ふゆのほし的「道の駅」ご案内   道の駅をたずねて何千キロ
道の駅「にらさき」
HOME > 関東 > 山梨県 > 道の駅 にらさき > 道の駅よもやま話
銀河の駅にらさき、「銀河」の由来って?
スタンプを見てもいろんな説明を見ても道の駅「にらさき」は「武田の里」と書かれているのだが、実際に道の駅に行ってみると、武田の里というよりも「銀河の駅」をアピールしているようだ。

さて、この「銀河の駅」ってどういう意味なんだろうと"ほし"は気になったので、物産コーナーの店員さんに聞いてみた。すると、中央本線の夜行列車がまるで銀河鉄道のように見えること(銀河鉄道といえば宮沢賢治の小説で有名ですよね)、そしてその宮沢賢治氏の親友であった保坂嘉内氏が晩年この付近に住んでいたことが由来だ、ということを教えてもらった。後でいろいろ調べていたら、韮崎市内の穂坂町宮久保の茅ケ岳広域農道沿線(途中まで県道616号)に銀河鉄道眺望地の看板がある。そこから南アルプス方面を見渡すと、中央本線の夜行列車が 銀河鉄道のように見える、といった事が分かった。(2000年8月レポート)

 

 

道の駅詳細レポート帳
各道の駅内で特に細かくチェックした内容について、別途「詳細レポート」として掲載している。
赤いアイコンをクリックすると各レポートページにジャンプする。フォトギャラリーと合わせて御覧頂きたい。
フォトギャラリー道の駅よもやま話地域よもやま話売店レポート駅グルメレポート温泉・宿泊レポート遊ぶ施設レポート見る施設レポート体験施設レポート公園広場レポートキャンプ場レポート
詳細レポート-記事タイトル-
写真でつづる道の駅ギャラリー(フォトギャラリー)
銀河の駅にらさき、「銀河」の由来って?(道の駅よもやま話)
「新府焼ごめ」にみる武田の里/銀河の駅にらさきオリジナルワイン(駅みやげレポート)
軽食コーナーで食べたい巨峰ソフト!(駅グルメレポート)
駅の向かいに「ゆーぷる韮崎」、巨大温泉施設だ!(温泉施設レポート)
 
訪問履歴:6回(6th:2005/08/14 10:23 5th:2004/08/08 15:52 4th:2003/08/03 14:12
3rd:2002/08/25 11:31 2nd:2001/07/01 16:16 1st:2000/08/12 17:55)
HOME > 関東 > 山梨県 > 道の駅 にらさき > 道の駅よもやま話

ご意見・ご感想・ご要望は、ふゆのほしまで。
MapFanWebは、インクリメントP株式会社のインターネット地図検索サービスです。
地図へのリンクはMapFanWebの利用規程に基づいています。
Copyright(c)2000-2005 ふゆのほし All rights reserved.
本内容すべての無断複製、引用、転載を禁じます。
データ作成日:2000年08月17日 最終更新日:2005年09月25日