ふゆのほし的「道の駅」ご案内   道の駅をたずねて何千キロ
道の駅「きつれがわ」
HOME > 関東 > 栃木県 > 道の駅 きつれがわ > 駅みやげレポート
道の駅でみつけた特産品、お土産たち
喜連川には何カ所かにわたって温泉施設がある。そのせいか、特産品も「温泉」にちなんだものが幾つか存在する。そのひとつが、温泉なす。これ、温泉の熱を利用して栽培している茄子らしい。勿論、温泉に付き物の「温泉まんじゅう」も喜連川のマスコットだろうか、きつねの「コンタくん」の焼き印入りだ。そして、町内では鮎の養殖も盛んらしく、そのせいなのか鮎製品も多数並んでおり、手にとる人も多い。(2001年7月レポート)
 
きつれがわ温泉まんじゅう たまり漬け 柚木窯
鮎のうるか 鮎甘露煮 鮎のひらき
喜連川の地酒 尊氏縁せんべい りんごジュース
 
ざるどうふ コンタサブレ  
     
喜連川りんごを堪能だ!「アップルケーキ」
きつれがわのリンゴのカップケーキは、喜連川町にある焼菓子「むらまつ」製の菓子だ。四角型のカップケーキの上にリンゴのスライスがのせられている。

一口食べると、フワフワながらしっとり感たっぷりのケーキがなんともたまらなく美味。しかも、卵の味が実に豊かなのだ。上のリンゴのほのかな甘酸っぱさがワンポイント的な存在である。これはもう、我々的に大のお薦め菓子だ。
ずっしりボリューム感が美味しい!きつれがわの「温泉パン」
喜連川の名物として、忘れてはならない商品、それが「きつれがわ 温泉パン」だ。

昭和56年に喜連川に温泉が湧き出たのを記念して名付けられたこの温泉パン、売店内には特設コーナーがあり、実に沢山の種類のパンたちがズラリ勢揃いしている(いちじく・レモン・くるみ・カカオ・ごま・元祖・オレンジ・レーズン・クロワッサン)。
温泉パンは日持ちが良いのが特長のひとつであり、またふっくらした感触も良い。

今回は、「温泉クロワッサン」を実際に食べてみたのだが、確かにふっくらふわふわ、ほのかな甘味であり何個でも食べてしまいそうだ。まぁ、クロワッサン特有の何層にも重なった皮の間からバターがジュワッといった感じではなく、あくまでも「パン」っぽい感じではあるのだが、しつこさが無い分、飽きが来ないといったところだろうか。次回は、是非「くるみ」と「元祖」を食べてみたいものだ。(2001年7月レポート)
南部屋よせとうふ「ふんわり」
喜連川町内にある南部屋豆腐店の手作り豆腐のなかで、今回購入してみたのが「よせとうふ」だ。喜連川産の大豆と天然にがりを使い、その名のとおり「ふんわり」と仕上げた豆腐なのだが、これがまた美味しい。

大豆の味わいが口に広がり、まるでムースのような食感が印象的である。道の駅の売店には「きつれがわとうふ」と「よせとうふ」しか置いてなかったのだが、他にもざる豆腐や竹筒豆腐等があり、興味深いところだ。

 

 

道の駅詳細レポート帳
各道の駅内で特に細かくチェックした内容について、別途「詳細レポート」として掲載している。
赤いアイコンをクリックすると各レポートページにジャンプする。フォトギャラリーと合わせて御覧頂きたい。
フォトギャラリー道の駅よもやま話地域よもやま話売店レポート駅グルメレポート温泉・宿泊レポート遊ぶ施設レポート見る施設レポート体験施設レポート公園広場レポートキャンプ場レポート
詳細レポート-記事タイトル-
写真でつづる道の駅ギャラリー(フォトギャラリー)
2002年3月17日 交流ターミナルの外壁にコンタ君 登場!(道の駅よもやま話)
歴史の香り漂う喜連川町(地域よもやま話)
道の駅で見つけた特産品、お土産たち(駅みやげレポート)
地域食材レストランで何食べようか、中華?それとも蕎麦?/地場産食材でオリジナルジェラート(駅グルメレポート)
道の駅きつれがわで、湯ったり一休み!(温泉施設レポート)
 
訪問履歴:5回(5th:2003/11/09 16:34 4th:2003/01/12 11:45 3rd:2002/07/27 13:36
2nd:2002/03/21 18:01 1st:2001/07/20 13:46)
HOME > 関東 > 栃木県 > 道の駅 きつれがわ > 駅みやげギャラリー

ご意見・ご感想・ご要望は、ふゆのほしまで。
MapFanWebは、インクリメントP株式会社のインターネット地図検索サービスです。
地図へのリンクはMapFanWebの利用規程に基づいています。
Copyright(c)2001-2004 ふゆのほし All rights reserved.
本内容すべての無断複製、引用、転載を禁じます。
データ作成日:2001年11月23日 最終更新日:2004年04月05日