ふゆのほし的「道の駅」ご案内   道の駅をたずねて何千キロ
道の駅 いまべつ
◆半島ぷらざアスクル◆

更に主要地方道14号で北上していくと、やがて右手少し奥に道の駅「いまべつ」が見えてくる。駅の沿線である主要地方道14号は、交通量も少なく快適な走行が可能だ。

道の駅「いまべつ」は、JR津軽線「津軽二股駅」とJR津軽海峡線「津軽今別駅」のすぐ近くに位置し、特に駅のメイン施設である「半島ぷらざ アスクル」のすぐ横に「津軽二股」駅の無人ホームが存在する。「アスクル」の外観は、青函トンネルをイメージした明るい建物だ。店内に入るとまず目に飛び込んでくるのは高さ3m、直径2mの大型円柱の水槽、津軽海峡の魚たちがお出迎えだ。売店や食堂等の各規模は小さい方だが、小綺麗で好印象。ただ、今別の特産があまり目立たなかったのだが、ちょっと残念か。


いまべつのスタンプ
 
 
道の駅基本データ
場所/地図 青森県東津軽郡今別町大字大川平字清川87-16
沿線 主要地方道14号(今別蟹田線)
駅付近の交通量 午前:★☆☆(少)
連絡先 0174-31-5200
各施設開館時間 07:30〜19:30(物産販売所)
09:30〜18:00(軽食堂)
休館日 無休
駐車場 43台(大:3 普:38 身障者用:2)
トイレ数 男:8 女:5 身障者用:2
屋外石鹸:屋外無,屋内有
印象に残った名産品、
珍しいもの等
ひば製品
ちりめんこうなご 塩わかめ
など
訪問履歴 2001/07/07 11:07
 
 
施設内容
物産展示販売
食堂
観光PRコーナー
イベント広場
スタンプ:アスクル内観光案内カウンター上
 
見取り図
 

 

道の駅制覇し隊 この駅どんな駅?みつぼしチェック
目玉なお買い物度 ★★ 今別特産「ちりめんこうなご」がひっそりと置いてある。ひば製品の方がデーンと目立ってるかな
食事しましょう度 ★★ ラーメン・そば・定食等を中心とした軽食堂。いのししカレーはちょっと珍しい?
ちょいと休憩度 ★★ 観光PRコーナーで、釣りスポットをチェック。釣り好きな人ならば嬉しい。屋外には公園もある。
ゆったり休憩度 ☆☆☆
ここで遊ぼう度 ☆☆☆
ここで体験度 ☆☆☆
文化に親しもう度 ☆☆☆
トイレ印象度 ★★ 屋内トイレは実に清潔が保たれており、エアータオルも完備。屋外トイレの方は、施設自体は至って標準的だが、訪れた時はやや汚れが目立っていたような・・・
訪問時混雑度 ☆☆ 訪問時土曜午前:交通量が少ないせいか、人が少なかったのはまだ午前中だからか。
身障者への配慮 屋内・外いずれにも身障者用トイレが完備されている。駐車場から各施設へはスロープ有り。

道の駅ギャラリー
次に「いまべつ」を様々な角度から撮影した写真をお楽しみいただければと思う。ってそんな大層な写真はないのだが、少しでも雰囲気を感じてもらえれば幸いである。
道の駅「いまべつ」、これが半島ぷらざアスクル

 

入口にある看板 敷地内遠景
屋外にある広場 屋外トイレ

 

緑いっぱいの公園

 

アスクル内売店風景 食堂風景

 

アスクルに入るとまず最初に
目に飛び込んでくる大型水槽

道の駅チェックレポート
道の駅にはそれぞれ特徴がある。我々「道の駅制覇し隊」が実際に道の駅を訪れたなかで、見どころや気になるところなどをレポートする。時にはべたぼめあり、辛口も混ぜておおくりするが、あくまでも一個人のレポートゆえ、人によっては異なった感想をもたれる場合もあるかもしれない。その点は予めご了承願いたい。
 
