ふゆのほし的「道の駅」ご案内   道の駅をたずねて何千キロ
道の駅 もてぎ
◆もてぎプラザ◆

常磐自動車道 水戸ICから国道50号笠間方面へと出るとすぐに主要地方道52号桂村方面へと入る。このまま52号を北上して国道123号に出て茂木町に向かうルートは安直ながら安心ルートだ。国道123号を茂木町方面へ走っていると、左手に色とりどりの花々が咲き乱れる公園、そしてガラス張りの巨大な建物が見えてくる。いやはや何度見てもその迫力と美しさに目を奪われてしまう、そんな道の駅が「もてぎ」である。初めて訪れる人はこの巨大な建物を目印に訪れると良さそうだ。

茂木町といえば、カーレースや各種走行会等が開催されているツインリンクもてぎがあることで有名な場所であり、道の駅「もてぎ」内ではツインリンクもてぎグッズが販売されている。レストラン・売店・情報館・公園等から構成されているこの道の駅、実は栃木県内では第1号に登録された駅なのだ。その割には何時までも新しさを保っているのは実に好印象だ。


 
 
 
道の駅基本データ
場所/地図 栃木県芳賀郡茂木町大字茂木1090-1
沿線 国道123号
駅付近の交通量 午後:★★☆(少〜普)
連絡先 0285-63-5671
各施設開館時間 08:30〜19:00(情報館)
 ※10-3月は〜18:00
08:00〜17:00(農産物直売所)
09:30〜17:00(アイスコーナー)
 ※土日祝は〜17:30
11:00〜20:00(レストラン)
09:00〜19:00(商工館内物産販売)
 ※10-3月は〜18:00
09:00〜19:00(手作り館)
 ※10-3月は〜18:00
休館日 第1,3火曜日
商工館は1/1を除いて無休
駐車場 223台(大:15 普:205 身障者用:3)
トイレ数 男:19 女:14 身障者用:2
石鹸:有
印象に残った名産品、
珍しいもの等
ゆず製品、しいたけ
茂木炭、茂木焼、花苗など
訪問履歴 5th:2003/01/12 14:27
4th:2002/07/27 16:55 3rd:2002/03/21 15:48
2nd:2001/07/20 16:48 1st:2000/07/23 16:30
 
 

 

施設内容
物産販売(商工館)
農産物直売所(アグリハウス)
花苗販売(手作り館)
レストラン(アグリハウス内)
軽食十石屋(商工館内)
軽食喫茶かもみいる(手作り館内)
手作りアイスコーナー(アグリハウス内)
情報館
体験教室(手作り館内)
河川公園
スタンプ:情報館内
 
見取り図
 

 

道の駅制覇し隊 この駅どんな駅?みつぼしチェック
目玉なお買い物度 ★★★ 特産品販売所はとにかくゆず製品がいっぱいだ。感心なのは何処にでも売っているゆず製品ではなく、茂木町内で作られた商品が多いことだろう。ゆず好きならば嬉しい店内だが、そうでない人にはちょっと面食らうかも。ツインリンクもてぎグッズや花苗、茂木の工芸品も並ぶが、新鮮農産物は特に人気。
食事しましょう度 ★★★ 食事処は数カ所に分かれている。本格的に食事をしたい人ならば、アグリハウス内にある焼き肉レストランでとちぎ和牛、はたまた手打ちそば?、軽く食べたい人ならば、商工館内の軽食処、手作り館の軽食喫茶かもみいるのパスタ・ドリア等はいかが。腹の空き具合で食べる場所が選択出来るのはやはり嬉しい。
ちょいと休憩度 ★★★ 情報館内に休憩スペースあり。しかし、屋外の河川公園で季節の花々に囲まれていると気分もリフレッシュ。"ほし"的には後者をお薦めしたい。
ゆったり休憩度 ☆☆☆
ここで遊ぼう度 ☆☆☆
ここで体験度 ★★ 手作り館内の体験教室で、トールペイント・染色・リース教室あり。どちらかといえば女性向けか。常時教室を開催している訳ではないので、電話で問い合わせをした方が良い。
文化に親しもう度 ☆☆☆
トイレ印象度 ★★★ 施設自体は極標準的だが、清潔さを保っている。
訪問時混雑度 ★★★ 休日の午後は混雑していることが多いのだが、建物から離れた駐車エリアならばポツポツ空いているので、ここは無理して施設近くに停めることを考えずに遠くに停めて散歩がてら歩こう。
身障者への配慮 専用駐車場から各施設へはスロープ有り。

