ふゆのほし的「道の駅」ご案内   道の駅をたずねて何千キロ
道の駅 なるさわ
 

中央自動車道 河口湖ICから国道139号を上九一色村・精進湖方面へと走ると、その途中左手に大きな駐車場が見えてくる。これが道の駅「なるさわ」の目印だ。利用者も多く、大駐車場も売店も大賑わいだ。

道の駅「なるさわ」には、富士山博物館が併設されていたり、また温泉施設も隣接しているので、ゆっくりくつろぐにももってこいの駅。駐車場も大型車両がかなりの台数が停められるようだ。ここ近年、オートキャンプが流行しているせいか、駐車場でキャンプをする利用者が増えているのだが、駐車場には「オートキャンプ禁止」の看板が立っている駅としても有名かもしれない。


なるさわスタンプ
 
 
道の駅基本データ
場所/地図 山梨県南都留郡鳴沢村字ジラゴンノ8532-63
沿線 国道139号
駅付近の交通量 午前:★★☆(普)
午後:★★★(多)
夜間:★★☆(普)
連絡先 0555-85-3900
各施設開館時間 08:30〜17:00(休憩室,案内所)
09:00〜21:00(物産館)
 ※冬期は〜18:00
休館日 無休
月曜日(富士山博物館)
駐車場 280台(大:17 普:259 身障者用:4)
トイレ数 男:16 女:12 身障者用:4
石鹸:無
印象に残った名産品、
珍しいもの等
富士桜ワイン、キャベツ
鳴沢菜 高原野菜など
訪問履歴 6th:2003/08/03 11:14 5th:2002/08/03 10:36
4th:2001/10/27 14:12 3rd:2001/07/14 10:07
2nd:2001/07/01 11:54 1st:2000/07/20 15:19
 
 

 

施設内容
JAなるさわ物産館
軽食コーナー
観光案内所
休憩室
なるさわ富士山博物館
自然散策路
スタンプ:観光案内所
 
見取り図
 

 

道の駅制覇し隊 この駅どんな駅?みつぼしチェック
目玉なお買い物度 ★★★ JAなるさわ物産館には高原野菜いっぱい、その他道の駅なるさわのオリジナルワイン、キャベツワイン等オリジナル色強いものが並ぶ。
食事しましょう度 ★★ 軽食コーナーでは、うどん・そば・各種定食等が味わえる。
ちょいと休憩度 ★★★ 屋内休憩所がある他、天気が良ければ富士山が非常に綺麗に見える場所ゆえ、それだけでもリフレッシュ出来てしまいそうだ
ゆったり休憩度 ☆☆☆ 道の駅敷地内ではないのだが、温泉施設(富士眺望の湯ゆらり)が隣接している。
ここで遊ぼう度 ☆☆☆
文化に親しもう度 ★★ なるさわ富士山博物館(有料施設)で、富士山の神秘を知ろう
トイレ印象度 ★★★ 施設自体は普通だが、清潔度は良好だ。
訪問時混雑度 ★★★ 駐車場自体がかなり広いのだが、それでも休日にはかなりの台数が集まる道の駅だ。休日、日曜日の昼間訪れる場合はある程度の覚悟をして来よう。
身障者への配慮 駐車場から各施設へはスロープ有り。身障者用トイレも男女分かれている。

道の駅ギャラリー
次に「なるさわ」を様々な角度から撮影した写真をお楽しみいただければと思う。ってそんな大層な写真はないのだが、少しでも雰囲気を感じてもらえれば幸いである。
通路からみる道の駅「なるさわ」
横広がりな構造

 

JAなるさわ物産館内
特産のキャベツが手前にチラリ!
休日は混雑の軽食コーナー
ここで富士桜ソフトも買えるぞ

 

軽食コーナーのお隣は休憩室だ そしてその隣には観光案内所
スタンプもここで押せるのだ
(最近スタンプの老朽化が気になるぞ)

 

不尽の名水
瓶に詰めて帰る人も多い
井戸型溶岩樹型
詳しく知りたい人は富士山博物館へ!

 

こちら「富士山博物館」
富士山の神秘にせまる!

