中部道の駅キーワードラリー 参戦日記
2003年の中部地区はひと味違う?
スタンプ帳を片手にちょっぴり覗いてみよう
静岡県編

2003年07月27日

春から秋にかけて全国各地で道の駅スタンプラリーが開催されるが、中部地区はあくまでも「キーワードラリー」のみにこだわっている。ところが、2003年の春頃だったか、東海の某道の駅のメールマガジンで「中部地区道の駅スタンプラリー&キーワードラリー開催」なる内容が掲載され、その記事に思わず大喜び。「とうとう中部地区でもスタンプラリーが開催されるのか」

ところが、それはちょっと違っていた。中部地区ではあくまでもキーワードラリーを開催、そのおまけとしてスタンプ帳が添付されているということだったのだ。更に、ラリーの開催は7月下旬からだというのに、5月1日からキーワードラリースタンプ帳セット(キーワードラリー用の小冊子とスタンプ帳・地図のセット)の販売開始、しかも、販売完了次第、スタンプ帳セットの発行はしないとか。

これでは、参加したくても参加できない人も出てくるのか、と少々心配になりながらも、我々はそれまで中部地方へ出向くこともなく、結局7月下旬を迎えてしまった。

そして今日7月27日、箱根方面の道の駅を巡りがてら、久々に静岡の駅もちょっぴりだけ覗いてみることにしたのである。なお、今回は、関東・中部を行ったり来たりといった変則的な旅となってしまったため、旅日記までが同様に変則的な掲載の仕方をしてしまったのだが、ご了承頂きたい。


【東京都下出発時刻】06:11 【東京都下到着時刻】23:13
色は静岡県の道の駅 色はエリア外
  東名高速道路 川崎IC-厚木IC/
小田原厚木道路-小田原西IC/国道1号
箱根峠
08:00
国道1号/(主)75号/国道138号/
国道246号/(主)76号
山北
10:30
(主)76号/国道246号/(県)394号/
(県)401号/東名高速御殿場IC-富士IC/
市道/(県)174号/国道1号
富士
11:53
国道1号/(県)396号/(主)10号 富士川楽座
12:39
(主)10号/(県)190号/国道52号 とみざわ
14:39
国道52号/国道469号/(主)75号/
国道139号
朝霧高原
15:51
国道139号/国道300号 しもべ
16:57

▼道の駅「富士」へのルート:
山北から(主)76号/国道246号/(県)394号/(県)401号/東名高速御殿場IC-富士IC/市道/(県)174号/国道1号 (距離:約63.9km)


自宅からまず向かったのは、神奈川の道の駅「箱根峠」「山北」の2箇所だ。これらの道中記は、関東編2003/07/27の旅日記を参照頂くとして、「山北」から次なる道の駅「富士」へ向かうあたりから話を進めよう。

もともと、「山北」から山梨県の「とみざわ」へ向かうにあたり、せっかく静岡県内を走るならば、県内の周辺の駅も廻ってしまおうという考えから、静岡県の「富士」に立ち寄ったのがこのコースを利用するきっかけであった。その後も、「山北」から山梨県内へ向かうがてら、「富士」にも立ち寄ったり寄らなかったり、そんな旅を続けている。

というわけで、道の駅「山北」から主要地方道76号を南下すると、国道246号御殿場IC方面へ。御殿場の市街地に至るまで、幸い交通量も少ないまま快調な走行が続き、それは東名高速道路に入ってからも同様であった。

ただ、富士ICから国道1号へと続く道は、かなり交通量も多め。JR新富士駅のすぐ横を通過するせいか、やはり駅周辺の道路は混雑するのだろう。といっても、流れ自体はかなり良いので、特にストレスは感じない。そうして、国道1号清水市方面へ出れば、ほどなく道の駅「富士」の駐車場が現れるはずだ。

ちなみに、今 我々が走っている清水市方面、俗に言う国道1号下り線側には、小さな軽食コーナーとトイレ、そして駐車場があるだけであり、売店や食事処があるメイン施設があるのは上り線側に配置されている。まぁ、下り線側に駐車し、連絡歩道で反対側に歩いていけるので、特に不満はない。