道の駅ギャラリー
次に「もてぎ」を様々な角度から撮影した写真をお楽しみいただければと思う。ってそんな大層な写真はないのだが、少しでも雰囲気を感じてもらえれば幸いである。
入口付近から道の駅「もてぎ」の施設群をみる

 

商工館、つまりみやげ館はこちら! 商工館お隣にある「さわやかトイレ」

 

みやげ館には
茂木特産のゆずを加工した土産品が目立つ
そして、ツインリンクもてぎが近いこともあってか
レーシンググッズコーナーもあるのだ

 

アイスクリームコーナーは大人気! アグリハウス内にあるレストランは
栃木和牛を使った焼肉中心メニュー揃いだ

 

透明ガラス造りの建物は「てづくり館」

 

てづくり館内では
花々やリースなども販売している
てづくり館内にある軽食喫茶「かもみーる」

 

おもてなし情報館は
茂木町とその周辺の情報を提供している

 

情報館内にはちょっとした休憩スペースもあり カーレースのイベント紹介等もこの情報館で
行われたりもする

 

道の駅「もてぎ」の裏手に広がる河川公園

 

後方におもてなし情報館がみえる春の風景 今度は河川公園の夏の風景

 

てづくり館を遠目にみながら夏の風景 まるでラベンダーのごとく咲き乱れる紫の絨毯
確かこれはブルーサルビアだったような?

 

道の駅「もてぎ」の横をSLが走る!
これ目当てに訪れる人も少なくないだろう

道の駅チェックレポート
道の駅にはそれぞれ特徴がある。我々「道の駅制覇し隊」が実際に道の駅を訪れたなかで、見どころや気になるところなどをレポートする。時にはべたぼめあり、辛口も混ぜておおくりするが、あくまでも一個人のレポートゆえ、人によっては異なった感想をもたれる場合もあるかもしれない。その点は予めご了承願いたい。
 
 
駅内チェック:売店でみつけた特産品たち あれこれ
茂木特産品は、商工館内にある特産品販売コーナーやアグリハウス内に所狭しと並んでいる。"ほし"が特に気になる商品は、売店内にあふれているゆず製品。実に「これでもか」という程のゆず製品があるのだ。

ツインリンクもてぎグッズも特設コーナーを設け、Tシャツや携帯ストラップ、帽子やブルゾン等を販売しているのだが、道の駅「もてぎ」から割と近い場所に「ツインリンクもてぎ」があるので、遊びに行ってみては? 

農産物直売所も人気が高く、特に午前中を中心に野菜がじゃんじゃん売れてしまう。という訳なので午後に行くと自分が買いたい野菜が既に売り切れといった状態もあるので、午前中に行った方が良さそうだ。
ゆずぽん酢しょうゆ ゆずまんじゅう「ゆず香」 リキュール「ゆずの香り」
柚せんべい 3兄弟パン
(ゆず・しいたけ・こんにゃく)
茂木百騎米
 
棚田の雫(酒) いちごジャム  
     
クローズアップ:大人の味!「百騎ガーナ
茂木町「ロリアン」製のオリジナル菓子である「百騎ガーナ」は、しっとりしたカステラの中にマロン、そして周囲をチョコで包んだ大人の菓子。この周囲のチョコは実にほろ苦く、また、カステラは洋酒が染み込んでいるせいかしっとりとした食感、中心部に入っているマロンも柔らかく口あたりが良い。

