ふゆのほし的「道の駅」ご案内   道の駅をたずねて何千キロ
道の駅「おおうち」
HOME > 東北 > 秋田県 > 道の駅 おおうち > 駅グルメレポート
レストランで大内の味を堪能しよう!「大内とろろ飯」
交流ターミナル内にあるレストラン「きぬさや」では、定食や丼もの等、是非ここならではの名物が食べたい人もそうでない人も満足いくような豊富なメニューである。とにかく腹を満たしたい、そんな人には巨大なエビフライ定食や穴子丼等はいかがだろう。そして、大内ならではの料理といえば、「きぬさやうどん」、そして「大内とろろ飯」、特にこの「大内とろろ飯」は"ほし"的に大のお薦めである。

料理内容については下で説明するとして、ここでの特記すべき事項といえば、行き届いた店員教育ではないだろうか。常にフロアの端に店員さんが立っており、食事やオーダーに気を配っている。例えば、料理を注文したい時、そして料理を終え、食後のコーヒー等のタイミング等、実に絶妙である。そういった意味でも非常に評価できるレストランなのだ(これだけべた褒めしておいて、次に行った時にはガラッと変わっていたら困るかも。これらのサービスが維持されている事を願いたい)。
「大内とろろ飯」
大内名物のとろろ飯、実はこれが密かなブームだったりするのだ。というのも、レストラン内で周囲を見渡せば、実にこの大内とろろ飯を食べている人が多い。見知らぬ客がここのとろろ飯が美味しいことを語っている声も聞き、いよいよもって期待は膨らむばかり。

この「とろろ飯」は、数種類の薬味、具(まぐろ、きのこ煮、鮭等)が各小鉢に盛りつけられており、好きな組み合わせでとろろと混ぜ、ご飯にかけて食べるというもの。テーブルの上には、「とろろ飯の食べ方例」が置いてあり、具の組み合わせ等も参考になる。
量的には、実は大した事はなかったりするはずなのだが、小鉢をふんだんに使った盛りつけ方が高級感を漂わせており、見た目にも満足。、「何と何を配合しようか」悩む楽しさが、食べる楽しさを膨らます面でも、実にお薦めである。
 
「穴子丼」
特に大内名物という訳ではないのだが、腹を十分に満たしたい時に良さそうな一品がこれ、「穴子丼」である。巨大な穴子天ぷらが大きな丼にのせられており、実にボリューム満点。穴子自体もふんわりとしていながら存在感ズッシリである。

みそ汁、小鉢、漬け物、サラダもついており、特にサラダにミニトマトがさりげなく添えてあるところが、大内色をうまく表しているのかもしれない。

 

 

 

道の駅詳細レポート帳
各道の駅内で特に細かくチェックした内容について、別途「詳細レポート」として掲載している。
赤いアイコンをクリックすると各レポートページにジャンプする。フォトギャラリーと合わせて御覧頂きたい。
フォトギャラリー道の駅よもやま話地域よもやま話売店レポート駅グルメレポート温泉・宿泊レポート遊ぶ施設レポート見る施設レポート体験施設レポート公園広場レポートキャンプ場レポート
詳細レポート-記事タイトル-
写真でつづる道の駅ギャラリー(フォトギャラリー)
大内総合交流ターミナル、その名は「ぽぽろっこ」(道の駅よもやま話)
道の駅で見つけた特産品、お土産たち(駅みやげレポート)
レストランで大内の味を堪能しよう!「大内とろろ飯」(駅グルメレポート)
ぽぽろっこで温泉?それとも宿泊?とりあえずのんびりしよう!(湯・宿泊レポート)
 
訪問履歴:1回(1st:2001/10/01 11:22)
HOME > 東北 > 秋田県 > 道の駅 おおうち > 駅グルメレポート

ご意見・ご感想・ご要望は、ふゆのほしまで。
MapFanWebは、インクリメントP株式会社のインターネット地図検索サービスです。
地図へのリンクはMapFanWebの利用規程に基づいています。
Copyright(c)2003-2004 ふゆのほし All rights reserved.
本内容すべての無断複製、引用、転載を禁じます。
データ作成日:2003年04月19日 最終更新日:2004年01月22日