ふゆのほし的「道の駅」ご案内   道の駅をたずねて何千キロ
道の駅「田沢」
HOME > 東北 > 山形県 > 道の駅 田沢 > 地域よもやま話
上杉の城下町といわれる米沢、その歴史は・・・
米沢の城下町としての歴史は、会津120万石の上杉影勝が、関ヶ原の戦い時に西軍に荷担したことで30万石に厳封され、米沢に移ってきた時から始まったとか。120万石当時の家臣を抱えた藩は当然財政難に陥り、時代とともに更に15万石にまで厳封され、財政は一層危機に陥っていた。

しかし、上杉鷹山が米沢藩主となってからは、まず藩政改革に着手、実に積極的に殖産興業政策を実施していく。田畑の開墾やその他新しい産業の開発を先頭にたって奨めていく一方で、徹底的な質素倹約も努める。それらの政策を人に押しつけるのではなく、自らが率先して実行するという点が、人々を動かす源になったのではないだろうか。現在の社会も大いに見習うべきだろう。

このような歴史をもつ城下町 米沢には、各所に歴史を思わせる建造物がある。藩祖である上杉謙信を祀る上杉神社、上杉影勝、そして上杉鷹山を祀る松岬神社等を訪れながら、遠い歴史に思いめぐらせてみるのも良いかもしれない。

 

 

 

道の駅詳細レポート帳
各道の駅内で特に細かくチェックした内容について、別途「詳細レポート」として掲載している。
赤いアイコンをクリックすると各レポートページにジャンプする。フォトギャラリーと合わせて御覧頂きたい。
フォトギャラリー道の駅よもやま話地域よもやま話売店レポート駅グルメレポート温泉・宿泊レポート遊ぶ施設レポート見る施設レポート体験施設レポート公園広場レポートキャンプ場レポート
詳細レポート-記事タイトル-
写真でつづる道の駅ギャラリー(フォトギャラリー)
道の駅「田沢」の建物は/道の駅「田沢」にある日本一高い草木塔(道の駅よもやま話)
上杉の城下町といわれる米沢、その歴史(地域よもやま話)
道の駅で見つけた特産品、お土産たち(駅みやげレポート)
食堂の手打ちそば 「不動そば」(駅グルメレポート)
 
訪問履歴:2回(2nd:2001/06/03 14:53 1st:2000/10/08 15:27)
HOME > 東北 > 山形県 > 道の駅 田沢 > 地域よもやま話

ご意見・ご感想・ご要望は、ふゆのほしまで。
MapFanWebは、インクリメントP株式会社のインターネット地図検索サービスです。
地図へのリンクはMapFanWebの利用規程に基づいています。
Copyright(c)2000-2004 ふゆのほし All rights reserved.
本内容すべての無断複製、引用、転載を禁じます。
データ作成日:2000年10月14日 最終更新日:2004年03月05日