ふゆのほし的「道の駅」ご案内   道の駅をたずねて何千キロ
道の駅 しょうわ
◆ブルーメッセ・秋田◆

秋田市内から国道7号を北上していくと、秋田自動車道 昭和男鹿半島IC入口を右手にみながら通り過ぎたところで、右折をうながす道の駅案内看板が出てくる。県道229号を右折すると、道の駅「しょうわ」ブルーメッセ・秋田の入口が右手に出てくる。路線名は国道7号とどの案内にも書かれているのだが、どうみても国道7号沿いというよりは県道229号沿いといった方が正しいように思える。

道の駅「しょうわ」は、花好きな人ならば何度でも訪れたいといった場所だろう。秋に訪れた我々がみたのは、造園中の風景だったのだが、それでもこの時期に一生懸命造園作業をしてくれているおかげで、毎年春から夏は美しい花畑を見ることが出来るのだから、作業者の皆さんには心から感謝である。ここの温室も非常に見応えがあり、3つの部屋に分かれてそれぞれの緑を楽しむことができる。


 
 
 
道の駅基本データ
場所/地図 秋田県南秋田郡昭和町豊川竜毛字山ノ下1-1
沿線 国道7号(というよりは県道229号)
駅付近の交通量 午後:★★☆(少〜普)
連絡先 018-855-5041
各施設開館時間 09:00〜18:00(物産館・温室)
11:00〜19:00(レストラン)
 ※11月〜3月は17:00まで
休館日 物産館,温室:12/31-1/1
レストラン:第2,4水曜日 12/31-1/1
駐車場 102台(大:7 普:93 身障者用:2)
トイレ数 男:18 女:13 身障者用:3
石鹸:有
印象に残った名産品、
珍しいもの等
花木苗、ドライフラワー
海の幸の佃煮
白玉粉など
訪問履歴 2nd:2001/10/01 14:48
1st:2000/10/31 15:17
 
 

 

施設内容
物産販売施設(アグリプラザ昭和)
レストラン(花の大地)
休憩所
鑑賞温室
花の広場
スタンプ:アグリプラザ入口
 
見取り図
 

 

道の駅制覇し隊 この駅どんな駅?みつぼしチェック
目玉なお買い物度 ★★ 広めのフロアには八郎湖産の佃煮等の特産品、そしてなんといっても目につくのは花木苗ではないだろうか。さすがに旅の途中に花の苗の購入は躊躇してしまうが、花の苗をあれこれ買い悩む姿を多々見かける。
食事しましょう度 ★★ レストラン「花の大地」は店内の雰囲気も明るく好印象。洋食中心のビアレストランらしいのだがメニューは未確認。次回訪問時に確認したい。
ちょいと休憩度 ★★★ アグリプラザ内に休憩所有り。天気が良ければ、花の広場で花に囲まれながら気分もリフレッシュという手もあるぞ。
ゆったり休憩度 ☆☆☆
ここで遊ぼう度 ☆☆☆
ここで体験度 ☆☆☆
文化に親しもう度 ★★★ 鑑賞温室で緑と花々に触れてみてはいかが。勿論、無料で楽しめるのだ。
トイレ印象度 ★★★ 屋外・屋内共に設備は標準的ながら清潔度が保たれたトイレ。2000年度訪問時、屋外トイレは但し8:30〜17:30のみ利用可とのことだったが、現在はどうだろうか。
訪問時混雑度 ★★ 駐車場が広いため、空きスペースを待つには至らないが、訪問する人は多い。
身障者への配慮 駐車場から各施設へは段差無し。

道の駅ギャラリー
次に「しょうわ」を様々な角度から撮影した写真をお楽しみいただければと思う。ってそんな大層な写真はないのだが、少しでも雰囲気を感じてもらえれば幸いである。
駐車場からみる道の駅「しょうわ」

 

広い敷地に温室が立ち並ぶ 温室に向かう通路にも花々がいっぱい

 

鑑賞温室入口

 