ほどなく現れた案内看板に従って、我々は道の駅「富士」の駐車場へと入っていった。

 
 
富士」売店をずっと支えている店員さんはフレンドリー! (静岡県富士市)
到着時刻:11:53 スタンプ設置場所:情報案内コーナー入って左側
駐車場に車を停め、歩道を経て国道の反対側へと行けば、視線の向こうには久々に見る道の駅「富士」のメイン施設があった。国道1号沿いという立地条件ゆえ、大型車だけでなく乗用車も多数立ち寄る、まさしく一般道のサービスエリア的存在な道の駅なのである。

早速、正面入口から入れば、情報コーナーの左手に早速スタンプを発見・・・って、まずはスタンプ帳を購入することから始めなくてはならないではないか、といそいそと売店へ。
「すみません、キーワードラリーのスタンプ帳ってありますか」とすぐさま店員さんに聞けば、「ありますよ、これです」と袋詰めのスタンプ帳セットを差し出す。「おぉ、なかなかのボリュームだな」と思わず口に出して言ってしまった"ほし"に、「頑張ってくださいね」と店員さんからエールだ。ちょい参加のつもりだったのだが、これは頑張らねばならぬか?と、少々盛り上がってきた"ほし"に対し、"こあ"氏はあきれ顔である。

再び、情報コーナーに置かれたスタンプの前にやってくると、袋からゴソゴソとスタンプ帳を出す。「うわっ、スタンプ帳とキーワードスタンプ帳は別々の小冊子なんだね」とペラペラとめくりながら「富士」の欄を探し、1駅目のキーワードスタンプを押印だ。
中部のキーワードスタンプといえば、昨年度まではスタンプ自身にはキーワードが書かれていなかったのだが、2003年度からはスタンプ押印面にキーワードが盛り込まれている。つまり、北海道の2002年度キーワードラリーと同方式という訳である。「今回はお金がかかってるんだなぁ」としみじみと感心していれば、いつの間にか後方にはスタンプを待つ人々がいるではないか。「あっ、すみません」とペコリと頭を下げて、その場をとりあえず去る我々。

ちなみに、キーワードスタンプ帳は押印したうえで応募に必要だが、別冊のスタンプ帳は必ず押印しなければならないという訳ではない。といっても、やはり折角訪れたならば別冊のスタンプ帳にも押印したいものである。
次に、レストランの前を通りがかり、「桜えびかき揚げ丼」の前でうらやましそうに佇んだ"ほし"だったのだが、"こあ"氏は道の駅「箱根峠」で食べた朝の蕎麦がまだ消化しきれていないらしく、「まだ入らないよ」とあえなく却下。すごすごと売店へ歩く。

売店内には、桜海老やしらす等の駿河湾名産が並ぶ他、ユニークなスナック類を発見。
それは、「桜エビフランク」と「ワサビフランク」である。今までわさび入りのウィンナーの類は食べた経験がある我々も、さすがに桜えび入りのものは初めて見るため、これには興味津々。

しかし、売店の冷凍陳列ケースには、かなりまとまった数のフランクフルトが袋詰めされているため、「これってまとめ買いしなければならないのかな」と一抹の不安を感じ、店員さんをつかまえて「桜エビフランクとワサビフランクを買いたいのですけど、これって何本かまとめて買わなければならないのですか」と聞いてみる。すると店員さん「いえいえ、1本で十分お腹にたまりますから、1本売りもしてますよ」と嬉しい回答だ。

このフランクは、その場で店員さんに温めて貰って食べられる他、持ち帰りも可能だ、というわけで、我々は持ち帰り用として購入してみる。このお味についてはまた別途お伝えしよう。

そして、フランクフルトを袋に詰める店員さんとしばし歓談、店員さんの「関東は無料なのに、どうして中部のスタンプ帳は有料なのかしら。台所事情の違いかしら」には笑わせて貰った他、我々が右だ左だ迷走しているものだから「初めて来られたお客さんかと思っちゃいましたよ」と店員さんにケラケラと笑われてしまったり。

こうして、フランクフルトと富士のお茶を大切そうに抱えた我々は、再び連絡歩道を歩いて駐車場へと戻っていった。
 
 

