ふゆのほし的「道の駅」ご案内   道の駅をたずねて何千キロ
道の駅 高田松原
◆陸前高田シーサイドターミナル◆

東北自動車道 一関ICから国道342号をJR東北本線 一関駅方面へと出、主要地方道19号(一関大東線)へと入ったら大東町方面へと向かって走る。大東町内から国道343号に入り延々と走るとやがて海岸線上である国道45号にぶつかるので大船渡方面へと出たらまもなく右手に道の駅「高田松原」が見えてくる。

実は我々が訪れた時は丁度道の駅「高田松原」のメイン施設である「タピック45」が改装中につき、その内部をほとんど見ることが出来なかった。2001年7月にリニューアルオープンするので、この案内を読んでこれから訪れる皆さんはリニューアルオープンした美しい「高田松原」を堪能できるに違いない。従って今回掲載する内容は、あまり参考にならないかもしれない点を何とぞご了承頂きたい。


 
 
 
道の駅基本データ
場所/地図 岩手県陸前高田市高田町字古川28-5
沿線 国道45号
駅付近の交通量 午後:★★☆(普)トラック多し
連絡先 0192-54-5011
各施設開館時間 09:00〜19:00(4月〜10月)
09:00〜17:00(11月〜3月)
休館日 無休(物産コーナー)
月曜日(喫茶店)
駐車場 301台(大:22 普:2749 身障者用:5)
トイレ数 男:20 女:10 身障者用:2
石鹸:屋外無 屋内未調査
印象に残った名産品、
珍しいもの等
陸前高田りんごジュース
手作りアイス
塩味ホヤ
地酒など
訪問履歴 1st:2001/05/02 14:44
 
 
施設内容
物産展示コーナー(タピック45)
産直センター
喫茶コーナー(タピック45)
七夕体験コーナー(タピック45)
黄金の国ケセン情報コーナー
イベント広場
スタンプ:−
 
見取り図
 

 

道の駅制覇し隊 この駅どんな駅?みつぼしチェック
目玉なお買い物度 ★★ 仮設売店につき、陳列内容も限界があるのか、次回訪問時に期待。でも、陸前高田のりんごジュースや三陸ワカメ、気仙川のアユ等はお薦め ワカメアイスも珍しい!
食事しましょう度 ☆☆☆ 改装中につき、内容の確認が出来なかった。ただ、喫茶コーナーで食事が可能らしい
ちょいと休憩度 ☆☆☆ 改装中につき、内容の確認が不可
ゆったり休憩度 ☆☆☆
ここで遊ぼう度 ☆☆☆
ここで体験度 ☆☆☆
文化に親しもう度 ★★★ 改装中につき、内容の確認は出来なかったのだが、七夕体験コーナー等はここの目玉かも。
トイレ印象度 ★★ 道の駅の標準的なトイレ
訪問時混雑度 ☆☆ 訪問時平日午後:なにしろ巨大な駐車場スペースなため、車は沢山停まっているようにも見えるのだが、まだまだ余裕あり。但しリニューアルオープン後はどうなることか・・・
身障者への配慮 駐車場から屋外トイレまでのスロープは有り。タピック45内は未確認

道の駅ギャラリー
次に「高田松原」を様々な角度から撮影した写真をお楽しみいただければと思う。ってそんな大層な写真はないのだが、少しでも雰囲気を感じてもらえれば幸いである。
道の駅「高田松原」タピック45

 

駐車場側の敷地にある産直センター これ何?この裏側にトイレがあるのだ

 

タピック45の入口、改装中につき寂しい・・・

 

道の駅「高田松原」周辺の観光案内コーナー 道路情報コーナー

 

仮設売店。皆さんが訪れる頃には
もう無いだろう
仮設売店風景。(次回訪れた時には、タピック45内の売店コーナーに差し替えたい)

道の駅チェックレポート
道の駅にはそれぞれ特徴がある。我々「道の駅制覇し隊」が実際に道の駅を訪れたなかで、見どころや気になるところなどをレポートする。時にはべたぼめあり、辛口も混ぜておおくりするが、あくまでも一個人のレポートゆえ、人によっては異なった感想をもたれる場合もあるかもしれない。その点は予めご了承願いたい。
 
