ふゆのほし的「道の駅」ご案内   道の駅をたずねて何千キロ
道の駅「紫波」
HOME > 東北 > 岩手県 > 道の駅 紫波 > 駅みやげレポート
道の駅で見つけた特産品、お土産たち
特産品としては、地酒(堀の井,廣喜,吾妻嶺,月の輪など)、駄菓子(かりんとう,みそぱん,あめなど)、漬け物(しわきゅうり、ピリ辛かっぱ、南蛮漬け、味きゅうりなど)、熊谷牧場の手作りハム・ソーセージなどがある。また、産直センターには、季節の果物がいっぱいだ。箱詰めされたぶどう、りんごたちが、店内の半分以上を占めている。その量の多さにちょっと唖然。
純米吟醸酒「月の輪」 葡萄工房(ブドウジュース) 味工芸の牛タンスモーク
 
熊谷牧場のウィンナー 道の駅紫波のりんごジュース  
     
「特産ショップ」でみつけた特産品 もち米の「ヒメノモチ」
赤飯やおこわには無くてはならない「もち米」、特にこの土地で多く生産されているもち米が「ヒメノモチ」である。「ヒメノモチ」はもともと秋田県大曲の東北農業試験場で生まれた交配米。その後、紫波町の農家内で「もち米部会」を結成し、ヒメノモチの栽培が始まった。白さとなめらかさを売りに、生産量も高い。紫波町は、「もちモチ王国・shiwa」を掲げて、高品質のヒメノモチの栽培に全力を傾けている。現在では、全国各地に向けて優良種子の供給をしている。
 
特産ショップ」でみつけたグッズ 銭形平次
どうして銭形平次のふるさとなんだろう?と不思議に思っていたのだが、この紫波町、実は銭形平次の作者である野村胡堂氏のふるさとである。なるほど、それで特産ショップのコーナーに「銭形平次のふるさと」と大きく書かれていたのか。

紫波町では、10月になると「銭形平次のふるさとまつり」を行っていたり、また町内には記念館もあるようだ。特産ショップでは、銭形平次グッズとして、お守り・キーホルダー等が置いてある。

 

 

道の駅詳細レポート帳
各道の駅内で特に細かくチェックした内容について、別途「詳細レポート」として掲載している。
赤いアイコンをクリックすると各レポートページにジャンプする。フォトギャラリーと合わせて御覧頂きたい。
フォトギャラリー道の駅よもやま話地域よもやま話売店レポート駅グルメレポート温泉・宿泊レポート遊ぶ施設レポート見る施設レポート体験施設レポート公園広場レポートキャンプ場レポート
詳細レポート-記事タイトル-
写真でつづる道の駅ギャラリー(フォトギャラリー)
紫波町の自慢「ラ・フランス温泉館」(地域よもやま話)
道の駅で見つけた特産品、お土産たち(駅みやげレポート)
 
訪問履歴:2回(2nd:2001/10/05 13:38 1st:2000/10/15 10:12)
HOME > 東北 > 岩手県 > 道の駅 紫波 > 駅みやげレポート

ご意見・ご感想・ご要望は、ふゆのほしまで。
MapFanWebは、インクリメントP株式会社のインターネット地図検索サービスです。
地図へのリンクはMapFanWebの利用規程に基づいています。
Copyright(c)2000-2004 ふゆのほし All rights reserved.
本内容すべての無断複製、引用、転載を禁じます。
データ作成日:2000年10月25日 最終更新日:2004年02月19日