総合案内に戻る

道の駅をたずねて何千キロ
道の駅でみつけたミニ情報

サイトの更新がなかなか追いつかず、折角出逢った道の駅情報をリアルタイムにお届けできずじまいなことがあるので、現在、トップページで「ミニ情報」として、逐次紹介している。
ここではトップページで紹介した過去の情報を掲載。



2004.08.12発行
全国に新たな道の駅が「43駅」誕生! 計785駅

2004年8月10日、国土交通省により、「第20回道の駅登録」が発表、従来の742駅から新たに「43駅」が登録され、合計785駅となった。内訳として、
北海道:03駅(十勝(1)・道央(1)・道北(1))
東北地方:09駅(岩手(1)・宮城(2)・秋田(3)・山形(1)・福島(2))
関東地方:10駅(茨城(1)・栃木(2)・埼玉(3)・千葉(3)・山梨(1))
中部地方:04駅(岐阜(2)・静岡(2))
北陸地方:03駅(石川(3))
近畿地方:02駅(滋賀(1)・奈良(1))
中国地方:02駅(山口(2))
四国地方:02駅(徳島(1)・高知(1))
九州地方:08駅(福岡(1)・大分(3)・宮崎(1)・鹿児島(3))
となっている。既に供用されているものもあれば、まだ建設中のものもあるので、市町村のWebサイト等を確認のうえ、訪れた方が良さそうだ。

詳細については、国土交通省の報道発表資料をチェックしよう。
 
2004.04.23発行
各地で道の駅スタンプラリー開始!

毎年恒例の「道の駅スタンプラリー」の季節がやってきた。開催期間は各地区によって異なるが、ゴールデンウィーク前後に開始する地区も多い。道の駅スタンプラリーといえば、地区内の各道の駅を周りながら指定のスタンプ帳にスタンプを押印し、規定の数以上になれば各賞に応募できるといったものだが、詳しくは各道の駅連絡会・国土交通省各地方道路局のWebサイトをチェックしよう。

北海道地区(開催期間:2004年4月17日〜11月3日) 詳細は北海道道の駅連絡会
東北地区(開催期間:2004年4月24日〜11月3日) 詳細は東北地方整備局
北陸地方(開催期間:2004年4月24日〜10月31日) 詳細は北陸地方整備局

関東や他の地区も夏前後には開催されるのではないだろうか。全駅制覇を目指すのもよし、マイペースに参加するのもまた良し、どうぞ楽しい旅を。
 
2003.08.11発行
全国に新たな道の駅が「42駅」誕生! 計743駅

2003年8月8日、国土交通省により、「第19回道の駅登録」が発表、従来の701駅から新たに「42駅」が登録され、合計743駅となった。内訳として、
北海道:7駅
東北地方:2駅(青森(1)・宮城(1))
関東地方:5駅(栃木(1)・群馬(1)・埼玉(1)・千葉(1)・長野(1))
中部地方:6駅(岐阜(5)・静岡(1))
北陸地方:6駅(新潟(2)・石川(4))
近畿地方:4駅(滋賀(2)・京都(1)・大阪(1))
中国地方:6駅(鳥取(1)・岡山(1)・広島(2)・山口(2))
四国地方:1駅(愛媛(1))
九州地方:4駅(熊本(2)・大分(1)・長崎(1))
沖縄:1駅
となっている。既に供用されているものもあれば、まだ建設中のものもあるので、市町村のWebサイト等を確認のうえ、訪れた方が良さそうだ。

特徴に満ちた箇所も増え、経由地から既に目的地となりうる場所となった道の駅、さぁ、出かけてみよう。(右の写真は、2002年の時点で、道の駅きつれがわ(栃木県)の観光案内コーナーに掲示されていた県内道の駅の紹介板。今回新たに登録された大田原市の道の駅「那須与一の郷」と思われる位置が空欄として用意されていたとは・・・)
 
2003.06.11発行
道の駅フリークの新コレクターズアイテムとなるか
「道の駅記念入場きっぷ」

2003年4月25日から、全国各地の道の駅で「道の駅記念入場きっぷ」なるものが販売開始された。北海道では既におなじみの道の駅プレートやキーホルダー等に加えて、全国規模における道の駅コレクターズアイテムとなるかと大いに期待している。しかしながら、全国のすべての道の駅で販売しているという訳ではなく、販売開始してから1ヶ月が過ぎた現在、取り扱っている駅はまだまだ少ないのが残念。道の駅によっては存在すら知らないところもある(某駅では「なんですか?それ」と逆に聞き返されてしまったりも)ので要注意。