▼次なる道の駅「富士川楽座」へのルート:
富士から国道1号/(県)396号/(主)10号 (距離:約5km)


さて、次に向かうは富士市の西隣に位置する富士川町の道の駅「富士川楽座」である。この「富士川楽座」が東名高速 富士川SAと共通施設ということは、既に有名な話だが、今日は一般道からの訪問だ。

というわけで、道の駅「富士」を出た我々は、新富士川橋を渡るとそこには道の駅「富士川楽座」の案内看板が現れた。「おや、こんな看板、以前もあったっけ?」といいつつ、その看板に従って側道を降りると、またしても案内看板が「右折」を示している。2001年に訪れた際には、このような看板はなく、工場やら学校近くの細い道に迷い込んでしまったものだが、今日はこの看板に従っていれば、効率的にたどり着けそうだ。

そうして、早々に県道396号に出ると、あとは富士川町に向かって北上である。

 
 
富士川楽座」まるせん食堂の気になるメニューがなくなってしまいがっかり (静岡県富士川町)
到着時刻:12:39 スタンプ設置場所:富士川楽座1階案内コーナー
道の駅「富士川楽座」は、今日も大賑わい。駐車場も混雑気味であり、場内では誘導員さんが次から次へと車たちに駐車スペースを案内している。我々も無事に誘導され、ほっと一安心しながら車を降りると、"こあ"氏が誘導員さんに「ごくろうさま」と声をかけている。すると誘導員さんが笑いながら「いやぁここは混雑しているでしょう。館内も今は人でいっぱいですよ。」と教えてくれた。

そう、「富士川楽座」は一般道から訪れる車と高速道路利用者があいまり、混雑度もアップ、しかも、サービスエリア的な存在でありながら、子供が喜ぶ体験館やバーチャルシアターなど、遊べる施設もあるのだ。食事処やお土産コーナーも充実している等、幅広い年齢層に支持されている駅のひとつでもある。
というわけで、我々はまず1階入口から館内へと入ると、早速スタンプを発見、中部エリア2駅目のスタンプを押印だ。2階の体験館もチラリと覗いてみたものの、子供向けなイベント中で、さすがの我々も外からおそるおそる覗いてみるだけであった。

おっと、丁度昼過ぎで混雑しているとは思うが、ここらで昼食にしておこう、と3階の食事処「まるせん食堂」へ行ってみる。実は昨年の春にこの食堂のショーケースで、ちょっとした好みなメニューを発見したのだ。それは、様々な海の幸が、小さく区切られた重箱に可愛らしく盛りつけられている料理である。名前こそ忘れてしまったが、現物をみればきっと思い出す、そう思いつつ、いそいそと入口のショーケースを再び覗き込んでみる。ところが、ケースの端から端まで確認しても、"ほし"が気になった料理はどこにも並んでいないではないか。
がっくりと肩を落とした"ほし"の横で、"こあ"氏が「ちょっとちょっと、混んでるみたいだよ」と更なる追い打ちだ。まぁ、狙った料理が食べられないと知れば、無理にこだわる必要もないか、と別の食事処も覗いてみよう、と更に1階上のパノラマレストランへ。

3階のまるせん食堂同様、こちらのパノラマレストラン「駿河路」でも和食中心のメニューが並び、値段帯はこちらのほうがちょっと高めのようである。それでも昼時ともなればかなりの混雑、席こそ少しは空いているが、ちょっとタイミングが悪ければ待たされること間違いなしである。
今回、"こあ"氏が選んだ料理は「天ぷら御膳」、そして"ほし"は駿河湾ならばと、あれこれ悩んだあげく「桜えび御膳」だ。天ぷら御膳のほうは、えびを中心としたこじんまりとした天ぷら、そして"しらすおろし"と"茶碗蒸し""つけもの"、更にはかやくごはんがついている。

