ふゆのほし的「道の駅」ご案内   道の駅をたずねて何千キロ
道の駅「しもべ」
HOME > 関東 > 山梨県 > 道の駅 しもべ > 駅グルメレポート
日本情緒いっぱいのそば処、ここで食事したい人は時間に気を付けて!
公園内にあるそば処「木喰庵」では、地元産のそば粉を使った「二八そば」が食べられる。「みつぼしチェック」でも既に掲載しているが、「木喰庵セット」は盛り蕎麦・山菜おこわの他に「長芋月見羹」なるものがついてくる。この「長芋月見羹」はここ木喰庵のオリジナル料理で、温泉卵をとろろ長芋で包み込んだもの。

しかし、気を付けなければならないのは、ここの営業時間が11:00〜14:30と短いことだ。ここでの食事を考えている人は、時間帯に気を付けながら駅へ向かおう。
 
何度でも食べたい「山菜おこわセット」
山菜おこわには、山菜の他にクルミも入っており、これがまた良い味を引き出している。ただ中セイロでは物足りなさを感じるのは我々だけだろうか(そういう人向けには、小セイロ2段という組み合わせもあるらしい)。

そして、期待の「長芋月見羹」、これ目当てに来店される客もいるらしく、丁度我々の後ろに座っていた年輩の女性が「長芋月見羹がどうしても食べたかったの」と力説していた。長芋の淡泊な味に温泉卵のトロリとした食感、これがまた不思議な取り合わせだというのに美味。

そして最後に「桃のワインゼリー」デザートをあなどるべからず、ゼリーに生クリームを混ぜ合わせながら頂くのだが、上品な口当たりとほんのり甘い香りがたまらない。ゼリーの中央には桃の実も入っている。
シンプルが一番!「ざるそば」
そばの類は「盛りそば・ざるそば」のみである。大盛り等も受け付けていないようだ。

さてかんじんのお味のほうだが、コシは感じるのだが、ツルツルっと進んでいかないのがやや不思議な感覚である。麺自体には力強さを感じる。といっても、"ほし"は"こあ"氏が食している横からほんの少しだけ貰っただけなので、あまりあてにはならないレポートゆえ、再度食べてみたいものだ(結局、なんだかんだと口実をつけ、また食べたいだけなのである)。

 

「木喰庵」の名の由来
それは、下部に生まれた木喰上人にちなんでつけられたもの。木喰上人は、1718年下部町古関丸畑に生まれ、若くして江戸へ出た後、大山不動尊(現神奈川県)を参拝したのがきっかけとなり出家を決意。45歳で常陸の国にある羅漢寺の木食観海上人から木食戒を受ける。「木喰戒」とは五穀(米・麦・豆・粟・きび)を断ち火を加えた食物は口にしないという苦行なのだ。そして、56歳の春からその生涯をかけて全国各地を廻りながら各地で仏像を彫り続け、その数は千体をも超すと言われている。
上人が彫った仏像(木喰仏)は通称「微笑仏」といわれ、その独特の暖かみある仏像に惹かれる者も多い。上人は仏像に人間性を求めていたのではないかという説もある。

ふらりと寄った「そば処」のはずが、思わぬ歴史に触れたような気がしてならない。是非、微笑仏の数々をこの目で見てみたいと思ったのは言うまでもない。

 

 

道の駅詳細レポート帳
各道の駅内で特に細かくチェックした内容について、別途「詳細レポート」として掲載している。
赤いアイコンをクリックすると各レポートページにジャンプする。フォトギャラリーと合わせて御覧頂きたい。
フォトギャラリー道の駅よもやま話地域よもやま話売店レポート駅グルメレポート温泉・宿泊レポート遊ぶ施設レポート見る施設レポート体験施設レポート公園広場レポートキャンプ場レポート
詳細レポート-記事タイトル-
写真でつづる道の駅ギャラリー(フォトギャラリー)
道の駅で見つけた特産品、お土産たち(駅みやげレポート)
日本情緒いっぱいのそば処、ここで食事したい人は時間に気を付けて!(駅グルメレポート)
ホタルドームでホタルの一生を見てみよう(見る施設レポート)
下部農村文化公園は緑あふれる美しい日本庭園のような造り(公園レポート)
 
訪問履歴:6回(6th:2003/07/27 16:57 5th:2002/08/25 07:48 4th:2001/10/27 11:05
3rd:2001/07/14 10:48 2nd:2001/07/01 13:00 1st:2000/07/20 16:12)
HOME > 関東 > 山梨県 > 道の駅 しもべ > 駅グルメレポート

ご意見・ご感想・ご要望は、ふゆのほしまで。
MapFanWebは、インクリメントP株式会社のインターネット地図検索サービスです。
地図へのリンクはMapFanWebの利用規程に基づいています。
Copyright(c)2000-2005 ふゆのほし All rights reserved.
本内容すべての無断複製、引用、転載を禁じます。
データ作成日:2000年07月26日 最終更新日:2005年09月25日