ふゆのほし的「道の駅」ご案内   道の駅をたずねて何千キロ
道の駅「しちのへ」
HOME > 東北 > 青森県 > 道の駅 しちのへ > 道の駅よもやま話
駅入口正面で出迎えてくれる馬の銅像たち
道の駅「しちのへ」へ入るとまず目に飛び込んでくるは、二頭の馬の銅像だろう。実は、これらの馬たちは、日本ダービーの優勝馬である「ヒカルメイジ」と「フェアーウィン」。

七戸町には、競走馬を誕生させている牧場が幾つかあり、これらの馬たちも七戸町から誕生したもの。特に、道の駅「しちのへ」から国道4号をやや南下した場所にある七戸町の「盛田牧場」は、その歴史も長い。同牧場で育った「ヒカルメイジ」は、1957年の日本ダービーで優勝、盛田牧場にとってもこれが初のダービー馬の誕生となったとか。「フェアーウィン」は同じく七戸町の浜中牧場で育てられ、1962年の東京ダービーで優勝した。

 

ただ訪れただけでは分からなかった七戸町とスペインの関係について
この駅を訪れた人の中には、「七戸町とスペインには何か関係があるのか」と思われた方もいるのではないか。実は"ほし"もそのひとり。しかし、パンフレットを何度読み返してみても、駅内を散策してみても、いまひとつ分からなかった(多分、それは美術館に行けばすぐに分かった事なのかも知れない)。しかし、どうしても気になったので、実際に役場の方に問い合わせてみた。すると、特に七戸町とスペインの間に姉妹都市等を提携しているという訳ではないようだ。

誰もが知るピカソ・ゴヤ等の芸術家もスペインで生まれ、そして七戸にも多くの芸術家が存在しているということから、互いに文化面(パンフレットでは、民衆レベルと表現しているのだが・・・)等で共感しあうものがあるのではないか、といった意味も含まれているらしい。平成10年には、ガウディ展(スペインの建築家)をこの鷹山宇一美術館でも開催。

 

 

道の駅詳細レポート帳
各道の駅内で特に細かくチェックした内容について、別途「詳細レポート」として掲載している。
赤いアイコンをクリックすると各レポートページにジャンプする。フォトギャラリーと合わせて御覧頂きたい。
フォトギャラリー道の駅よもやま話地域よもやま話売店レポート駅グルメレポート温泉・宿泊レポート遊ぶ施設レポート見る施設レポート体験施設レポート公園広場レポートキャンプ場レポート
詳細レポート-記事タイトル-
写真でつづる道の駅ギャラリー(フォトギャラリー)
駅入口正面で出迎えてくれる馬の銅像たち/七戸町とスペインの関係について(道の駅よもやま話)
道の駅で見つけた特産品、お土産たち(駅みやげレポート)
鷹山宇一記念美術館で透明感あふれる絵の世界に触れてみたい(見る施設レポート)
 
訪問履歴:2回(2nd:2001/10/03 17:38 1st:2001/07/08 12:10)
HOME > 東北 > 青森県 > 道の駅 しちのへ > 道の駅よもやま話

ご意見・ご感想・ご要望は、ふゆのほしまで。
MapFanWebは、インクリメントP株式会社のインターネット地図検索サービスです。
地図へのリンクはMapFanWebの利用規程に基づいています。
Copyright(c)2001-2004 ふゆのほし All rights reserved.
本内容すべての無断複製、引用、転載を禁じます。
データ作成日:2001年09月08日 最終更新日:2004年01月22日