"こあ"氏いわく、「天ぷらには白飯が良かったな」とのことだが、確かに"ほし"もそう思ったりも。天つゆを含ませた天ぷらをちょっとご飯にのせながら食べる、これがまたなかなか食が進むのだ。まぁ、これは人それぞれの好みの範囲だろう。
「桜えび御膳」は、いわゆる桜えびのかき揚げがメインの定食であり、それ以外はてんぷら御膳と共通している。現物をみた時は、桜えびのかき揚げが割と小さめかと思っていたのだが、いざ食べてみるとボリューム感を感じるのは、油が重いからだろうか。

我々が食事をしている間にも、客の出入りは多く、今更ながらにこの道の駅の利用者の多さを実感するのであった。
さて、食後は軽い運動がてら、売店内を散策だ。ここの売店は既に何度も利用しているため、かなりなじみ深いのだが、まだ昼過ぎだというのに富士川楽座特製の饅頭は見当たらずじまい。既にその製品自体がなくなってしまったのか、それとも今日たまたま無かっただけかはわからないが、残念な思いを抱えながら散策を続けることになってしまった。

と、丁度かっぱまんじゅうの実演販売コーナーの前にさしかかる。富士川銘菓のかっぱまんじゅうは、この富士川楽座でしか販売していない限定まんじゅうなのだ。しかも、目の前で製造している様子をみることが出来るので、ついつい目で追ってしまう。「今回はこのかっぱまんじゅうを買って帰ろうか」
寿司コーナーも、毎度その前を通る度に買いたい衝動にかられるのだが、これからまだまだ走り回ることを考えると、なかなか購入に至らず、実はちょっと悔しい。やはり「富士川楽座」は自宅へ帰りがてら、寄りたいところだ。って、その頃には寿司も売り切れてしまっているかもしれない。あぁ、ままならぬものだ。

こうして混雑のなかの散策を終え、駐車場に戻ると、場内の車は一層増えている。
 
 

「富士川楽座」を出た我々は、主要地方道10号を北上し、山梨県南部町を目指す。そう、関東圏内へと戻るためである(関東編詳細はこちら)。といっても、山梨県最南部の道の駅「とみざわ」は、中部エリアの道の駅といっても良いのではないかと思うくらいに、静岡に近い位置にある。

道の駅「とみざわ」でスタンプを押印すると、またまた再び静岡県に逆戻り。今日は実に関東と中部の往復が続いている。

▼次なる道の駅「朝霧高原」へのルート:
とみざわから国道52号/国道469号/(主)75号/国道139号 (距離:約37.8km)


道の駅「とみざわ」を出た我々は、国道52号から国道462号に入り、富士宮市に向かうべく山道に突入だ。それにしても、この国道462号は何度走ってもその道幅の狭さに苦労させられる。いや、道の性格自体は嫌いではないのだが、今日は特に対向車が多く、その度に譲ったり譲られたりが発生するのだ。

ようやく山を越え、ふもとまで降りてくると、国道462号から主要地方道75号へと進み、ひたすら北上する。途中からは国道139号と平行して走ることになるのだが、例年通り交通量も少なく、まっすぐに続く主要地方道75号は、走っていても気持ちが良い。

まもなく国道139号と合流し、なおも北上すればほどなく右手に見えるは道の駅「朝霧高原」だ。
 

 
 
朝霧高原」悪天候でも関係無し?多くの客で賑わう高原の駅 (静岡県富士宮市)
到着時刻:15:51 スタンプ設置場所:情報案内カウンター横TVモニターの前
やはり今日も混んでいる。この「朝霧高原」が閑散としているなんて事態に陥るのは、せいぜい閉館後くらいかと、いつもそう思いながら駐車場に車を停めるのだが、今日も誘導員さんに案内されながらようやく駐車場所を確保する。

今日は残念ながら厚い雲に覆われた悪天候ゆえ、富士山も見えないが、天候さえよければかなり綺麗な富士山が見える道の駅だ。というわけで、早速建物へと近づいていけば、これまた人・人・人だらけである。特に珍しい施設があるというわけではなく、売店や休憩スペース、食事処があるだけのごく普通な構成だというのに、何故ここがこれほど人気があるのか。それは売店の混雑ぶりをみれば一目瞭然だろう。
朝霧高原ウィンナーや乳製品についつい注目してしまうのだが、今回は鱒寿司や鱒のおにぎりを発見。これがまたなかなか美味しそうではないか。そんな心そそられる商品たちをひととおり見てまわれば、ついつい両手にあれやこれやと抱えている始末だ。

