ふゆのほし的「道の駅」ご案内   道の駅をたずねて何千キロ
道の駅「おりつめ」
HOME > 東北 > 岩手県 > 道の駅 おりつめ > 地域よもやま話
悲運の武将 九戸政実公の郷 九戸村
道の駅「おりつめ」は通称「九戸政実公の郷」。さて、九戸政実とはどんな人物だったのか、少し歴史を振り返ってみよう。

九戸政実(1536-1591)といえば、中世における九戸城の城主、南部氏一族の実力者であった。しかしながら、南部藩における後継者争いからその後、南部信直と対立する。その当時、豊臣秀吉は北条氏を滅ぼし、次は奥州平定だ、と勢いづいていた頃である。そんな中、南部信直は、豊臣秀吉の小田原攻めに参陣し、所領の安堵を得る。ところが、九戸政実が信直に対して反乱を起こし、形勢不利と判断した信直が豊臣秀吉に援軍を要請。豊臣軍は信直軍と共に大軍で九戸城に攻め入るものの、容易には落とせない。ついには和議と偽り、政実がそれに応じたところで、豊臣政権に対する反逆として九戸政実を捕まえ斬首にいたったのである。

あの時、どうして政実は相手軍の「和議」を信じてしまったのだろうか、とふと思ったりもする。城にいた政実の弟も「これは罠だ」と兄である政実に忠告したというのに。どうも和議の話の持ちかけ方に罠があったものと思われる。しかしながら、もともとは南部後継者問題上の対立のはずだったのだが、最終的には豊臣政権への反逆とはどうしたことか。

この辺りは"ほし"自身がまだほんの浅い部分でしか調べていないせいか、うまく伝えることが出来ない。歴史はひとつの出来事を幾つもの視点から見なければならない分、奥深いものだ、としみじみと感じている。

 

 

道の駅詳細レポート帳
各道の駅内で特に細かくチェックした内容について、別途「詳細レポート」として掲載している。
赤いアイコンをクリックすると各レポートページにジャンプする。フォトギャラリーと合わせて御覧頂きたい。
フォトギャラリー道の駅よもやま話地域よもやま話売店レポート駅グルメレポート温泉・宿泊レポート遊ぶ施設レポート見る施設レポート体験施設レポート公園広場レポートキャンプ場レポート
詳細レポート-記事タイトル-
写真でつづる道の駅ギャラリー(フォトギャラリー)
木工芸品等加工販売施設「オドデ館」その名に秘められた伝説(道の駅よもやま話)
悲運の武将 九戸政実公の郷 九戸村(地域よもやま話)
道の駅で見つけた特産品、お土産たち(駅みやげレポート)
道の駅定番!ソフトクリームを食べよう(駅グルメレポート)
 
訪問履歴:1回(1st:2001/10/04 11:00)
HOME > 東北 > 岩手県 > 道の駅 おりつめ > 地域よもやま話

ご意見・ご感想・ご要望は、ふゆのほしまで。
MapFanWebは、インクリメントP株式会社のインターネット地図検索サービスです。
地図へのリンクはMapFanWebの利用規程に基づいています。
Copyright(c)2003-2004 ふゆのほし All rights reserved.
本内容すべての無断複製、引用、転載を禁じます。
データ作成日:2003年04月28日 最終更新日:2004年02月22日