といっても、利用者の要望が高ければ、更に導入されるのではないかと勝手ながら楽しみにしている。皆さんも道の駅へ立ち寄った際には、切符を探してみてはいかがだろう。1枚160円、その場で日付印を押すタイプ。販売元は、民間の観光関連の非営利団体(法人)。切符と共に、専用ホルダー(1,500円)も販売中だ。
 
2003.04.19発行
道の駅スタンプラリー「花半島・伊豆」ただいま開催中!

伊豆に位置する3つの道の駅「伊東マリンタウン」「天城越え」「花の三聖苑伊豆松崎」では、2003年4月01日から06月15日まで、道の駅スタンプラリー「花半島・伊豆」と称し、スタンプラリーを開催中だ。
専用の用紙に3駅のスタンプを押し、先着300名にホンダグッズが当たる他、抽選で特産品が当たるらしい。また、スタンプが押された専用用紙を提示すれば、観光施設(指定箇所)の入場料金割引等の特典もあるので、この機会に是非参加してみてはいかがだろう。スタンプはいずれも営業時間内のみ押印可能だ。

伊東マリンタウン:静岡県伊東市湯川571-19
天城越え:静岡県田方郡天城湯ヶ島町湯ヶ島892-6
花の三聖苑伊豆松崎:静岡県賀茂郡松崎町大沢20-1
 
2003.01.15発行
なんと、道の駅が昼ドラマの舞台として登場だ。2003年1月6日からTBSテレビで放映開始した「またのお越しを」は、由緒こそあれど現在では客足が遠のいてしまった「帝鴎ホテルあすなろ湖」の再建に挑む物語である。そして、栃木県の道の駅「明治の森・黒磯」の敷地内にある青木別邸が、この「帝鴎ホテルあすなろ湖」として登場する。実は、最初にこのドラマを見た時点では、道の駅が登場するとは全く知る由もなかったため、「あれ、このホテル、どこかで見たことがあるぞ」とテレビの画面を凝視。そう、あの青木別邸だったのである。

駅の職員さんによれば、ドラマではあくまでも青木邸の外観のみを使用し、ホテル内部はセットだとか。なお、ドラマは毎週月〜金曜日 TBSテレビ13:00〜13:30放映、全45回だ。出演:原千晶,岡田浩暉,織本順吉,佐々木すみ江 他

住所:栃木県黒磯市青木27-2455 
 
2002.12.26発行
2003年春に供用予定である山梨県の道の駅「富士吉田」は、現在物産館を建設中だ。雪の日だというのに工事関係者が作業している。なお、この場所は丁度国道138号沿いである「ふじやまビール」の裏手に位置するため、道の駅が完成すればふじやまビールと共に観光スポットのひとつになるだろう。なお、道の駅は横広がりな構造で、予想以上に大きな物産館のようである。完成が楽しみだ。

住所:山梨県富士吉田市新屋1936番地 
2002.12.24発行
千葉県の道の駅「三芳村」では、クリスマスシーズンになると、鄙の里前の広場で華やかなイルミネーションをしている。写真では少々地味に見えるのだが、実際は電球が点滅する風景がなんとも美しい。

お近くの人は是非覗いてみてはいかがだろう。
住所:千葉県安房郡三芳村川田84-1 
2002.12.11発行
千葉県の道の駅「ちくら・潮風王国」の食事処「はな房」では、2002年12月14日から29日までの金・土・日曜日、そしてクリスマスの23,24日には、なんとお好み寿司が半額になるらしい!但し、半額になるのは17時からなのでご注意を。(はな房の店員さんから情報を頂きました!)

ビントロや旬の魚のにぎりはどれも美味しさに定評がある、お薦めの食事処だ。
住所:千葉県安房郡千倉町千田1051 

総合案内ページに戻る

ご意見・ご感想・ご要望は、ふゆのほしまで。
Copyright(c)2000-2004 ふゆのほし All rights reserved.
本サイト内のすべての内容の無断引用・複製・転載を禁じます。
最終更新日:2004年04月23日