 

ここが博物館の入口 富士山の模型 富士山クイズに挑戦だ

 

分かりやすい展示コーナー 富士山の溶岩 ボックスの蓋にクイズ
中を開ければ答えが?

 

道の駅「なるさわ」から見た富士山
今度は冬に是非訪れたい

 

道の駅「なるさわ」の隣に位置する温泉施設
富士眺望の湯「ゆらり」

道の駅チェックレポート
道の駅にはそれぞれ特徴がある。我々「道の駅制覇し隊」が実際に道の駅を訪れたなかで、見どころや気になるところなどをレポートする。時にはべたぼめあり、辛口も混ぜておおくりするが、あくまでも一個人のレポートゆえ、人によっては異なった感想をもたれる場合もあるかもしれない。その点は予めご了承願いたい。
 
 
駅内チェック:道の駅で見つけたオリジナル商品たち
物産館は、JAが経営しているということもあってか、新鮮農産物が豊富だ。野菜の他にはや富士山や甲州土産が多数揃っている。そんななか、やはり目につくのは特産といわれるキャベツワインに富士桜ワインだ。更に、物産館奥には桃の菓子類がズラリと並んでいる。山梨といえばなんといっても桃やらブドウ等で知られるフルーツの里、だからこその品揃えだろう。
     
鳴沢といったらキャベツ ブルーベリー 鳴沢うどん
     
クローズアップ:おばあちゃんの味「手作りまんじゅう」
「なるさわ村のおばあちゃん達の手作りです」と書かれた看板の下に並んだまんじゅうは「よもぎ味」と「もろこし味」の2種類。

売店内にいると、結構このまんじゅうを買っていく姿を見かける。我々も例に漏れず、購入して食べてみたところ、もろこし味の方は小麦まんじゅうとあまり変わらない味と感じたものの、「よもぎ味」のほうは、よもぎの香りがほんのりして美味しい。中のつぶあんともマッチした味わいだ。皮自体はあまりふんわりしていない。
クローズアップ:なるさわの特産品といったら?「きゃべつワインと富士桜ワイン」
なんと関東道の駅スタンプラリー2000の抽選に"こあ"氏が見事当選した。その賞品がこの道の駅「なるさわ」の特産品であるきゃべつワインと富士桜ワインだ。

このきゃべつワインは、鳴沢高原特産のキャベツ60%と甲州ぶどう40%からなるヘルシーワインだが、なかなか独特な味わいのせいか賛否両論ありそう(まぁ、味なんて賛否両論あって当たり前だが)。ちなみに"ほし"は、口あたりの爽やかなワインが好きな為、何時までも口に残る甘みをもつきゃべつワイン、富士桜ワインの味はちょっぴり苦手。
駅内チェック:道の駅で見つけたオリジナル商品たち
JA物産館でみつけた道の駅オリジナル商品は、その名もずばり「道の駅なるさわオリジナルワイン」だ。赤・白・ロゼ各種あり、ラベルには鳴沢村キャラクターのふじさんも描かれている。ロゼはやや甘口、そして白は甘口、赤はライトボディだ。道の駅土産に加えたい一品といったところだろう。

また、観光案内所では道の駅なるさわのオリジナルテレホンカード、そしてステッカーを販売している。とにかく種類が多いので、どれを買うか迷ってしまう。ふじさんの限定デザインもあるのだが、これには道の駅表記が無いのがちょっと残念だ。
     
オリジナルワイン オリジナルワイン陳列棚 ステッカー
     
駅内チェック:軽食コーナーの「富士桜ソフトクリーム」は?
軽食コーナーでは、特産の「富士桜」を使ったソフトクリームを販売している。これは、富士山に自生する富士桜の実を原料としたもの。うっすらピンクのとても綺麗なソフトなのだが、さぁそのお味のほうはいかがだろう?

