ふゆのほし的「道の駅」ご案内   道の駅をたずねて何千キロ
道の駅 ことおか
◆土笛の里◆

秋田市内から国道7号を北上していくと、琴丘町の丁度中心あたり右手に道の駅「ことおか」が見えてくる。いかにも縄文土器をイメージしたような黄土色状の建物なため、これが十分に目印の役目を果たしている。

道の駅「ことおか」は、体験学習物産館サンバリオと休憩施設、そして2001年4月にオープンした物産品野菜直売所からなる(以前はサンバリオ内に売店があったのだが、それが独立したようである)。サンバリオにはレストラン、各種体験学習室、展示コーナー等があるが、体験学習は要予約なので、手作り体験をしたい人はあらかじめ予約しておこう。


 
 
 
道の駅基本データ
場所/地図 秋田県山本郡琴丘町鹿渡字高石野126-1
沿線 国道7号
駅付近の交通量 午後:★★☆(普)
連絡先 0185-87-4311
各施設開館時間 07:00〜19:00(休憩施設)
09:00〜18:00(物産品野菜直売所)
09:00〜18:00(体験学習物産館)
11:00〜15:00(レストラン)
休館日 体験学習館:12/31〜1/1
駐車場 74台(大:15 普:55 身障者用:4)
トイレ数 男:22 女:15 身障者用:4
店外:石鹸有り
店内:石鹸無し
印象に残った名産品、
珍しいもの等
ラ・フランスシャーベット
土笛まんじゅう
しいたけうどん など
訪問履歴 2nd:2001/10/01 15:40
1st:2000/10/31 14:25
 
 

 

施設内容
物産品野菜直売所
レストラン(たかいし野)
道路情報
休憩所
体験学習室
高石野遺跡発掘品展示
展望台
スタンプ:琴丘町体験学習館サンバリオ1階レストラン付近
 
見取り図
 

 

道の駅制覇し隊 この駅どんな駅?みつぼしチェック
目玉なお買い物度 ★★★ 物産品野菜直売所では、琴丘町の特産品と称し、しいたけうどんや土笛まんじゅう等が並ぶ。また、新鮮農産物も人気が高い。
食事しましょう度 ★★ 定食等を中心としたメニュー。15時で閉店なので食事目的の人は時間に気をつけよう。
ちょいと休憩度 ★★ 屋内休憩施設あり。展望台もあり。
ゆったり休憩度 ☆☆☆
ここで遊ぼう度 ☆☆☆
ここで体験度 ★★ 体験学習室では土笛等の製作ができる。
文化に親しもう度 ★★★ 高石野遺跡発掘品を展示しているので、歴史に触れてみるのも良いだろう。
トイレ印象度 ★★ 設備的、清潔度ともにも普通。
訪問時混雑度 ☆☆ 訪れたのが平日の午後だったため、駐車場にも余裕はあったのだが、休日の昼間は直売所目当てに訪れる人も多数いそうだ。
身障者への配慮 身障者用駐車場から各施設へはスロープ有り

道の駅ギャラリー
次に「ことおか」を様々な角度から撮影した写真をお楽しみいただければと思う。ってそんな大層な写真はないのだが、少しでも雰囲気を感じてもらえれば幸いである。
駐車場からみる道の駅「ことおか」

 

入口の看板 屋外トイレと休憩施設

 

こちらが木の香り漂う特産品野菜直売所

 

直売所内風景 土笛をふく少年像

 

こちらは体験学習館サンバリオ
(まだ直売所が無い時代の写真だ)

 

1階もともと売店があったフロアは
縄文関連品を展示している
ちょっとくつろぎのひとときを

 

1階レストラン入口 2階の手作り教室

道の駅チェックレポート
道の駅にはそれぞれ特徴がある。我々「道の駅制覇し隊」が実際に道の駅を訪れたなかで、見どころや気になるところなどをレポートする。時にはべたぼめあり、辛口も混ぜておおくりするが、あくまでも一個人のレポートゆえ、人によっては異なった感想をもたれる場合もあるかもしれない。その点は予めご了承願いたい。
 
 
駅全体像チェック:琴丘町が土笛の里なのは・・・
ここ琴丘町には縄文時代から多くの人が暮らしていたとされている。高石野遺跡では縄文時代の土器や壺、石剣、石皿等が発掘されており、その中で特に珍しいのが土笛の発掘だった。この土笛は恋人を呼び合う合図の笛として使用されたとも言われており、非常に貴重な発見である。それにちなんで「土笛の里」と命名したのでは。

ここ体験学習物産館の3階にも高石野遺跡の発掘品を展示しているのだが、ショーケース2つに数点ぽつぽつと置いてあるだけ、というのがあまりに寂しい。別な場所に歴史民族資料館があるゆえ仕方がないかもしれないが、折角「土笛の里」というならば、もう少しパネル等に力を入れて見栄え良く展示しても良いだろうというのが正直な感想である。(2000年レポート)
駅内チェック:売店で見つけた琴丘の特産品
木の温もりいっぱいの物産品野菜直売所は、琴丘の特産が豊富に並んでいる。入口からみてフロア左半分が農産物直売、そして右半分が特産品・工芸品等の販売コーナーだ。

体験学習館内にあった売店コーナーの時にはあまり目立たない存在であった特産品等も、こうして陳列棚に綺麗に並ぶ姿をみると、「琴丘ってこんな特産品があったんだ」と次から次へと目移りする。中でも、復元品「土笛」にはビックリ(まるで焼き菓子のように見えたりも)。他に、土笛にちなんだ「土笛まんじゅう」があるのだが、これは土笛の絵を丸い饅頭に焼き付けたもの。どうせならば、この土笛の形をした復元まんじゅう、というのもなかなか良い線ではないかと思うのだが、どうだろう。(2001年レポート)
土笛 土笛まんじゅう モロヘイヤめん
梅ようかん ラ・フランスシャーベット 桜皮細工
 
クローズアップ:「椎茸入り 細めんつるるん
琴丘の特産である椎茸が入った「細めんつるるん」はその名のとおり、細うどんだ。琴丘町しいたけ加工グループの皆さんが栽培し、加工した椎茸粉末を麺に練りこんだ、喉ごしの良いうどんである。この名前の由来も、地元の小学生が食べた感想がそのままつけられたとか。

なるほど、実際に食べてみると、この「つるるん」といった言葉がピッタリ。心地よい喉ごしとほのかな椎茸の香りが非常に美味しく頂けた。
駅内チェック:体験学習室で土笛も作れる
体験学習物産館の2階では、体験学習と称し、幾つかのコースに分かれて手作り体験が出来る。もし作りたいものがあったとしたら、問い合わせたうえであらかじめ予約をしよう。
コース 通常 10名以上の場合  
土笛つくり 大400円
小300円
300円/1人
200円/1人
 
焼き杉工作 500円+材料費 400円+材料費/1人 秋田杉
楽焼きつくり 400円+素焼き品代 300円+素焼き品代/1人 素焼品:額皿 花瓶 マグカップなど
押し花つくり 250円+材料費 200円+材料費/1人 押し花 額 カード類 など
 
 

home  地方indexへ戻る 秋田県indexへ戻る

ご意見・ご感想・ご要望は、ふゆのほしまで。
MapFanWebは、インクリメントP株式会社のインターネット地図検索サービスです。
地図へのリンクはMapFanWebの利用規程に基づいています。
Copyright(c)2000-2003 ふゆのほし All rights reserved.
本サイトの全ての内容の無断使用を禁じます
データ作成日:2000年11月28日 最終更新日:2003年04月19日
(詳細案内は2001年10月現在のものです)