ふゆのほし的「道の駅」ご案内   道の駅をたずねて何千キロ
道の駅 しんごう
◆間木ノ平グリーンパーク◆

道の駅「しんごう」は、八戸市内から国道454号を十和田湖方面へ走る途中にある。我々は、道の駅「さんのへ」から「しんごう」へ向かったため、「さんのへ」を田子町方面へ出てすぐにある信号から主要地方道45号を利用して国道454号へ出た。この主要地方道45号がアップダウンの激しい道ながら非常に快適なワインディングが続く。この付近の国道よりも、よほど美しく整備された道ではないかと思ったりも。

新郷村内を走る国道454号はなだらかな山道が続き、ここに本当に駅があるのだろうか、と一瞬不安にさせられるが、しばらくすると右手に二の倉ダム、左手に広い牧場が見えてくる。それがそろそろ駅がある目印と言って良いだろう(っとこれは八戸方面から走ってきた場合であるが)。ダム側に面して地場産品直売センター、山側に面して間木ノ平グリーンパークがある。訪れたのが平日であったためか、客は数名しかおらず、また冬の始まりであるかのような寒さのためか、外を歩く者はほとんどいなかった。しかし、オートキャンプ場や牧場、ハーブ園等楽しめる施設が充実しているため、夏になると多くの人で賑わう駅のひとつである。


 
 
 
道の駅基本データ
場所/地図 青森県三戸郡新郷村大字戸来字雨池11-2
沿線 国道454号
駅付近の交通量 午前:★☆☆(少)
連絡先 0178-78-3333
各施設開館時間 09:00〜17:00
休館日 水曜日(夏休み期間は無休)
11月上旬から4月下旬は冬期休園
駐車場 227台(大:9 普:216 身障者用:2)
トイレ数 男:27 女:20 身障者用:3
石鹸:無
印象に残った名産品、
珍しいもの等
間木ノ平牧場製品
(牛乳、ヨーグルト、アイスなど)
訪問履歴 2nd:2001/10/04 09:39
1st:2000/10/30 11:44
 
 
施設内容
地場産品直売センター
レストラン
食堂
グリーンファームふれあい牧場
遊戯施設
オートキャンプ場
ハーブ園
スタンプ:地場産品直売センター内
 
見取り図
 

 

道の駅制覇し隊 この駅どんな駅?みつぼしチェック
目玉なお買い物度 ★★ 地場産品直売センターは小規模な店内にところ狭しと商品が並ぶ。お勧めは間木ノ平グリーンファームの乳製品
食事しましょう度 ☆☆ 間木ノ平グリーンパーク内に食事処が2軒ほどあるのだが、その内容は未確認。
ちょいと休憩度 ☆☆ 屋内休憩所は特に無いのだが、間木ノ平グリーンパーク内のハーブ園等が特に旅の疲れを癒してくれそうだ。
ゆったり休憩度 ☆☆ ゆったり休憩とはやや異なるかもしれないが、オートキャンプ場有り。アウトドアを楽しもう!
ここで遊ぼう度 ★★★ ここでのメインはやはり「遊ぶ」だろう。ふれあい牧場で動物たちと戯れるのも良し、遊戯施設ではしゃぐのも良し。
ここで体験度 ★★ 牧場で牛の乳搾り体験をしよう
文化に親しもう度 ☆☆☆
トイレ印象度 ★★ 設備的にも清掃度的にもごく標準的なトイレ
訪問時混雑度 ☆☆ 訪問したのが平日のしかも午前な為、駐車場にも余裕はあったが、夏の休日を中心に混雑しそうな予感
身障者への配慮 駐車場からトイレ、売店へは段差無し

道の駅ギャラリー
次に「しんごう」を様々な角度から撮影した写真をお楽しみいただければと思う。ってそんな大層な写真はないのだが、少しでも雰囲気を感じてもらえれば幸いである。
ダム寄り側にある新郷村地場産品直売センター
売店風景 駐車場と休憩場所

 

紅葉の遠くに二の倉ダムがみえる

 

間木ノ平グリーンパーク入口

 

ふれあいの広場奥にある池 ローラースケート場

 

間木ノ平グリーンファーム入口付近

 

間木ノ平グリーンファーム直売所付近 間木ノ平グリーンファーム
ふれあい牧場

 

ふれあい牧場では、牛さんがお出迎え

 

ふれあい牧場の羊さん
ストレイシープのポーを思い出す
ふれあい牧場のやぎさん
はーい、みんな揃ってこっちに注目〜(笑)

 

おっ!長老の貫禄か?? "こあ"氏がやぎさんの小屋の前に座ると、
こやぎさんが寄ってきた

 

ふれあい牧場風景

道の駅チェックレポート
道の駅にはそれぞれ特徴がある。我々「道の駅制覇し隊」が実際に道の駅を訪れたなかで、見どころや気になるところなどをレポートする。時にはべたぼめあり、辛口も混ぜておおくりするが、あくまでも一個人のレポートゆえ、人によっては異なった感想をもたれる場合もあるかもしれない。その点は予めご了承願いたい。
 
