ふゆのほし的「道の駅」ご案内   道の駅をたずねて何千キロ
道の駅 鳥海
◆(海のエリア)遊楽里◆

この道の駅「鳥海」は、森のエリア「ふらっと」と海のエリア「遊楽里」の2つからなる。それも、この2つの施設は隣接している訳でなく、別々の場所にあるため、両方訪れる人は事前に場所を確認しておいた方が良い。

山形自動車道からの場合、酒田ICから国道7号をひたすら北上していくとまず、右手に道の駅「鳥海」の森のエリア「ふらっと」が見えてくる。さらに国道7号を北上し、まもなく見えてくる「←鳥海温泉」の案内標識に従って細い道へと入っていこう。一際大きなホテルが見えてくるはずだ。

道の駅「鳥海」海のエリアである「遊楽里」は、いわゆる温泉施設付きの宿泊施設。建物の外観はまさしくホテルそのものである。「森のエリア」とは異なり、ふらっと立ち寄って一休みしようという雰囲気ではなく、温泉へ入るか、はたまた宿泊するという確たる目的が無いと躊躇してしまいがち。隣には国民宿舎「とりみ荘」、日帰り温泉「あぽん西浜」有り。


 
 
 
道の駅基本データ
場所/地図 山形県飽海郡遊佐町吹浦西浜2-76
沿線 国道7号
駅付近の交通量 午後:★☆☆(少)
連絡先 0234-77-3711
各施設開館時間 08:00〜19:00
休館日 無休
駐車場 約201台(内訳不明:身障者用:不明)
トイレ数 57(詳細:不明)
屋外(身障者用:無)石鹸:無
屋内(身障者用:?)石鹸:?
印象に残った名産品、
珍しいもの等
鮭加工品 地酒
訪問履歴 1st:2001/09/30 16:35
 
 
施設内容
売店コーナー(1F)
レストラン「ラ・メール」(7F)
温泉施設
宿泊施設
イマジネーションギャラリー(1F)
文化ホール
コテージ村
西浜キャンプ場
スタンプ:1階フロントの向かい側
 
見取り図
 
道の駅制覇し隊 この駅どんな駅?みつぼしチェック
目玉なお買い物度 ★★ 1階にある売店コーナーは、基本的に「森のエリア」の売店に置かれていたものと同様。遊佐町特産品や山形県内の特産品を扱う。売店規模的には小さめだ。
食事しましょう度 ★★ 今回は料理内容については未確認だったのだが、郷土色豊かな料理を提供するとのことだ。7階の展望レストランで日本海を見ながら優雅に食事が可能
ちょいと休憩度 ☆☆ 遊楽里1階の各所に休憩スペースが用意されているが、ホテルのロビーといったイメージが強く、大勢でドヤドヤと休憩するような雰囲気では無い
ゆったり休憩度 ★★★ 温泉付き宿泊施設、1人1万円以内での宿泊、しかも食事付きという点が嬉しい。また、コテージやキャンプ場もあるので、アウトドアを満喫するのも良いかも。
ここで遊ぼう度 ☆☆☆
ここで体験度 ☆☆☆
文化に親しもう度 ☆☆ 1階のイマジネーションギャラリーで鳥海山と遊佐町の文化に触れよう
トイレ印象度 ★★★ 駐車場にある屋外トイレは設備、清潔度共にごく標準的。遊楽里内のトイレは清潔度良好。
訪問時混雑度 ★★ 隣接の国民宿舎と日帰り温泉施設と駐車場を共用している部分があるため、駐車場自体は駐車台数も多いが、「遊楽里」の建物内は混雑はみられない。
身障者への配慮 駐車場から遊楽里へは段差無し。施設内はエレベータ有り。

道の駅ギャラリー
次に「鳥海 海のエリア」を様々な角度から撮影した写真をお楽しみいただければと思う。ってそんな大層な写真はないのだが、少しでも雰囲気を感じてもらえれば幸いである。
これが鳥海温泉「遊楽里」外観だ

 

それでは少しだけ入ってみよう
(宿泊者以外はなかなか入りづらいような・・・)

 

ちょっとしたくつろぎ空間 こちらも休憩スペースだ

 

展示ホールでは
イマジネーションギャラリーが楽しめる
フロント隣の売店

道の駅チェックレポート
道の駅にはそれぞれ特徴がある。我々「道の駅制覇し隊」が実際に道の駅を訪れたなかで、見どころや気になるところなどをレポートする。時にはべたぼめあり、辛口も混ぜておおくりするが、あくまでも一個人のレポートゆえ、人によっては異なった感想をもたれる場合もあるかもしれない。その点は予めご了承願いたい。
 
 
駅内チェック:鳥海温泉「遊楽里」でのんびりゆらり
海のエリアのメイン施設である「湯楽里」は、温泉付き宿泊施設。コンサート等で使用可能な文化ホールやイマジネーションギャラリー、展望レストラン、温泉などがある。特に7Fの展望レストランからは日本海が一望できるため、海に沈む夕陽をみながら食事なんていかがだろうか。
クローズアップ「イマジネーションギャラリー」
1階の展示ホールでは、鳥海イマジネーションギャラリーと称し、遊佐町の歴史・文化・自然等を音のイメージとして、そして鳥海山の自然を画像で楽しむことが出来る。

これらを立体音響空間で表現するのは日本で初めてらしい。展示時間は、09:00〜17:00。
遊楽里」宿泊情報
客室 全39室 ([和]32室 [和洋]4室 [洋]3室)
料金 (1泊2食付き)2名以上の申し込み
駅周辺チェック:隣接施設は国民宿舎に日帰り温泉!
「遊楽里」と同じ敷地内にあり、隣に位置する国民宿舎「とりみ荘」、そして日帰り温泉施設である「あぽん西浜」、どうも「遊楽里」の外観が新しさを保っているせいか、両施設の外観とも年代を感じざるを得ない。しかしながら、日帰り温泉が可能な「あぽん西浜」は比較的安価で温泉が利用できるため、温泉を堪能してタオルをぶら下げながら車に戻る利用客の姿を何度か見かけた。

駐車場にある屋外トイレの前には飲用温泉施設もあり、なんと温泉を飲むことが出来るのだ。
国民宿舎「とりみ荘
部屋数 17室
料金 6,750円〜 (1泊2食付き)
問い合わせ先 0234-77-2240
   
あぽん西浜(日帰り温泉施設)
料金 大人350円 子供170円
営業時間 06:00〜22:00
休館日 第2,4月曜日
問い合わせ先 0234-77-3333
 
 

home  地方indexへ戻る 山形県indexへ戻る

ご意見・ご感想・ご要望は、ふゆのほしまで。
MapFanWebは、インクリメントP株式会社のインターネット地図検索サービスです。
地図へのリンクはMapFanWebの利用規程に基づいています。
Copyright(c)2002-2003 ふゆのほし All rights reserved.
本サイトの全ての内容の無断使用を禁じます
データ作成日:2002年04月17日 最終更新日:2003年05月11日
(詳細案内は2001年09月現在のものです)