鑑賞温室の中にはこんな演出が ハーブに囲まれて

 

温室からテラスに出ると・・・ 温室から物産館への通路にて花木の販売

 

佃煮の幟が目立つ売店 売店の一角には道路情報コーナー

 

ただいま造園中
この作業があってこそまた美しい花々が見られるのだ

道の駅チェックレポート
道の駅にはそれぞれ特徴がある。我々「道の駅制覇し隊」が実際に道の駅を訪れたなかで、見どころや気になるところなどをレポートする。時にはべたぼめあり、辛口も混ぜておおくりするが、あくまでも一個人のレポートゆえ、人によっては異なった感想をもたれる場合もあるかもしれない。その点は予めご了承願いたい。
 
 
駅全体像チェック:ブルーメッセ、その名の由来は・・・
メッセといえばすぐに幕張メッセ(千葉にある有名な見本市会場 数々の展示会を開催しているから知っている人も多いだろう)を思い出す単純な"ほし"であるが、この施設名称である「ブルーメッセ」、実は「ブルーメ」(ドイツ語で花という意味)と「メッセ」(同じくドイツ語で見本市という意味)を掛け合わせた造語である。花々に囲まれたこの施設群に似合っている、となるほど納得の名称だ。
駅内チェック:鑑賞温室で緑と親しもう!
道の駅「しょうわ」の見どころはなんといっても、この3つに分かれた鑑賞温室だろう。それぞれテーマを設けてそれに応じた花や緑で訪れる人を歓迎しているようだ。以下は各室に掲げられたテーマを抜粋したものである。
A棟 くらしの中の緑を提案する
庭に植えるポットで飾る、この部屋ではガーデニングの細々なアイディアを提案している。
B棟 秋田の花を楽しむ
この部屋では、秋田県で生産された花を中心に展示している。季節によって様々な表情のかわる花の姿を楽しんで欲しい。
C棟 暖かい緑に囲まれて
どこか暖かい国の庭園で、のんびりとおしゃべりや読書を楽しむ。この部屋は、そんな過ごし方が出来るようデザインされている。

温室のあちこちには、椅子やテーブルが用意されていて、そこでゆっくりおしゃべりをしている人、ぼーっとしている人がいた。既に肌寒い季節なのに、温室の中はやはりポカポカと暖かく非常に過ごしやすい。

駅内チェック:アグリプラザ昭和では、八郎湖名産の佃煮がいっぱいだ
温室を歩いていくと、そのまま通路は特産などを販売しているアグリプラザ昭和へと通じている。このアグリプラザに入るとまず驚くのが、昭和町内の各店の幟があちこちにある。それも、何処もみな競うように「佃煮」ばかり、というのがすごい。陳列の仕方が非常に整頓されて見やすいため、佃煮の種類ってこんなにあったのか、と改めて感心しながら見るのも楽しい。一例をあげると、しらす・わかさぎ・しじみ・磯くるみ・白魚・甘えび・ちりめん・いかあられ・ハゼなど、挙げだしたらきりがないって程だ(2000年レポート)。
こえび/磯くるみ/
わかさぎ等の佃煮
しらす/こんにゃく昆布/
いかあられ
しらうおやわかさぎの佃煮
実は、2001年に改めて売店を覗いてみると、昭和町とその周辺の特産品たちも目立って並ぶようになっていた。
青大豆みそ 白玉 秋田ならでは
「わかさぎもろこし」
 
 

home  地方indexへ戻る 秋田県indexへ戻る

ご意見・ご感想・ご要望は、ふゆのほしまで。
MapFanWebは、インクリメントP株式会社のインターネット地図検索サービスです。
地図へのリンクはMapFanWebの利用規程に基づいています。
Copyright(c)2000-2003 ふゆのほし All rights reserved.
本サイトの全ての内容の無断使用を禁じます
データ作成日:2000年11月28日 最終更新日:2003年04月19日
(詳細案内は2001年10月現在のものです)