 
駅内チェック:間木ノ平グリーンファームのアイスやヨーグルトは人気!
間木ノ平グリーンパーク内のグリーンファームの直売所でも販売しているアイスクリームや飲むヨーグルトはかなり人気が高い。我々も、この寒い中だというのにアイスクリームと飲むヨーグルトを買い、早速食べてみた。
クローズアップ:間木ノ平グリーンファーム「飲むヨーグルト」
このヨーグルトはかなり濃厚。酸味もしっかりある、といった感じだろう。少量でも飲み応えのある満足な味。小さなサイズ(150ml)や大きなボトルサイズ(900ml)等があるので、その場で飲みたい人は150mlを買って牧場の風を感じながら飲んでみよう。

我々的にもお勧めなドリンクヨーグルトだ。
クローズアップ:間木ノ平グリーンファームアイスクリーム
今回は、数種類あるアイスクリームの中から「チズイック」という生クリームチーズ&マスカルボーネのアイスクリームを食べてみた。これは美味!レアチーズケーキをそのまま固めたような上品な味が口いっぱいに広がる。

ちなみにこの「チズイック」の由来は、ロンドン郊外にあるチーズ職人たちが築いた街の名前らしい。ベースとなる牛乳は製造するその朝に搾った新鮮牛乳を使用、植物性油脂は使用せずに生クリームチーズやマスカルポーネなどをふんだんに使い、チーズ本来の香りを大切にしたアイスクリーム。うむ、また食べたい!

なお、オリジナルアイスクリームとしては、バニラ・にんにく・ながいもといった種類があるらしいのだが、2000年に訪れた時には直売センターにはバニラしか無かったのがちょっと残念。

駅内チェック:地場産品直売センターで見つけた新郷の特産品たちは?
間木ノ平グリーンファームの向かいに位置する直売センターは、こじんまりとした素朴な直売所。店内には、この地に伝わるキリスト伝説にちなんだ土産物の数々、キーホルダー等のいかにも観光地のお土産的な商品から地酒まで、ところ狭しと並んでいる。

その中で特に気になった商品が「アマランサス」を用いたクッキー等である。この「アマランサス」、ヒユ科の一年草でその昔から作物としてトウモロコシやジャガイモ等と並び重要な食料とされてきたらしい。籐籠にこのアマランサスクッキーの袋詰めや、箱入りのものが多数並んでいる。
黒飴 アマランサスクッキー キリストの里(清酒)

勿論、上で紹介した間木ノ平グリーンファームのアイスクリームやヨーグルトも、ここ直売センターで販売している。

駅内チェック:間木ノ平グリーンパークは遊べる施設がいっぱい!家族でキャンプはいかが?
この間木ノ平グリーンパークには、自然の中で遊べる・泊まれる・食べる施設がいっぱい。もしかしたらキャンプ施設は学校の林間学校などでも結構利用されてるのではないか、と思ったりも。その一部をここで紹介。
バンガロー 8畳間 昼利用 1,600円/棟 宿泊 2,600円/棟 
炊事場、水洗トイレ付き
バンガロー 12畳間 昼利用 2,100円/棟 宿泊 3,100円/棟
第1オートキャンプ場 昼利用 1,500円/区画 宿泊 2,000円/区画 
管理棟に炊事場、水洗トイレ、温水シャワー、洗濯機、ガスコンロ設置
第2オートキャンプ場 昼利用 2,000円/区画 宿泊 3,600円/区画 
各区画に水道、竈、テーブル、椅子、テントサイト、駐車場付き 水洗トイレ5棟
キャンプ場 1張り設置 600円(一般) 300円(学校) 
炊事場、水洗トイレ、団体用キャンプファイヤーも可。テント有料貸し出し(1,500円)
テニスコート 1,000円(1面1時間) ラケットは有料貸し出し
ポニー乗馬体験 300円/1周 
10:30〜12:00 13:30〜15:00
牛の乳搾り体験 無料 
13:15〜13:45
ローラースケート 350円/1時間 
一周250mのコース。靴は無料で貸し出し
ゴーカート 300円/2周 300mのコース
バッテリーカー 100円/1回
駅周辺チェック:新郷村にキリストの墓がある?
八戸方面からこの駅に向かう途中にキリストの墓がある。キリストの墓??キリストがどうして日本に?と誰もが疑問に思うだろう。しかし、ゴルゴダの丘で処刑されたはずのキリストが何故か日本に渡って、新郷村で過ごしたのちに亡くなったといった話が、より新郷村を神秘の村にさせているのかもしれない。その謎を知りたい人は、新郷村にあるキリストの墓・伝承館等を訪れてみるのも良いだろう。しかも、その「日本に渡った」なる言い伝えが書かれた古文書を発見した者がこの新郷村にきてキリストの墓を発見したとか?
 
 

home  地方indexへ戻る 青森県indexへ戻る

ご意見・ご感想・ご要望は、ふゆのほしまで。
MapFanWebは、インクリメントP株式会社のインターネット地図検索サービスです。
地図へのリンクはMapFanWebの利用規程に基づいています。
Copyright(c)2000-2003 ふゆのほし All rights reserved.
本サイトの全ての内容の無断使用を禁じます
データ作成日:2000年11月24日 最終更新日:2003年04月23日
(詳細案内は2001年10月現在のものです)