ふゆのほし的「道の駅」ご案内   道の駅をたずねて何千キロ
道の駅 かみおか
◆茶屋っこ一里塚◆

秋田自動車道 協和ICから国道341号を経由して国道13号に出たら大曲市方面へと向かっていると、やがて右側に道の駅「かみおか」が見えてくる。しかし、ここの駅の場合、注意しなければならない点がひとつある。上記のようなルートで来た場合、道の駅の案内看板はかんじんの施設群よりもかなり手前に建っている為、間違えて異なる施設の駐車場に入る恐れがある(まぁ、そんな間違いをするは我々だけかもしれないが)。大曲市方面から本駅へと向かう場合であれば、看板は施設群のすぐ手前に建っているので、その心配は無い。

道の駅「かみおか」は、売店・休憩所・レストランといったオーソドックスなタイプの駅である。休憩施設内にはお茶や冷水等を自由に飲むことが出来る設備や足を伸ばして休める空間があるため、旅の途中でちょっとした休憩に向いた駅のひとつではないだろうか。


 
 
 
道の駅基本データ
場所/地図 秋田県仙北郡神岡町北楢岡字船戸187
沿線 国道13号
駅付近の交通量 午後:★☆☆(少)
連絡先 0187-72-4004
各施設開館時間 09:00〜19:00(12〜3月は〜18:00)
土日祝は〜20:00(12〜3月は〜19:00)
レストランは10:00〜
休館日 第1・3月曜日(祝日の場合翌日)
年末年始
駐車場 56台(大:14 普:41 身障者用:1)
トイレ数 男:7 女:5 身障者用:1
石鹸:有
印象に残った名産品、
珍しいもの等
茶屋っこ最中
茶屋っこアイス
地酒「福乃友」
漬け物 など
訪問履歴 1st:2001/05/03 13:56
 
 

 

施設内容
物産コーナー(1F)
レストラン(2F)
休憩所
スタンプ:休憩所
 
見取り図
 

 

道の駅制覇し隊 この駅どんな駅?みつぼしチェック
目玉なお買い物度 ☆☆ 神岡町の特産というよりは秋田県内の土産物屋という印象が強い。といっても、茶屋っこ最中やアイスは神岡町の自慢商品
食事しましょう度 ★★ 2階のレストランで食事が可能
ちょいと休憩度 ★★ 道の駅休憩所有り。茶や冷水等が自由に呑める設備、足を伸ばせる空間等があるので、旅の疲れをちょっと癒すには良いのでは。
ゆったり休憩度 ☆☆☆
ここで遊ぼう度 ☆☆☆
ここで体験度 ☆☆☆
文化に親しもう度 ☆☆ 駅の隣に一里塚があるはずだ・・・
トイレ印象度 ★★★ 非常に清潔なトイレ
訪問時混雑度 ★★ 訪問時休日午後:まだまだ余裕あり
身障者への配慮 駐車場から休憩所や売店等へはスロープがあるのだが、2階のレストランへは階段のみのようだ。

道の駅ギャラリー
次に「かみおか」を様々な角度から撮影した写真をお楽しみいただければと思う。ってそんな大層な写真はないのだが、少しでも雰囲気を感じてもらえれば幸いである。
駐車場からみる道の駅「かみおか」

 

「かみおか」の入口にそびえ立つオブジェ 建物入口

 

売店風景その1 売店風景その2 ソフトクリームを買う客が多し

 

休憩所内 休憩所内には、自由にお茶・冷水・お湯等が呑める。

道の駅チェックレポート
道の駅にはそれぞれ特徴がある。我々「道の駅制覇し隊」が実際に道の駅を訪れたなかで、見どころや気になるところなどをレポートする。時にはべたぼめあり、辛口も混ぜておおくりするが、あくまでも一個人のレポートゆえ、人によっては異なった感想をもたれる場合もあるかもしれない。その点は予めご了承願いたい。
 
 
駅全体像チェック:神岡町の一里塚は貴重な重要文化財
道の駅「かみおか」の名称にもなっている「一里塚」、これは江戸幕府が東海道をはじめとする主要な街道を整備し、その際に一里(約4km)毎に街道の両側に盛土をし、その上に木を植えてそれを一里塚と称した。一里塚は、旅人の道標として、また木陰を利用して休憩等をする人も多かったという。神岡町にある一里塚は、日本橋より数えて133番目に位置し、また道の両側に残っている一里塚は、秋田県内でここだけらしい。道の駅「かみおか」の「茶屋っこ一里塚」という名称も、一里塚の木陰で旅人どうしが休憩をする憩いの場、ということを含めて付けられたのではないか、と思ったりもする。

しかし、今回訪れた時にはこの一里塚を確認するのをすっかり忘れてしまっていた。次に通る時には、一里塚もチェックしたいと思う我々であった。
駅内チェック:売店でみつけた特産品は、茶屋っこ商品や地酒など
さて、売店内を覗いてみると、ここは神岡町というよりも秋田県内全般の土産を扱っている印象が強い。しかし、その中でここならではの土産を発見。それが、「茶屋っこ最中」に「茶屋っこアイス」。

茶屋っこ最中は、その名のとおり茶屋を形取った最中。なかなか可愛い。
そして、「茶屋っこアイス」はさつまいも味やつぶつぶビーンズが入ったバニラ味などが楽しめる。軽食カウンターのソフトクリームもなかなか人気で、買い求める人も多かったようだ。

また、神岡町の地酒といえば、福乃友酒造の「福乃友」シリーズ。売店内には、地酒コーナーに福乃友をはじめ秋田の地酒がズラリッと並んでいる。そういえば、福乃友酒造では酒蔵見学等も可能だとか。
駅内チェック:売店でみつけた「およよ」なもの 秋田道の駅菓子が並んでる
秋田県内の道の駅には、たまに「秋田道の駅」シリーズの菓子類が並んでいることがある。秋田の駅は幾つか訪問したのだが、特にこの駅ではこの「秋田県道の駅」の菓子類が多く並んでいる。

和菓子類は「秋田道の駅 草だんご」、洋菓子類では生チョコケーキセットやケーキ詰め合わせセット等がある。
まぁ、これらの菓子類は特に秋田の名産という訳ではないので、何がどうお薦めかと聞かれると非常に困るのだが、パッケージに秋田県内の道の駅名や見どころ等を可愛いイラストで書かれている。

パッと見て秋田の名物が分かる点はなかなかグッドかも。
 
 

home  地方indexへ戻る 秋田県indexへ戻る

ご意見・ご感想・ご要望は、ふゆのほしまで。
MapFanWebは、インクリメントP株式会社のインターネット地図検索サービスです。
地図へのリンクはMapFanWebの利用規程に基づいています。
Copyright(c)2001-2003 ふゆのほし All rights reserved.
本サイトの全ての内容の無断使用を禁じます
データ作成日:2001年07月05日 最終更新日:2003年04月19日
(詳細案内は2001年5月現在のものです)