というわけで、実際に食べてみた。見た目の優しいピンク色に相反し、どちらかといえばさっぱり目の味。つまり、よくソフトクリームにありがちの「甘ったるさ」なるものは一切無い。(全体的に味が薄いような感覚に陥ったのだが、それはこの道の駅へ来る直前、別の駅で他のソフトクリームを食べたばかりだったからかもしれない) 一般的にはサクランボ的な味と表現する人が多いが、うむむ、この味は一度食べただけではうまく語れないちょっぴり不思議な味。

実はこの富士桜ソフト、結構人気が高いらしい。気になる人は是非経験してみよう、富士桜ソフト。
駅内チェック:不尽の名水に皆群がる
なるさわ富士山博物館の斜め前、いや、屋外トイレの前辺りには、「なるさわ不尽の名水」なる湧き水がある。この水を求めて瓶やペットボトルを手にしたおじいちゃんおばあちゃんからおじさんおばさん、若い男女までが、どっと集まっているのが印象的だ。さてこの名水、石碑によれば、「富士山に降った雪や雨が浸透し、地下を深く長い年月をかけて麓に流れくだり、それを300mの深さまでボーリングし汲み上げた富士山の水」ということだ。
駅内チェック:なるさわ富士山博物館でもっと富士山を知ろう
道の駅「なるさわ」からも非常に美しく見える富士山、その富士山の外観の美しさだけでなく、もっと奥深く知ることが出来る場所、それが「なるさわ富士山博物館」である。

ここでは富士山の歴史やその内部を映像や模型で紹介している他、富士山カルトクイズに挑戦出来る端末等も面白い。
入館料 大人800円 中高生700円 小学生600円
休館日 月曜日(夏期は無休)
開館時間 09:00〜17:00
駅内チェック:Pキャンプ派に人気の「なるさわ」だが・・・
雄大な富士山、数々の景勝地、そして施設自体も揃ったこの道の駅「なるさわ」はPキャンプ派の人たちにも人気の駅だ。しかし、ブームにのって始めた一部の不届き者キャンパーたちによる駐車場等での傍若無人な振る舞いに、さすがに駅側も怒ったのか、何年前からだろうか「オートキャンプ禁止」の看板が駅内のあちこちに立てられた。勿論、それはキャンプ場のごとく車からテーブルを出したり洗濯物?を干したりといった「そんなことをここでやるか?」といった一部の利用者への警告。

道の駅としては、ドライブに疲れた時に安心して休憩できることが駅の機能のひとつでもあるので、車内での仮眠等はその範囲内だ。というわけで、くれぐれもPキャンプをする場合は、「ここは公共施設の駐車場である」といったことを忘れない行動で望んで欲しいぞ。
駅周辺チェック:道の駅に隣接した温泉「富士眺望の湯ゆらり」は16種類の湯!
道の駅の隣には大きな温泉施設がある。道の駅「なるさわ」と共にこの温泉施設も有名ゆえ、既に利用した人も多いのではないだろうか。施設内には16種類の湯があり、楽しみながら入浴出来そうである。
風呂の種類 霊峰露天風呂/洞窟風呂/塩釜蒸し風呂/霊峰湧水風呂/砂むし風呂/目薬の木風呂/かまど風呂/幸福の石風呂/炭風呂/水晶風呂/桧風呂/香り風呂/高見風呂/五右衛門風呂/うたせ湯/迎賓風呂
泉質 カルシウム、マグネシウム、ナトリウム、硫酸塩、塩化物温泉(弱アルカリ性低調性低温泉)
適応症 切り傷、やけど、慢性消化器病、虚弱体質、慢性婦人病等々
料金 大人(1,200円) 子供(600円) 19時以降は1,000円
住所 山梨県南都留郡鳴沢村8532-5
問い合わせ 0555-85-3126
営業時間 10:00〜22:00
休館日 無休
 
 

home  地方indexへ戻る 山梨県indexへ戻る

ご意見・ご感想・ご要望は、ふゆのほしまで。

MapFanWebは、インクリメントP株式会社のインターネット地図検索サービスです。
地図へのリンクはMapFanWebの利用規程に基づいています。
Copyright(c)2000-2003 ふゆのほし All rights reserved.
本内容すべての無断複製、引用、転載を禁じます。
データ作成日:2000年07月26日 最終更新日:2003年09月06日