ふゆのほし的「道の駅」ご案内   道の駅をたずねて何千キロ
道の駅「浅虫温泉」
HOME > 東北 > 青森県 > 道の駅 浅虫温泉 > 駅みやげレポート
道の駅で見つけた特産品、お土産たち
施設1階の物産コーナー、とにかくホタテ製品があちこちで目につく。特に棚いっぱいにホタテの各製品が並んでいる。例えば、ホタテ干貝柱、ホタテのチーズ巻き、ホタテ甘露煮、ホタテの佃煮、ほたて貝バター焼、燻製ほたてっ子、ほたて塩焼など、酒のつまみにも似合いそうな商品がいっぱい。

おっと、ついつい陸奥湾のホタテというイメージで掲載してしまった駅みやげレポートだが、実は他の海産物だって多数並んでいるのだ。更に、道の駅のオリジナル酒や浅虫銘菓等、旅土産に良さそうな商品もあるので、散策してみよう。
久じら餅 浅虫名物かりんとう いかわさび
 
真いか塩辛 浅虫温泉まんじゅう  
     
ASAMUSHI「青い森の海から」シリーズの帆立カレーとミネストローネ
そんなほたて製品が多数並ぶ中、ユニークな商品を発見、それがASAMUSHI「青い森の海から」シリーズの帆立カレーとミネストローネ。これはレトルト食品なのだが、陸奥湾産の帆立が入ったもの。ついつい値段が手頃だと買ってしまう悪いクセが出て、早速購入してみた。

つい先日食べてみたのだが、ミネストローネは塩気がかなりきついような気がする。カレーの方は、独特の風味をもち、キーマカレーを思い出してしまう口あたり。尖った辛みを持つためまろやかな味を好む人には向かないだろう。

 ▲ミネストローネ

 ▲帆立カレー
     
「道の駅ゆ〜さ浅虫のオリジナル津軽酒」
2001年に訪れてみると、道の駅オリジナル酒を発見。それも何種類ものラベルが存在し、一体何を買ったら良いか迷ってしまう始末。というのも、そのラベルには「津軽の三ふり」なるデザインが描かれているのだ。2001年現在、全6種類、いずれも純米吟醸だ。

津軽の三ふり(酒のポスターより)
・えふり (良いふり。良い格好であることを見せびらかすこと)
・あるふり (有るふり。持ちもしないのに金持ちぶること)
・おべだふり (覚えたふり。知ったかぶりをすること)
新・津軽の三ふり
・よったふり (酔ったふりをすること。)
・ねだふり (眠ったふりをすること。)
・しらねふり (知らないふりをすること。)
 
道の駅「浅虫温泉」独占販売! 青森ねぶた関連製品
売店のレジに、道の駅「浅虫温泉」独占販売!と大きく書かれた紙が貼ってある。はて?何だろうと覗くと、それは「青森ねぶた囃子」のCDと冊子である。CDは1500円、冊子のほうは800円だとか。

 

 

道の駅詳細レポート帳
各道の駅内で特に細かくチェックした内容について、別途「詳細レポート」として掲載している。
赤いアイコンをクリックすると各レポートページにジャンプする。フォトギャラリーと合わせて御覧頂きたい。
フォトギャラリー道の駅よもやま話地域よもやま話売店レポート駅グルメレポート温泉・宿泊レポート遊ぶ施設レポート見る施設レポート体験施設レポート公園広場レポートキャンプ場レポート
詳細レポート-記事タイトル-
写真でつづる道の駅ギャラリー(フォトギャラリー)
道の駅で見つけた特産品、お土産たち(駅みやげレポート)
レストランで海の幸を食べたい!(駅グルメレポート)
施設5階は展望浴場「はだか湯」(温泉施設レポート)
 
訪問履歴:2回(2nd:2001/10/02 17:45 1st:2000/11/01 20:20)
HOME > 東北 > 青森県 > 道の駅 浅虫温泉 > 駅みやげレポート

ご意見・ご感想・ご要望は、ふゆのほしまで。
MapFanWebは、インクリメントP株式会社のインターネット地図検索サービスです。
地図へのリンクはMapFanWebの利用規程に基づいています。
Copyright(c)2000-2004 ふゆのほし All rights reserved.
本内容すべての無断複製、引用、転載を禁じます。
データ作成日:2000年12月05日 最終更新日:2004年01月25日