場があり、東西を行き来できる

 

レストラン・軽食コーナー遠景 一皿バイキングはここから並ぼう

 

道路情報コーナーと休憩場所
畳があるので足をのばしてくつろげる
売店風景
ローズブリッジを歩く・・・

道の駅チェックレポート
道の駅にはそれぞれ特徴がある。我々「道の駅制覇し隊」が実際に道の駅を訪れたなかで、見どころや気になるところなどをレポートする。時にはべたぼめあり、辛口も混ぜておおくりするが、あくまでも一個人のレポートゆえ、人によっては異なった感想をもたれる場合もあるかもしれない。その点は予めご了承願いたい。
 
 
駅内チェック:国道をまたぐ連絡通路「ローズブリッジ」
道の駅「むらやま」のパンフレットの表紙にも堂々写真が採用されているということは、やはりこの駅の「ウリ」のひとつなのだろうか。国道13号をドーンッとまたぐ連絡通路、名称「ローズブリッジ」は、通路を渡りながら周囲の山並みを楽しめる造り。実際に渡ってみたのだけど、この日は霞がかかっていたせいか、美しい山並みとまではいかなかった。そういえば、こういった道をまたぐ連絡道がある駅って最近増えているのか、訪れた中では「富士川楽座」や「草津運動茶屋公園」「にらさき」が記憶に新しい。
駅内チェック:売店でみつけた特産品いろいろ バラ製品その他・・・
村山市の花はバラである。バラの薫る町「村山」づくり委員会なるものがあり、展示コーナーにもバラを使った製品が並んでいる。売店にも、「バラの国から」グッズとして様々なハーブ製品が揃っている。また、食品としてもバラの紅茶やバラジャムもある。その他、村山市には「そば街道」なる街道があるせいか、蕎麦も多種揃っている。山形名物玉こんにゃくも、山形の観光地等の売店ならば何処に行っても必ず置いてあることを再認識。
駅内チェック:レストランでひと皿バイキング!ひと皿だけだから、みんな盛る盛る!!
この駅のレストラン、バイキング形式になっており、この「ひと皿バイキング」がユニーク。だいたいバイキングといえばおかわり自由なのだが、ここは一回きりである。しかし、大皿が500円・小皿は300円と値段は手頃。といっても、このバイキングは総菜だけ。ご飯や汁物・デザートは別料金。店の人が「一皿だけですから、盛れるだけ盛ってくださいよ〜」と言っている言葉に思わず笑いが出てしまった。
ここのレストラン、ナプキンや箸入れ、紙製のおしぼりに至るまで「道の駅むらやま」マーク入りっていうのも、道の駅フリークの心をくすぐる(笑)
ひと皿バイキングのご案内(2000年10月現在)
一皿(大)盛り放題 500円 一皿(小)盛り放題 300円 パン一個 50円
ライス一杯 100円 汁一杯 50円 スープ一杯 100円
珈琲一杯 150円 ドリンク一杯 150円 生ビール一杯 380円
納豆・玉子一個 50円        
駅内チェック:ファーストフードコーナーでは、そばとバラのアイスが食べられる
我々が訪れたのはまだファーストフードコーナーが開く前だった為、実物の確認は出来なかったのだが、ここではそばとバラのアイスクリームが食べられるらしい。どんな味だろう。
 
 

home  地方indexへ戻る 山形県indexへ戻る

ご意見・ご感想・ご要望は、ふゆのほしまで。
MapFanWebは、インクリメントP株式会社のインターネット地図検索サービスです。
地図へのリンクはMapFanWebの利用規程に基づいています。
Copyright(c)2000-2003 ふゆのほし All rights reserved.
本サイトの全ての内容の無断使用を禁じます
データ作成日:2000年11月09日 最終更新日:2002年04月18日
(詳細案内は2001年06月現在のものです)