ふゆのほし的「道の駅」ご案内   道の駅をたずねて何千キロ
道の駅 よこはま
◆菜の花プラザ◆

青森市から国道4号で野辺地町方面へと走り、国道279号へと入ったら下北半島をむつ市方面へと北上する。左手に陸奥湾をみながら横浜町に入ったら、まもなく右手に洋館調な建物の道の駅「よこはま」が見えてくる。八戸市・十和田市方面からは国道4号を北上し野辺地町付近で国道279号に入る。後は前者と同様。

道の駅「よこはま」は、物販コーナーとレストラン、交流室等、施設としては「ちょっと休憩」的な要素が強い駅なのだが、実に横浜町の代名詞でもある「菜の花」を強く印象づけている。施設自体も美しく整備されており、訪れる人を楽しい気分にさせる雰囲気を漂わせている。物販コーナーの菜の花グッズの量の多さには、かなり驚かされるかも。


 
 
 
道の駅基本データ
場所/地図 青森県上北郡横浜町字林ノ脇79-12
沿線 国道279号
駅付近の交通量 午前:★★☆(普)
連絡先 0175-78-6687
各施設開館時間 08:00〜20:00(特産品販売,直売)
 ※11-3月は09:00〜18:00
11:00〜20:00(レストラン)
 ※11-3月は11:00〜18:00
休館日 12/30-1/3
火曜日(1-3月)
それ以外は無休
駐車場 55台(大:3 普:50 身障者用:2)
トイレ数 男:6 女:5 身障者用:2
屋外:石鹸無
屋内:石鹸有
印象に残った名産品、
珍しいもの等
菜の花製品豊富 数10種類に及ぶ
菜の花ドーナツ,ソフトクリーム
むつ湾産ほたて等魚貝類など
訪問履歴 3rd:2002/07/14 12:15
2nd:2001/10/03 10:35 1st:2000/11/01 11:40
 
 
施設内容
特産品直売所(菜の花プラザ物販コーナー)
レストラン(鮮菜)
交流室(菜の花プラザ交流室)
情報コーナー
スタンプ:菜の花プラザ入口付近
 
見取り図
 

 

道の駅制覇し隊 この駅どんな駅?みつぼしチェック
目玉なお買い物度 ★★★ 豊富な「菜の花」グッズに思わずビックリ。店内も洒落ており、また広い。ここまで町の特産色を強くアピールしていると、見ている方も嬉しくなる。
食事しましょう度 ★★★ 特産のほたて等を使った料理を存分に堪能できる。定食、麺類等があり。レストランで菜の花ビールを飲むことも出来る。菜の花ドーナツ販売コーナーも是非立ち寄ろう。
ちょいと休憩度 ☆☆ 交流室では休憩も可能なのだが、その存在があまり目立たない
ゆったり休憩度 ☆☆☆
ここで遊ぼう度 ☆☆☆
ここで体験度 ☆☆☆
文化に親しもう度 ☆☆☆
トイレ印象度 ★★★ 屋外トイレは木がふんだんに使われた印象深いトイレ、清潔度も保たれている。屋内トイレも清潔度が保たれている。ペーパータオル有り。
訪問時混雑度 ★★ 平日の昼時は食事に訪れる人が多い。ちょっと立ち寄り型の道の駅だが、駐車台数は割と多め。
身障者への配慮 駐車場から屋外トイレへは段差無し。菜の花プラザまではスロープ有り。

道の駅ギャラリー
次に「よこはま」を様々な角度から撮影した写真をお楽しみいただければと思う。ってそんな大層な写真はないのだが、少しでも雰囲気を感じてもらえれば幸いである。
道の駅「よこはま」の印象的な建物
屋外トイレ 菜の花プラザ横の公園

 

菜の花プラザ入口

 

菜の花製品がいっぱいの物販コーナー 物販コーナー横の菜の花ドーナツ売場

 

物販コーナーからも入れるが、外からの
入口もあるレストラン「鮮菜」
レストラン「鮮菜」店内

道の駅チェックレポート
道の駅にはそれぞれ特徴がある。我々「道の駅制覇し隊」が実際に道の駅を訪れたなかで、見どころや気になるところなどをレポートする。時にはべたぼめあり、辛口も混ぜておおくりするが、あくまでも一個人のレポートゆえ、人によっては異なった感想をもたれる場合もあるかもしれない。その点は予めご了承願いたい。
 
