ふゆのほし的「道の駅」ご案内   道の駅をたずねて何千キロ
道の駅「きつれがわ」
HOME > 関東 > 栃木県 > 道の駅 きつれがわ > 駅グルメレポート
地域食材レストランで何食べようか、中華?それとも蕎麦?
交流ターミナル内にある食事処は、セルフサービス方式の気軽に利用できるレストラン。地域食材をふんだんに使用していることの証に、店内には「地元の農産物利用店」なる貼り紙まであり、地域食材レストランをアピールしている。さて、店内は、そば・うどん中心のコーナーと、中華料理コーナーに分かれており、腹の空き具合や気分でジャンルを選択できるあたりが嬉しい。そば・うどんコーナーでは、そば・うどんは山菜やきのこ、天ぷらなどの各種ある他、北関東ならではのゆばの一品料理等もメニューに並んでいる。

そして、中華コーナーの方では、麻婆豆腐やエビチリ、ニラレバ、回鍋肉等のお馴染み中華一品料理の他、カレーやトンカツ、ハンバーグ等の一般的な定食まであるので、メニューの幅は広い。さぁ、ボリュームいっぱいの食事をしよう。
 
ボリューム満点!「天ぷらざるそば」(950円)
盛りそばと、天ぷら各種からなる「天ぷらざるそば」は、実にボリュームたっぷり。「完食できるだろうか」という不安すらつきまとうのだが、これで950円ならばかなりお得。

麺はコシが強く、存在感たっぷり。そして、天ぷらもエビ・白身魚・春菊・かぼちゃ・ナス・芋・まいたけ・ゆばがドーンと皿に盛りつけられ、いやはや、どれから食べて良いか迷う始末だ。

 

地場産食材でオリジナルジェラートはいかが!
交流ターミナル内にある、手造りアイス工房「きつれがわ」では、喜連川町産の食材を使ったオリジナルジェラートが並んでいる。アイスやジェラート、ソフトクリームの類もここ数年で、様々な変わり種を目にしてきたのだが、ここでも常に新たなる食材(野菜類等も含む)を検討し、客の舌をうならせているのだ。ちなみに料金は、シングル250円、ダブル300円
 
夏のある日のオススメ!「ゴーヤ&ブルーベリー」ダブル
2002年夏訪問時、店員さんに今日のオススメを聞いて実際に食べてみたのが、ゴーヤとブルーベリーである。ブルーベリーは割と何処でも見かけるものだが、ゴーヤのジェラートは数十年生きてきてこれが初めてだったりする。

さて、かんじんのお味の方はといえば、ゴーヤジェラートはまさしくさっぱりとした夏らしい味なのだが、少々青臭さを感じるヨーグルト味といった方が的確だろうか(それもそうだ、ゴーヤとヨーグルトを混ぜているらしいのだ)。そして、ブルーベリーの方は、まさしくブルーベリーの味を訴えかけてくるような味であり、果肉入りだ。結局「ブルーベリーの方が一般ウケする味だね」というのが素直な感想だったりするが、いやはや、変わり種ジェラートを食べる瞬間というのは、いつでもドキドキするものだ。

 

 

道の駅詳細レポート帳
各道の駅内で特に細かくチェックした内容について、別途「詳細レポート」として掲載している。
赤いアイコンをクリックすると各レポートページにジャンプする。フォトギャラリーと合わせて御覧頂きたい。
フォトギャラリー道の駅よもやま話地域よもやま話売店レポート駅グルメレポート温泉・宿泊レポート遊ぶ施設レポート見る施設レポート体験施設レポート公園広場レポートキャンプ場レポート
詳細レポート-記事タイトル-
写真でつづる道の駅ギャラリー(フォトギャラリー)
2002年3月17日 交流ターミナルの外壁にコンタ君 登場!(道の駅よもやま話)
歴史の香り漂う喜連川町(地域よもやま話)
道の駅で見つけた特産品、お土産たち(駅みやげレポート)
地域食材レストランで何食べようか、中華?それとも蕎麦?/地場産食材でオリジナルジェラート(駅グルメレポート)
道の駅きつれがわで、湯ったり一休み!(温泉施設レポート)
 
訪問履歴:5回(5th:2003/11/09 16:34 4th:2003/01/12 11:45 3rd:2002/07/27 13:36
2nd:2002/03/21 18:01 1st:2001/07/20 13:46)
HOME > 関東 > 栃木県 > 道の駅 きつれがわ > 駅グルメレポート

ご意見・ご感想・ご要望は、ふゆのほしまで。
MapFanWebは、インクリメントP株式会社のインターネット地図検索サービスです。
地図へのリンクはMapFanWebの利用規程に基づいています。
Copyright(c)2001-2003 ふゆのほし All rights reserved.
本内容すべての無断複製、引用、転載を禁じます。
データ作成日:2001年11月23日 最終更新日:2003年12月05日