1個単位でも販売しており、試しに買ってみようとする人にも嬉しい配慮。勿論、箱入りでも販売。全体的にビターな感覚が、"ほし"の心を射とめたお薦めの菓子である。
駅内チェック:アグリハウス内にある手作りアイスクリームコーナーも人気爆発
道の駅とアイスクリームは切っても切れない仲、というのは今に始まったことではないのだが、ここ道の駅「もてぎ」のアグリハウス内手作りアイスクリームコーナーも大人気。我々が訪れた時も休日とあってか人・人・人の嵐で思わず尻込みをしてしまう程だ。地元の素材と生乳をふんだんに使用したアイスは、種類もいっぱい、季節限定ものもあるので、立ち寄る度に「え?」といったアイスに出逢うかもしれない。
種類の一部 ◆いちご◆ブルーベリー◆チョコチップ◆ラムレーズン◆ゆず◆抹茶◆パンプキン◆さつまいも◆チョコレート◆トマトシャーベット◆黒ごま そして春限定は「おとめミルク」夏限定は「ズンダ」だ。
クローズアップ:冬から春限定の大人気アイスその名は「おとめミルク
いちごが旬の季節限定の道の駅「もてぎ」名物アイスクリームといえば、この「おとめミルク」。

栃木の特産苺である"とちおとめ"をミルクアイスケースの中に放り込むと、なんとその場で潰してミルクアイスに混ぜ込むという、驚きの演出付きのアイスクリームだ。(シングルのみ 300円)
お味のほうも文句無しの美味しさ。苺をその場で潰して混ぜるためか、実にフレッシュな苺の感覚を楽しめるのだ。またこの苺と地元産の牛乳を使ったミルクアイスとの調和もとれており、"ほし"だけでなく"こあ"氏も絶賛のアイスクリーム。

道の駅「もてぎ」に立ち寄ったら一度は食べてみて欲しいアイスである。
クローズアップ:夏限定は「ずんだアイス
夏限定は、ビールのつまみの定番ともいえる、枝豆をゆでてすりつぶした「ずんだ」のアイスだ。どうも「ずんだ」といえば「ずんだもち」を連想してしまったりもするのだが、やはり甘味ものにも合うからこそ、アイスの素材として選ばれたのだろう。

実際に食べてみると、かなり甘めで、饅頭のあんこを冷やしたものを食べているような感覚に陥りそうだが、お茶と一緒に食べたい和風アイスではないだろうか。
駅内チェック:手作り館内「かもみいる」で気軽にティータイムや軽食を
道の駅「もてぎ」内には焼き肉レストラン、そして軽食コーナー、手作り館内の軽食喫茶等、数カ所にわたって食事が可能だ。特に、午後のちょっと小腹が空いた、そんな時には手作り館内にある洒落た店構えの軽食喫茶「かもみいる」がピッタリ。早速、訪れてみると、入口には季節限定メニューも用意されている。しかも、茂木産の食材を使った料理という点が嬉しい。
クローズアップ「洋風しいたけ丼
季節限定メニューである「洋風しいたけ丼」は、茂木特産のしいたけをふんだんに使い、洋風にアレンジした料理だ。見た目も華やかである。プチサラダ・スープ付き(900円)

さて、味のほうだが、いやはやこれは確かに「しいたけ」好きでないと食べきれないのではないか、というくらいにタマネギを混ぜ込んだご飯の上に甘辛く煮た椎茸が大量にのせられ、細かく刻んだ赤・黄ピーマンがちりばめられている。椎茸は大きめ、プリプリッとした感触が楽しい。