 
駅内チェック:物販コーナーで見つけた特産品はやっぱり菜の花製品!
物販コーナーに足を踏み入れると、そこは菜の花グッズがいっぱいだ。必死に棚を見ながらメモして来たつもりなのだが、多すぎて書ききれないほど。"ほし"はポタージュ好きなため、この菜の花ポタージュを買ってみた。
早速、家で試してみたところ、コーンポタージュのようなものを想像していた"ほし"にとってはちょっと予想と異なるお味にやや戸惑いがあったりも。くれぐれも甘いポタージュを期待しないように。どちらかと言えばちょっと塩っからい味が強く、独特な風味。
お菓子
菜の花羊羹 菜の花パイ 菜の花キャンディ 菜の花煎餅 菜の花ドーナツ 菜の花シュガースティック 菜の花ゼリーなど
食品
菜の花ポタージュ 菜の花漬け 菜の花こんにゃくうどん 菜の花ジャム 菜の花佃煮 菜の花スープ 菜の花きのこ 菜の花はちみつ 菜の花ふりかけ 菜の花油など
生活用品
菜の花畑石鹸 菜の花シャンプー 菜の花リンス 菜の花ボディソープ 灰皿 カップソーサー 皿 のれんなど
菜の花のからし漬 菜の花きのこたまり漬 菜の花こんにゃくうどん
菜の花はちみつ 菜の花かりんとう 菜の花の菓子類
菜の花紀行(純米酒) 菜の花石鹸セット なっちゃんハット
     
 
駅内チェック:菜の花ドーナツとソフトクリームは人気商品
物販コーナー横の実演販売コーナーで作っている菜の花ドーナツは、店内で試食も出来きる「大」の人気商品。商品が陳列棚に並ぶと、あっという間になくなってしまう事もある程なのだ。さて、そのお味のほうはといえば、揚げたてはカリッとして甘くて美味しいが、菜の花独特の香りと味がするのは、ある程度冷めてからのようだ。ドーナツをかじると分かるが、中が緑色というのもやはりこの菜の花ドーナツならではの特長か。

なお、この実演販売コーナーで菜の花ソフトを売っているのかと思いきや、どうやら普通のソフトクリームらしい。菜の花ソフトは別の店で販売してるのでそちらでどうぞ、と店員さんに言われてしまった。(2002年レポート)
駅内チェック:レストラン よこはま料理「鮮菜」で横浜を味わう
訪れたのが丁度昼時ということもあり、ここのレストランは平日ながら利用客が多い。メニューの特長としては横浜町の食材をふんだんに使った料理らしい。むつ湾でとれたほたてがいっぱいの「ほたて丼」「ほたてカレー」など、人気メニューが揃っている。なお、2001年に訪れた時まではセルフサービス式の食堂だったのだが、2002年に改めて訪れた時には料金後払いの形式に変わっていた。

また、レストラン内では菜の花ビールも飲めるのだが、残念ながらここでの購入は出来ないようだ。あぁ、何時の日か買えるように変わってほしいものである。
クローズアップ:ボリューム満点「ほたてカレー」(700円)
フライ状になったほたてが2個、カレーに入っている、というオーソドックスなカレーだが、全体的なボリュームはかなり満足。

ほたても衣の中でプリプリッとしている。ただ、淡泊な味のほたてに刺激的なカレーの組合せはほたてがちょっと負けてしまわないかと心配したが、それをフライで補ってるのかとも思ったりもする。
クローズアップ:小鉢料理が楽しい「昼定食(昼の松花堂)」(1,000円)
ランチタイムが楽しくなるメニューがこれ、「昼定食」。

見た目にも華やかなプチ懐石料理を思わせるこの料理は、特産としても知られるホタテを使った各惣菜(和え物中心)が小鉢に盛られている。他にもまぐろの刺身や煮魚、長芋やなまこ等もあったりと一品自体は少量だが、あれこれ箸をつけていると満足感に浸れる嬉しい料理だ。(特に"ほし"はこの昼定食が気に入り、2年続けてこの定食を食べている)
クローズアップ:巨大ホタテが嬉しい「よこはまホタテ丼」(800円)
見た目以上のボリュームにびっくりの「よこはまホタテ丼」は、3ケの巨大なホタテが卵のなかにひそんでいる。

味的にも量的にも満足なこと間違いなしだ。卵はやや固めな感があるが、このあたりは好みが分かれるところだろう。
クローズアップ:アッツアツのホタテを食べよう「ホタテフライ定食」(800円)
ホタテフライといえば、「ほたてカレー」に入っていたホタテフライが思い出されるが、このホタテフライ定食のホタテは、これまた巨大サイズ。

周囲サクサクッ、中はプリプリッが実に心地よいホタテフライが3ケ盛りつけられている。一見「物足りないか」と思われるものの、実際に食べてみると、そう思ったことを後悔するくらいのボリュームだ。アッアツのうちに食べよう。
 
 

home  地方indexへ戻る 青森県indexへ戻る

ご意見・ご感想・ご要望は、ふゆのほしまで。
MapFanWebは、インクリメントP株式会社のインターネット地図検索サービスです。
地図へのリンクはMapFanWebの利用規程に基づいています。
Copyright(c)2000-2003 ふゆのほし All rights reserved.
本サイトの全ての内容の無断使用を禁じます
データ作成日:2000年12月05日 最終更新日:2003年04月23日
(詳細案内は2002年07月現在のものです)