ふゆのほし的「道の駅」ご案内   道の駅をたずねて何千キロ
道の駅 龍勢会館
 

関越自動車道 花園ICから国道140号を秩父方面へと走る。長瀞から主要地方道37号へと入り、吉田町へと向かうとやがて見えてくるは道の駅「龍勢会館」。

「龍勢会館」といえば、吉田町の最大の祭りである「龍勢祭り」を知る場として設けられた施設である。隣には「龍勢茶屋」なる直売メインな売店と軽食堂があり、こじんまりとした構成ながらどこか威厳のようなものを感じる。駅の規模に対して駐車場が広いのだが、祭りの時期には混雑が予想されるので、ある程度の覚悟が必要そうだ。


 
 
 
道の駅基本データ
場所/地図 埼玉県秩父郡吉田町大字久長32
沿線 主要地方道37号
(皆野両神荒川線)
駅付近の交通量 午後:★☆☆(少)
連絡先 0494-77-0333
各施設開館時間 09:00〜17:00(龍勢茶屋)
09:00〜17:00(龍勢会館)
 ※但し入館は〜16:30
休館日 火曜日(祝日の場合翌日)
年末年始
駐車場 86台(大:9 普:74 身障者用:3)
トイレ数 男:14 女:9 身障者用:1
石鹸:有
印象に残った名産品、
珍しいもの等
龍勢ようかん
吉田みそ、七平とうふ
ジャムなど
訪問履歴 4th:2003/07/06 14:41 3rd:2002/12/01 13:38
2nd:2001/08/05 13:49 1st:2000/07/30 15:22
 
 

 

施設内容
特産品展示販売(龍勢茶屋)
軽食堂(龍勢茶屋)
休憩所
そば打ち体験(龍勢茶屋)
龍勢会館
スタンプ:龍勢会館
 
見取り図
 

 

道の駅制覇し隊 この駅どんな駅?みつぼしチェック
目玉なお買い物度 ★★ 龍勢茶屋には味噌や漬け物等の素朴な土産品が並ぶ。
食事しましょう度 ☆☆ 内容未確認だが、軽食堂有り。夏にはソフトクリームを食べる人が多し。
ちょいと休憩度 ★★ 茶屋や会館等がある敷地と道を挟んだ反対側に、トイレと共に休憩施設があり。また、整備された芝生が美しく、気分的にリフレッシュ出来そうだ
ゆったり休憩度 ☆☆☆
ここで遊ぼう度 ☆☆☆
ここで体験度 ☆☆ 龍勢茶屋でそば打ち体験が可能らしい(未確認事項)
文化に親しもう度 ★★ 龍勢会館で、代々伝わる手作りロケットの製造内容や祭りの内容を知ることが出来る。
トイレ印象度 ★★ 設備、清掃度共に標準的
訪問時混雑度 ☆☆ 訪問時日曜午後:祭りシーズン外は駐車場も余裕有り。
身障者への配慮 駐車場から売店やトイレへは段差無し。龍勢会館へはスロープ有り。

道の駅ギャラリー
次に「龍勢会館」を様々な角度から撮影した写真をお楽しみいただければと思う。ってそんな大層な写真はないのだが、少しでも雰囲気を感じてもらえれば幸いである。
駐車場から道の駅「龍勢会館」

 

入口にはこんな看板がたっている 駅付近のガードレールには吉田町キャラクターの
「りゅうごん」が描かれている。
これは石ノ森章太郎氏の絵

 

売店・食堂から構成される「龍勢茶屋」

 

売店内には素朴な商品が並ぶ 売店横の通路を通ると・・・

 

ちょっとした休憩スペースがあり、
更にその奥には食事処がみえる
この休憩スペースもイベント時には
こんな様子に?(野菜の作品展だった)
(2002/12/01撮影)

 

そしてこちらが「龍勢会館」
館内写真はこちら

 