 
市全体像チェック1:黄金の国ケセン・・・なんとも荘厳な響き
改装中のタピック45、一部情報コーナーだけが利用可能だったので覗いてきたら、大きなスクリーンパネルの上に「黄金の国ケセン」と書かれている。な、なんだこの荘厳な響きは?と駅のパンフレット等に何か掲載されているのか、と見てみたものの、特に何も掲載されていない。後で調べてみたら、「ケセン」とは陸前高田市・大船渡市・住田町・三陸町をまとめてそう呼んでいるらしい。

更に何故「黄金の国」なのかということだが、これは歴史を紐といてみると思い出す人も多いのではないだろうか。昔、岩手のこの地方では多くの金を産出していた。その金はやがて奥州藤原氏三代にわたって築き上げた文化(平泉文化)に大きく影響を及ぼしているものである。現在、金は産出されていないが、黄金のように光り輝く豊かな文化・産業・環境 そして歴史的背景がある地方という意味も含めて「黄金の国ケセン」をキャッチフレーズにしているのではないだろうか。
市全体像チェック2:陸前高田の七夕祭りは迫力満点だとか!
タピック45内にも「七夕体験コーナー」があり、けんか七夕山車を展示、更にあたかもまつりに参加しているかの如く、大スクリーンと重低音サウンドで祭りを再現している。しかし、やはり本物の祭りを見たいと思うあなたは、是非8月に陸前高田へ行ってみよう。8月の上旬に「うごく七夕まつり」があり、あでやか且つ巨大な山車12台が町中を練り歩く。そして毎年8月7日に開かれる「けんか七夕まつり」、これは杉の丸太をくくりつけた山車同士をぶつけ合うというなんとも勇ましい祭りだ。きっと陸前高田の1年のうちで一番熱い夏を感じる日、それが8月7日のけんか七夕まつりだろう。
駅内チェック:(仮設だけど)売店でみつけた特産品たちは、りんごジュースに地酒に海産類
今回は残念ながらタピック45内の物産展示コーナーを見ることが出来なかったのだが、仮設の売店で特産品をいろいろ見てみた。仮設のため、やや煩雑に品々が並べられていたせいか、いまひとつ陸前高田の特産品のアピール力が弱かったようにも思えるのはまぁ仕方がないのかもしれない。2001年7月のリニューアル後の特産品展示コーナーを楽しみにしたいところだ。

というわけで今回見つけた特産品は「陸前高田のリンゴジュース」。実は陸前高田も美味しいリンゴが自慢で秋になると陸前高田のあちこちで販売される。陸前高田のリンゴジュースもそんな美味しいリンゴから出来た天然果汁100%のジュースだ。海産品としては、三陸ワカメや貝類。5月に訪れたので、旬な貝に逢うことは出来なかったが、冬になると広田湾では牡蠣も採れるとか。

地酒類は、酔仙酒造の「酔仙」シリーズ。酒好きな"ほし"はその中で特別純米酒「星詩人」を今回購入。なにしろ、名称に「星」がつくだけで購入意欲度もグンとアップしてしまう悪いクセがある。でもなかなかグッとくる辛さを持ち合わせている酒である。「詩人」なんて優しい名前だが、実際のところは「ちょっと冷たい美人系」な味(こんな表現で分かって貰えるだろうか)。
駅内チェック:売店でみつけた珍しいもの 「りくぜんたかた 手作りアイス LOVE KESEN」
売店の片隅に何故か目立っている手作りアイスクリーム、それが「りくぜんたかた 手作りアイス LOVE KESEN」である。同アイスには数種類の味があるのだが、なんといっても「ワカメ」味のアイスには驚きである。三陸ワカメが細かく入っており、まさしく海産物と農産物の合体商品といえる一品。

他に、ホワイトクリーム、いちご、アピオス味がある。あまり聞き慣れないアピオスだが、これは北アメリカ原産のいも類、栄養価が高く健康食品として利用されている。「幻のいも」といわれるアピオスだが、ここ数年ではアピオスを町の特産品に利用する地域もみられる。
 
 

home  地方indexへ戻る 岩手県indexへ戻る

ご意見・ご感想・ご要望は、ふゆのほしまで。
MapFanWebは、インクリメントP株式会社のインターネット地図検索サービスです。
地図へのリンクはMapFanWebの利用規程に基づいています。
Copyright(c)2001-2003 ふゆのほし All rights reserved.
本サイトの全ての内容の無断使用を禁じます
データ作成日:2001年07月03日 最終更新日:2003年04月27日
(詳細案内は2001年07月現在のものです)