洋風と書かれていたため、味的に洋風なのかと思いきや、味は思い切り和風を感じさせる。「しいたけ丼」という名のとおり、椎茸のみが上にのせられているため、量そして味的に若干飽きを感じさせるところがあるのは、甘辛く濃い味のせいかもしれない。椎茸と何かの食材を組み合わせれば、このままの味でも変化にとんで良さそうな気もするのだが、これは個人的な感想ゆえ、また別の感想をもたれる人もいるだろう。土台的な役割のご飯だが、何か型にいれて器に移しているのだろうか、やや堅めな部分があった点が気になる。

しかし、茂木の特産を扱った料理を提供する点ではおおいに評価できる。
クローズアップ「ツナドリア
ツナ入りのドリアという、小腹が空いた時には丁度良いメニュー。味的には安心して食べられる一品といった位置づけにも思える。

アツアツの状態で運ばれてくるのでやけどに注意しよう。プチサラダ・スープ付き。ちなみに、サラダについてくるドレッシングは、「ゆずドレッシング」、ここの点にも茂木色を表している。(750円)
駅内チェック:気分リフレッシュに最適!十石河川公園
道の駅「もてぎ」に併設された十石河川公園、これが非常に印象深い。四季の花々が咲きみだれ、空気も新鮮。周囲の風景すべてのものが絵になるって感じだろう。これら色鮮やかな花の絨毯をバックに記念写真をとって帰る家族やカップルも少なくない。話によれば、夜間になるとこの公園内がライトアップされるらしいが、なかなか夜に訪れる機会が無いので、その模様を見ることが出来ないのが残念。
駅周辺チェック:レース観戦?それともコースを走るか?ツインリンクもてぎ
茂木町には幾つかの観光名所(馬門の滝や城山公園、千本城跡等)があるのだが、その中でもやはり茂木町を強く印象づけている施設であるサーキット「ツインリンクもてぎ」をここでは紹介しよう(単に個人的趣味かもしれないが)。

ツインリンクもてぎといえば、「オーバルコースとロードコース両方を持つ世界初のサーキット」を売り文句にしている。レース観戦好きならばその多くの人が存在を知っているだろうフォーミュラニッポンも何戦かはこのツインリンクもてぎで開催されている。

そして、ただレースを観るだけでは物足りない、自分も走りたいという人は、サーキットを体験走行することも出来るのだ。勿論自分の愛車を持ち込んでの走行、これを期に自分のドライビングテクニックと車輌性能に真っ向から向き合ってみるのも良いかもしれない。("ほし"自身も昔、かなり小規模なサーキットで体験走行会に参加した経験があるが、己の未熟さを改めて思い知った記憶がある)

ショップではツインリンクもてぎレースグッズやホンダグッズが購入出来るし、オートキャンプ場まである。更に、ホンダコレクションホールではホンダが挑戦してきたモータースポーツの歴史や今まで市販された2輪及び4輪車輌が堂々展示されている。"ほし"は親子ともどもホンダ車ファン(数年前まで)だった為、これはかなり興味深い。
コース概要 スーパースピードウェイ(オーバルコース)、ロードコース、北ショートコース、ダートトラック、マルチコース(カートやジムカーナ等)
場内施設 上記コースの他、ファンファンラボ(車やロボット等の技術館)、ハローウッズ(どんぐりの森で探検)、ホンダコレクションホール(ホンダ車の2・4輪歴代の各車両展示)、そしてグッズショップやレストラン、オートキャンプ場、ホテル等
定休日 火曜日, 1/1
場所 栃木県芳賀郡茂木町大字桧山120-1
問い合わせ 0285-64-0001
 
 

home  地方indexへ戻る 栃木県indexへ戻る

ご意見・ご感想・ご要望は、ふゆのほしまで。

MapFanWebは、インクリメントP株式会社のインターネット地図検索サービスです。
地図へのリンクはMapFanWebの利用規程に基づいています。
Copyright(c)2000-2003 ふゆのほし All rights reserved.
本内容すべての無断複製、引用、転載を禁じます。
データ作成日:2000年07月31日 最終更新日:2003年09月27日