 
町全体像チェック:青函トンネルの入口がある町、今別町
本州と北海道を結ぶ世界最長の海底トンネル、それが「青函トンネル」だ。今別町は、青函トンネルの本州側の入口があり、そのトンネルを「青函トンネル入口公園」で見ることが出来る。青函トンネル入口公園は、国道280号を三厩方面へと走っていくと、道路上に入口を案内する看板が現れるので、それに従って細い道に入ればすぐ公園の駐車場が確認出来るはずだ。公園にある噴水は、列車がトンネルにさしかかると、それにあわせて水でトンネルの形を作り出すということなのだが、残念ながらその姿を見ることは出来なかった。

外観上はただのトンネルと変わりないのだが、このトンネルの先が北海道に繋がっているのだと思うと、なんとも感慨深いものを感じるのである。お隣三厩村の道の駅「みんまや」には、青函トンネル記念館があるので興味がある人は寄ってみてはいかがだろう。
駅内チェック:物産コーナーで見つけた今別な特産品は、「ちりめんこうなご」
今別の特産品といえば「ちりめんこうなご」だとか。初夏の夕方から深夜にかけて採られた「こうなご」をその日のうちに塩ゆでし、天日で干したものだ。
ちなみに、「こうなご」は「いかなご」の別称。幼魚は佃煮や煮干しにされることが多い。他に、今別特産品として名を連ねるものとして「塩わかめ」がある。
駅内チェック:物産コーナーで見つけた青森な特産品は、やっぱり「ヒバ製品」
青森県内の道の駅のあちこちで見かける「青森ヒバ」製品、ここ「いまべつ」でも青森ヒバ製品を多種扱っている。
定番のまな板から、浴槽に入れる湯玉、ヒバ入り石鹸等が並んでいる。
駅内チェック:釣り情報コーナー「太公望の里」では、釣り情報がいっぱい
物産コーナーで釣り具類を販売しているというユニークな点を裏づけるがごとく、「アスクル」内にある釣り情報コーナーでは、今別周辺及び津軽半島の釣り情報をパネルで紹介している。パネルによれば、道の駅「いまべつ」付近の川でも川魚が釣れるらしいぞ。釣り好きには嬉しい情報ではないだろうか。さて、その一部を紹介しよう。(せっせとメモしたため、一部誤りがあった場合は、非常に申し訳ない)

  魚(シーズン) 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
防波堤釣り クロダイ(6〜12月)          
カレイ(9〜6月及び10〜2月)    
               
スルメイカ(7〜10月)                
ヤリイカ(10〜1月)                
アイナメ(4〜7月及び10〜11月)                
                     
ウミタナゴ(4〜6月)                  
ホッケ(2〜4月)                  
サヨリ(8〜11月)                
サバ(9〜10月)                    
アジ(7〜10月)                
磯釣り クロダイ(6〜12月)          
マダイ(6〜10月)              
スルメイカ(7〜10月)                
ヤリイカ(10〜1月)                
アイナメ(4〜7月及び10〜11月)                
                     
ソイ(4〜7月及び10〜11月)                
                     
ウミタナゴ(4〜6月)                  
ホッケ(2〜4月)                  
サヨリ(8〜11月)                
サクラマス(12〜2月)                  
舟釣り カレイ(9〜6月及び10〜2月)    
               
スルメイカ(7〜10月)                
ヤリイカ(10〜1月)                
マダイ(5〜6月及び10〜11月)                    
                     
サクラマス(12〜2月)                  
ソイ(4〜7月及び10〜11月)                
                     
アイナメ(4〜7月及び10〜11月)                
                     
ホッケ(2〜4月)                  

今別周辺の渓流で釣れる魚 アユ、イワナ、ヤマメ、アメマス等

 
 

home  地方indexへ戻る 青森県indexへ戻る

ご意見・ご感想・ご要望は、ふゆのほしまで。
MapFanWebは、インクリメントP株式会社のインターネット地図検索サービスです。
地図へのリンクはMapFanWebの利用規程に基づいています。
Copyright(c)2001-2003 ふゆのほし All rights reserved.
本サイトの全ての内容の無断使用を禁じます
データ作成日:2001年08月16日 最終更新日:2003年04月23日
(詳細案内は2001年07月現在のものです)