ふゆのほし的「道の駅」ご案内   道の駅をたずねて何千キロ
道の駅「おおの」
HOME > 東北 > 岩手県 > 道の駅 おおの > 道の駅よもやま話
「一人一芸の村」大野村の構想が具現化した「おおのキャンパス」
道の駅「おおの」、それは一体何処から何処までが道の駅なのだ、と首を傾げてしまうくらいの広大な敷地にある。その広い敷地に点在する建物群に呆然とする人も少なくはないと思う。何を隠そう、我々もその中のひとりであるのだから。さて、その敷地一帯を「おおのキャンパス」と呼ぶ。道の駅「おおの」の施設名称として掲げられている「大野村産業デザインセンター」は「おおのキャンパス」の中核的施設として位置づけられているのだ。

「おおのキャンパス」入口に設置されている案内板にはこのキャンパスの由来等が書かれている。それによれば、東北工業大学の提案が元になり、「一人一芸の村」として大野村の地域活性化に励んできた。そんな中、産業デザインセンターが中核になり地域住民の学びの場となり、その後、更に施設群も充実して現在に至る。なるほど、各種工房が建ち並ぶのも、納得がいくような気がする。

 

 

 

道の駅詳細レポート帳
各道の駅内で特に細かくチェックした内容について、別途「詳細レポート」として掲載している。
赤いアイコンをクリックすると各レポートページにジャンプする。フォトギャラリーと合わせて御覧頂きたい。
フォトギャラリー道の駅よもやま話地域よもやま話売店レポート駅グルメレポート温泉・宿泊レポート遊ぶ施設レポート見る施設レポート体験施設レポート公園広場レポートキャンプ場レポート
詳細レポート-記事タイトル-
写真でつづる道の駅ギャラリー(フォトギャラリー)
「一人一芸の村」大野村の構想が具現化した「おおのキャンパス」(道の駅よもやま話)
道の駅で見つけた特産品、お土産たち(駅みやげレポート)
おおの温泉「健康の湯」で一休み/木の温もりを肌で感じながら宿泊「グリーンヒルおおの」(湯・宿泊レポート)
各種工房で自分の技を磨きたい!(体験施設レポート)
 
訪問履歴:1回(1st:2001/10/04 12:14)
HOME > 東北 > 岩手県 > 道の駅 おおの > 道の駅よもやま話

ご意見・ご感想・ご要望は、ふゆのほしまで。
MapFanWebは、インクリメントP株式会社のインターネット地図検索サービスです。
地図へのリンクはMapFanWebの利用規程に基づいています。
Copyright(c)2003-2004 ふゆのほし All rights reserved.
本内容すべての無断複製、引用、転載を禁じます。
データ作成日:2003年04月27日 最終更新日:2004年02月05日