ふゆのほし的「道の駅」ご案内   道の駅をたずねて何千キロ
道の駅「岩城」
HOME > 東北 > 秋田県 > 道の駅 岩城 > 駅みやげレポート
道の駅でみつけた特産品、お土産たち
交流ターミナル施設「ケベック」に入るとまず目にとびこんでくるのが巨大水槽、その奥には明るく綺麗な売店コーナーがある。岩城町といえば、代表的な特産品としてプラム製品があげられる(それについては以下のクローズアップを参照)。売店奥にはプラムの発泡酒ケベックの製造工程をガラスごしに見学可能だ。

プラム製品の他、秋田全般の土産やケベックが直輸入した自然派健康食品群、菓子群などが並んでいる。
柿餅、ずんだ柿 直輸入自然食品 男鹿鯛めしの具
     
道の駅「岩城」の人気商品「プラムの発泡酒ケベック」
岩城町の特産品のひとつとしてプラム製品があげられるのだが、そのプラムでつくった発泡酒が「ケベック」である。「よし、買ってみよう」っと店内を探すが何処にも見当たらない。よくよく見ると「本日は売り切れました」とショーケースに貼り紙が。それでもしつこくレジの人に「プラムの発泡酒ってもう無いんですか」と聞いたところ、「あぁ、今日は休日のせいか売れてしまったみたいですね。平日ならば残ってると思いますよ。もしお近くでしたら確保しておいてあげますよ」とレジの人が親切に言ってくれた。

さすがに都内から秋田まで取りに行くのは難儀なため、次回以降訪れた時の楽しみとしてとっておこう。(と、ここまでが2000年訪問時のレポート)
2001年に改めて訪問してみると、嬉しいことに店頭にケベックを発見。更に、レストランでもこのケベックが味わえることに今更気がついたのである。というわけで、早速飲んでみた。店員さんに「赤と白、どちらにしますか」と聞かれた時には、一瞬ワインなのか、と思ってしまった一幕もあるのだが、今回はフルーティーな甘みいっぱいの「赤」を飲んでみた。

「確かに甘味がある。しかも、私はプラムですって訴えてる感じ」、なんたる表現だ。しかし、これはビールが苦手な人でも飲めそうな味かもしれない。ドライバーな皆さんはお土産に、ドライバーでない皆さんはレストランででも飲んでみてはいかが?
 
爽やかな甘みがクセになる「あまさぎプラムワイン」
岩城町の特産品としてあげられる「あまさぎプラムワイン」、種類も多くズラッと店内に並んでいる。(高城)(プラムの舞)(リースリング)(天鷺)(太陽の華)とワインの名称もなかなか華麗だ。また、プラムワインゼリーもあるので、ワインはちょっと・・・という人はこちらをいかがだろうか。
高城プラムワイン 天鷺プラムワイン 天鷺プラムワインゼリー
さて、我々は「太陽の華」なるワイン(撮影し忘れ)を購入してみたのだが、これが予想以上に美味。プラムの甘酸っぱさが実に心地よい爽やかさであり、プラムであることをまさしく実感させてくれる、実にフルーティなワインなのである。これはまた是非とも買いたいワインのひとつだ。(都内周辺にお住まいの皆さんであれば、有楽町の秋田物産館でも購入可能)

 

 

道の駅詳細レポート帳
各道の駅内で特に細かくチェックした内容について、別途「詳細レポート」として掲載している。
赤いアイコンをクリックすると各レポートページにジャンプする。フォトギャラリーと合わせて御覧頂きたい。
フォトギャラリー道の駅よもやま話地域よもやま話売店レポート駅グルメレポート温泉・宿泊レポート遊ぶ施設レポート見る施設レポート体験施設レポート公園広場レポートキャンプ場レポート
詳細レポート-記事タイトル-
写真でつづる道の駅ギャラリー(フォトギャラリー)
道の駅で見つけた特産品、お土産たち(駅みやげレポート)
レストランで海の幸を食べよう!(駅グルメレポート)
岩城温泉「港の湯」はいかが?(温泉施設レポート)
 
訪問履歴:3回(3rd:2001/10/01 13:21 2nd:2001/09/30 19:12 1st:2000/10/22 18:44)
HOME > 東北 > 秋田県 > 道の駅 岩城 > 駅みやげレポート

ご意見・ご感想・ご要望は、ふゆのほしまで。
MapFanWebは、インクリメントP株式会社のインターネット地図検索サービスです。
地図へのリンクはMapFanWebの利用規程に基づいています。
Copyright(c)2000-2004 ふゆのほし All rights reserved.
本内容すべての無断複製、引用、転載を禁じます。
データ作成日:2000年11月14日 最終更新日:2004年01月21日