ふゆのほし的「道の駅」ご案内   道の駅をたずねて何千キロ
道の駅「みんまや」
HOME > 東北 > 青森県 > 道の駅 みんまや > 地域よもやま話
三厩村と源義経
三厩村を訪れると、あちらこちらで「源義経」の文字を見かける。源義経は、1159年に源義朝の子として生まれてから1189年、その生涯を閉じるまで、様々な戦で勝利をおさめてきた。やはりその中でも有名なのは壇ノ浦の戦で平家を滅亡へと導いたことだろう。しかし、その後兄である源頼朝との不和、そして都落ちした義経は岩手県衣川で亡くなったという説が一般的である。しかし、実は義経は北へ逃げ延び、更には北海道へと渡ったという一説もあるのだとか。三厩は北海道から最短位置にある土地から、三厩には義経に関するものが多く残されているという。義経について研究する人も多くいるようだが、やはり人によっては、北行伝説は絵空事と考える人もいるようだ。

三厩村は、そんな絵空事を否定するかのごとく、北行伝説を裏づける場所等がある。"ほし"自身は専門な研究家ではないため、どの説も否定も肯定もせず、多くのロマンを残した歴史上の人物に触れるだけで良いのだ。というわけで、ここ三厩村には「義経寺」(義経を北へと導いたとされる観音様が祀ってある寺)、三厩村の名の由来ともなった厩石等がある。

 

階段国道339号、車で通れない国道があるなんて・・・
国道ファンには有名な階段国道339号、そう、三厩村を通る国道339号に一部階段があるのだ。時間がなくて、今回は実際にこの目で確かめることが出来なかったのだが、龍飛漁港辺りから灯台を結ぶ道は、かなり細い階段状になっている。全361段と言われているが、これが339段だったらもっとユニークだっただろうに。なにやらすっかり観光スポットになっている階段国道は、全国でもここだけだ。

 

 

 

道の駅詳細レポート帳
各道の駅内で特に細かくチェックした内容について、別途「詳細レポート」として掲載している。
赤いアイコンをクリックすると各レポートページにジャンプする。フォトギャラリーと合わせて御覧頂きたい。
フォトギャラリー道の駅よもやま話地域よもやま話売店レポート駅グルメレポート温泉・宿泊レポート遊ぶ施設レポート見る施設レポート体験施設レポート公園広場レポートキャンプ場レポート
詳細レポート-記事タイトル-
写真でつづる道の駅ギャラリー(フォトギャラリー)
三厩村と源義経/階段国道339号、車で通れない国道があるなんて・・・(地域よもやま話)
道の駅で見つけた特産品、お土産たち(駅みやげレポート)
レストランは海草・海鮮料理中心(駅グルメレポート)
青函トンネル記念館で大規模工事の技術にふれる/竜飛ウィンドパーク展示館で風車を知る(見る施設レポート)
 
訪問履歴:1回(1st:2001/07/07 12:22)
HOME > 東北 > 青森県 > 道の駅 みんまや > 地域よもやま話

ご意見・ご感想・ご要望は、ふゆのほしまで。
MapFanWebは、インクリメントP株式会社のインターネット地図検索サービスです。
地図へのリンクはMapFanWebの利用規程に基づいています。
Copyright(c)2001-2004 ふゆのほし All rights reserved.
本内容すべての無断複製、引用、転載を禁じます。
データ作成日:2001年08月16日 最終更新日:2004年01月27日