ふゆのほし的「道の駅」ご案内   道の駅をたずねて何千キロ
道の駅 南きよさと
◆南八ヶ岳花の森公園◆

中央自動車道 長坂ICから主要地方道32号を高根町方面へと走り、国道141号を北上すれば右手に見えてくるのは道の駅「南きよさと」南八ヶ岳花の森公園である(中央自動車道 須玉ICから国道141号を北上するルートもあり)。

道の駅「南きよさと」のもともとの名称は、南八ヶ岳花の森公園。これが2002年に道の駅として登録された。「南八ヶ岳花の森公園」自体は、2000年7月7日にオープンしたフラワーパークであり、農業等の各種体験交流施設的な要素を含んでいる。園内は、川沿いの施設(特産品販売施設、視聴覚室、レストラン、広場等)と、山頂の施設(加工体験施設、わんぱく広場、軽食、農園、植物園等)のふたつのエリアからなっており、それらをリフトカー「こいのぼり号」で結んでいるのだ。リフトカーは有料ゆえ、他に散策路でも山の上へ向かうことは出来るらしいが、ここはなんといっても「乗ってるだけで楽しい」リフトカーの方がお薦めだ。


 
 
 
道の駅基本データ
場所/地図 山梨県北巨摩郡高根町長沢760
沿線 国道141号
駅付近の交通量 午後:★★☆(普)
連絡先 0551-20-7224
各施設開館時間 10:00〜17:00
※夏期は09:00〜18:00
休館日 無休
駐車場 320台(大:6 普:312 身障者用:2)
トイレ数 男:20 女:13 身障者用:3
石鹸:無
印象に残った名産品、
珍しいもの等
新鮮野菜
清里ミルクプラントの乳製品など
訪問履歴 3rd:2003/08/03 15:05
2nd:2003/05/25 13:58 1st:2002/08/25 12:25
 
 

 

施設内容
農産物直売所
レストラン「ほたる」
観光案内コーナー
視聴覚研究室・休憩室
花木加工体験施設「花工房緑の館」
わんぱく広場(山頂側)
2000年広場/屋外ステージ(売店側)
スタンプ:エントランス
 
見取り図
 

 

道の駅制覇し隊 この駅どんな駅?みつぼしチェック
目玉なお買い物度 ★★ 直売所は野菜中心の品揃えだが、清里ミルクプラントの牛乳や飲むヨーグルト、チーズ等もある。
食事しましょう度 ★★ カレーや丼、そば・うどん等のメニューの他、山梨ならではのほうとう、おざら等もあり。しかし、やはり要チェックはオリジナル色の強いソフトクリームだろう。
ちょいと休憩度 ★★ 休憩室で高根町の観光案内ビデオを見ながら一息つくのも良いが、やはり公園内を散策しながら季節の花々にふれて気分もリフレッシュしたい。(しかし、夏はあまりに暑いので園内散策をする場合は熱中症に注意だ)
ゆったり休憩度 ☆☆☆
ここで遊ぼう度 ★★★ 全面芝生の広場で遊びたい。ちょっとした遊具ならば無料で貸してくれるらしい。
ここで体験度 ★★ 山頂エリアでは押し花や石釜ピザ作り、更には山菜や野菜等の収穫体験も可能だ。
文化に親しもう度 ☆☆☆
トイレ印象度 ★★ 売店側のトイレは設備も清潔度も普通だが、山頂エリアのトイレは新しさを保ち清潔度も良好(ベビーベッドやエアタオルもあり、手洗い所は花が置いてある)。
訪問時混雑度 ★★★ 休日を中心に日中は混雑気味。といっても駐車可能台数は多いので、建物から離れた駐車エリアならば余裕あり。
身障者への配慮 駐車場から各施設へはスロープ有り

道の駅ギャラリー
次に「南きよさと」を様々な角度から撮影した写真をお楽しみいただければと思う。ってそんな大層な写真はないのだが、少しでも雰囲気を感じてもらえれば幸いである。
山頂エリアのギャラリーは別ページに設けたので興味ある人はこちらへ!
道の駅「南きよさと」遠景

 

この看板が目印だ! こちらがエントランス遠景

 

道の駅として登録されてまもなく訪問した際には
花文字で「道の駅」と描かれたエントランス
そして2003年5月に訪問してみると
花文字は「南きよさと」に変わっていた

 

2003年8月に再訪問してみると
花文字が消えていた?(ちょっと残念)
まずは施設案内図を見ながら
場内を把握しよう

 

エントランスをくぐり右手にある建物は
パンフレットによれば「林産物直売所」
林産物直売所内はこのように展示販売されていることもあれば、全く何も置かれていないこともあったり??

 

エントランスをくぐり左手の風景
直売所や休憩場所等があるのだ
直売所はこじんまりとした規模だが
新鮮野菜が並ぶ

 

視聴覚室(休憩室)では
高根町の観光ビデオを上映
観光ビデオを観ながら一息つくとしようか

 

エントランスをくぐり正面を歩いていくと・・・

 

右手にみえるはレストランだ 天井が高いレストランはセルフサービス方式

 

レストラン横は水上テラスになっている 2000年広場で遊んでいくのも良さそう

 

"ほし"が最も好きな風景
池と遊歩道は夏に歩いても涼しげだ

 

夏の花エリアは少々地味かな? さぁ、リフトカーにのって山頂エリアへ
行ってみよう
山頂エリアの風景写真はこちら

道の駅チェックレポート
道の駅にはそれぞれ特徴がある。我々「道の駅制覇し隊」が実際に道の駅を訪れたなかで、見どころや気になるところなどをレポートする。時にはべたぼめあり、辛口も混ぜておおくりするが、あくまでも一個人のレポートゆえ、人によっては異なった感想をもたれる場合もあるかもしれない。その点は予めご了承願いたい。
 