龍勢会館と道を挟んだ向かい側の駐車場 同じく向かい側の駐車場にはトイレもある

道の駅チェックレポート
道の駅にはそれぞれ特徴がある。我々「道の駅制覇し隊」が実際に道の駅を訪れたなかで、見どころや気になるところなどをレポートする。時にはべたぼめあり、辛口も混ぜておおくりするが、あくまでも一個人のレポートゆえ、人によっては異なった感想をもたれる場合もあるかもしれない。その点は予めご了承願いたい。
 
 
駅全体像チェック:龍勢とは
龍勢とは、10月の第二日曜日の椋神社秋祭りに神をまつる儀式として奉納する「農民による手作りロケット」の事らしい。このロケットは昔から代々伝承されてきたものだとか。祭りの際には、30前後の各流派が順番にロケットを打ち上げていくのだ。ちなみに、このロケット、500mくらいまで勢いよくあがり、そこで煙火の仕掛けがみられる。勿論、実際に祭りに訪れて見るのが一番良いのだろうが、なかなかそうもいかない人のために、この龍勢会館ではその模様をビデオで上映している。その他、ロケットの製造工程や世界のロケット等についても展示紹介しているので、これは一見の価値あり。
入館料 大人300円、子供150円(20名以上は50円引き)
開館時間 09:00〜17:00(但し、入館は16:30まで)
休館日 火曜日
問い合わせ先 埼玉県秩父郡吉田町大字久長32 TEL:0494-77-0333
駅内チェック:新鮮野菜いっぱい 龍勢茶屋
とれたて野菜が並ぶ龍勢茶屋。他にこんにゃくや漬け物等も人気らしいが、甘味ものが好きな人ならば「龍勢ようかん」や「古代米もち」あたりが心そそられる。他にも「龍勢まんじゅう」なるものもある。まんじゅうの方はパッケージ品もあるのだが、1個単位でも販売しているのが、実に嬉しい。

ユニークな名前の「意外なクッキー」は、あずき・ごま・よもぎ・きなこ等の種類がある。手作り派が気になる商品としてはゆず・いちご等が楽しめる「秩父手造りジャム」、吉田の漬け物等はいかがだろう。キュウリベースのしんなり漬け物は、ご飯のお供に最適である。
龍勢まんじゅう 龍勢羊羹 意外なクッキー
秩父手造りジャム 漬け物 しらたき・こんにゃく
吉田みそ 地酒 古代米酒
 
吉田の古代米 吉田のそば粉  
     
クローズアップ:ずっしりボリューム感の味を堪能だ「七平とうふ」
吉田町内にある新井豆腐店が造る「七平とうふ」は、まさしく田舎豆腐を感じさせる味わい。どっしりとした重みのあるこの豆腐は、箸をいれてみれば分かるように、かなり固めである。プルプルッとした柔らかい豆腐を好む人には苦手な部類かもしれないが、存在感たっぷりの固めな豆腐が好きな人には是非味わってもらいたい豆腐だ。

我々にとって、この手のしっかりとした豆腐は、安心して車で持ち帰ることが出来るという点においても嬉しい。
クローズアップ:店頭販売で出逢った「古代龍勢だいふく」
紫黒米(古代米)を使用した紫色の大福。吉田町特産物推進協議会推奨の和菓子だ。

普通の白米に比べてビタミンやカルシウム等を多く含み、健康的にもおすすめな古代米を使用しており、素朴な餅の味わいとつぶあんがマッチした大福。やわらかい口あたりながら、それでいてもちもちっとした食感が心地よい。
本来、大福のような甘い菓子は1個でごちそうさま、といいたいところだが、ついつい次から次へと手が出てしまう不思議な大福。

5個入り400円、丸山製菓(吉田町)
 
 

home  地方indexへ戻る 埼玉県indexへ戻る

ご意見・ご感想・ご要望は、ふゆのほしまで。

MapFanWebは、インクリメントP株式会社のインターネット地図検索サービスです。
地図へのリンクはMapFanWebの利用規程に基づいています。
Copyright(c)2000-2003 ふゆのほし All rights reserved.
本内容すべての無断複製、引用、転載を禁じます。
データ作成日:2000年08月04日 最終更新日:2003年07月18日