そうして、いざレジに向かえば、そこで店側のちょっとした配慮に遭遇することになる。というのも、さすが要冷蔵品を多く扱う朝霧高原の売店だけあって、水を凍らせたペットボトルを買い物袋に入れてくれるのだ。これはなかなか嬉しい配慮である。
おっと、スタンプも押さなければ、と、情報コーナーを兼ねた休憩スペースへ行ってみると、スタンプ位置が例年よりも若干右に移動していることに気づく。

更に、小さな子供でもスタンプが押せるようにと踏み台まで置かれているのだ。「こうしたちょっとした配慮が、この道の駅の人気の源なんだろうな」、"ほし"はしみじみと頷くばかりであった。
「ところで今日はソフトクリームは食べないの?」、珍しく"こあ"氏が"ほし"の背中を押している。そう、道の駅「朝霧高原」といったら、ソフトクリームやアイスクリームの類も人気のひとつなのだ。「うーむ、こけももソフトは以前食べたしな。」と、ふとソフトクリームカウンターの方へと視線を向けると、なにやら「期間限定ももアイス」なるものが目がとまる。「よしっ、これだ」

というわけで、今回購入したのは、"ほし"にしては珍しくアイスクリームである。もともと、アイスよりもソフトクリームを好む"ほし"としてはかなり珍しい選択なのだが、「期間限定」と聞いたらやはり食べずにはいられない、実に日本人的な性格である。そうして、まるで子供のように嬉しげにアイスクリームを手にした"ほし"は、"こあ"氏のもとに戻ってきた。
「ほら、これが期間限定ももアイス」、そう言うと"ほし"は"こあ"氏の目の前にアイスを突き出す。白桃ベースのクリームに黄桃果肉がたっぷり入っており、「うわっ、これって桃を食べているような気分になるね」とその美味しい味わいに顔もほころぶ"ほし"。"こあ"氏も「確かに美味い。でも、1個食べるとちょっと寒くなりそうだな」、そういえば、現在の朝霧高原はかなり肌寒い。

それでも、「いや、寒さをふきとばす美味しさだよ、これは」と、食べ出したらもうとまらない、"ほし"はあっという間に平らげてしまったのである。

こうして、朝霧高原を満喫したは良いが、ついついのんびりと休憩してしまった。「次はまた山梨に戻るのでしょう?時間は?間に合うの?」、あぁ、"こあ"氏の言葉が耳にささる。まだまだ我々の旅は終わった訳ではなかったのだ。
 
 

結局、「富士川楽座」と「朝霧高原」でのんびり過ごしすぎてしまったことが原因でか、次に向かった山梨県「しもべ」(関東編詳細はこちら)で本日の旅は終了となってしまったのであった。まぁ、いくらスタンプラリーな旅だからといって、時間ばかりにとらわれてしまっては、元も子もないと思ってはいるものの、スタンプ帳を手にすると、何故か「ひとつでも多くの駅に行こう」という気持ちが湧いてくるから困ったものである。

「駅を堪能する」「1日でひとつでも多くの駅を訪れる」、この狭間で毎度毎度悩まされるのが、スタンプラリーな旅なのかもしれない。ただ、折角訪れた道の駅、やっぱり楽しまなければ勿体ない、これが今も昔も変わらぬ我々の心である。

ところで、今回はわざわざ中部編を独立してお届けしたわけだが、もしかしたらこのまま中部2003年編は終わってしまうかもしれないし、あと数回は掲載する機会に恵まれるかもしれない。これはまったくもって未定であるので、その点はご了承願いたい。

次の旅は全くもって未定


スタンプラリー参戦日記インデックスへ 中部キーワードラリー2003インデックスへ
総合案内ページに戻る

ご意見・ご感想・ご要望は、ふゆのほしまで。
Copyright(c)2000-2004 ふゆのほし All rights reserved
本サイトに掲載されている全ての内容の無断使用を禁じます。
最終更新日:2003年08月05日