 
駅内チェック:直売所でみつけた高根町の特産品たち!
エントランスをくぐると、左手に位置するのが農産物直売所だ。「農産物直売所」の名にふさわしく、とにかく新鮮野菜を中心に陳列している。その他、高根町内にある「清里ミルクプラント」の乳製品(牛乳や飲むヨーグルト、カマンベールチーズ)あたりは目につきやすい。

山頂エリアで販売している押し花商品等も置いてあるので、思い出代わりに買って帰るのも良さそうだ。また、エントランスをくぐった右手の施設も売店らしきフロアと思っていたのだが、林産物やドライフラワー等が並ぶ館内に遭遇することもあれば、はたまた、館内は全く"もぬけのから"の時もあったり(パンフレットによれば、林産物直売所と掲示されている)。
新鮮野菜 押し花アート 炭のアート
     
クローズアップ:清里ミルクプラントの乳製品たち
高根町内にある「清里ミルクプラント」では、清里高原の酪農家たちが造った牛乳工房だ。ここでは、清里の厳選した牛乳製品を製造販売しており、主に牛乳・飲むヨーグルト・チーズ・ソフトクリームを提供している(ソフトクリームを食べたいならば、清里ミルクプラントを訪れる必要があるが)。

牛乳は、低温殺菌牛乳(63度で30分間の殺菌)で自然の旨みそのまま、そして飲むヨーグルトは添加物を一切使用していないという。

実際に牛乳・飲むヨーグルト・カマンベールチーズを購入して飲食してみたのだが、確かに牛乳は飲みやすくどことなく甘さを感じたりも。飲むヨーグルトはやや酸味が強めだった。そして、特にこのなかで気に入ったのが、カマンベールチーズ。実にクリーミーでマイルドな口あたりなのだ。これは次回も是非買いたい一品である。

余談、しかも大いなる主観だが、これらの製品に採用されているパッケージは、まさしく"ほし"好み。赤を基調とし、オレンジと白の文字がなかなか可愛いのだ。
牛乳 飲むヨーグルト カマンベールチーズ
     
駅内チェック:レストランでオリジナル色なソフトクリームを味わってみよう
レストラン「ほたる」はセルフサービス式の食堂、カレーや牛丼、とろろめし、ラーメンやうどん・そば等の、割と何処ででも食べられるメニューに加えて山梨な味(ほうとうやおざら)を楽しめる。勿論、食事の他に、フランクフルトやアメリカンドッグ、枝豆等の軽食メニューもあるので、腹の空き具合で選択できるのが嬉しい。

そして、ここにはユニークなソフトが2種類もあるのだ。その名も花の森公園らしい「チューリップソフト」と山梨ならではの「信玄ソフト」、さぁ、その味については以下を参照にして欲しい。
クローズアップ:花の森公園のオリジナル定番ソフト「チューリップソフト」(300円)
花いっぱいの公園ならではの"花"ソフトクリームは、既にここの定番品だとか。チューリップの加工食品はたまに見かけるのだが、チューリップの味とはこういうものだといった明確な記憶がないので、「これぞチューリップ」といった味なのかはいまひとつ分からない。といっても、独特な花の香りと味わいが口いっぱいに広がることは確か。

今回はバニラとのミックスを食べてみたのだが、バニラの味自体もミルクたっぷりでかなり美味い。やはり、八ヶ岳の牛乳たっぷりのソフトであることを実感させられる。
クローズアップ:信玄餅が入った不思議な味わい「信玄ソフト」(350円)
2002年夏の時点では見かけなかったのだが、2003年5月に訪問した際にユニークなソフトを発見、それが「信玄ソフト」である。その名前を目にした時、「もしかしたら山梨の定番土産である信玄餅と何らかの関係があるのか」と予想したのだが、それは大当たりであった。

そう、これはバニラソフトの横に信玄餅がトッピングされ、更にクリームの上にもきなこと黒蜜がかかっているから、「信玄ソフト」というわけだ。信玄餅が1個しか入っていないあたりは少々物足りなさを感じるのだが、350円で販売する以上それも仕方がないのかもしれない。それにしても、バニラクリームときなこの組み合わせはなかなかユニークであり、独特のコクを引き出している。
駅内チェック:山頂エリアで自然とふれあいながら様々な体験をしてみよう!
リフトカーに乗って山頂に上がると、花の公園や広場と共に様々な体験ゾーンが広がっている
青空農園では、野菜や山菜、キノコ等の収穫体験、花工房 緑の館では押し花等の体験が可能である。

勿論、体験する時間がどうしてもとれなくて・・・といった人には、押し花等の商品を購入することもできるので、工房を覗いてみるだけでも楽しい。
体験内容(2003年入手時パンフレットから要約)
野菜・山菜・キノコ等の収穫体験 約30分 500円より
押し花 30分 600円より
草木染め 2時間 1,500円より
ほうとう作り 2時間 1,500円より
石釜手作りピザ 1時間 1,500円
 
 

home  地方indexへ戻る 山梨県indexへ戻る

ご意見・ご感想・ご要望は、ふゆのほしまで。

MapFanWebは、インクリメントP株式会社のインターネット地図検索サービスです。
地図へのリンクはMapFanWebの利用規程に基づいています。
Copyright(c)2003 ふゆのほし All rights reserved.
本内容すべての無断複製、引用、転載を禁じます。
データ作成日:2003年09月08日 最終更新日:2003年09月08日