ふゆのほし的「道の駅」ご案内   道の駅をたずねて何千キロ
道の駅 川口・あんぎょう
◆川口緑化センター 樹里安◆

三郷市から和光市方面へと国道298号を走ると、草加市と川口市の境付近左手に巨大な建物が見えてくる。それは、川口緑化センター樹里安(ジュリアン)に併設された、というよりも同化された道の駅「川口・あんぎょう」。2003年現在においても東京都内には道の駅が無いため、本駅が最も都内に近い駅として位置づけられているのではないだろうか。(首都高速を利用する場合は、首都高速川口線で新井宿ランプより国道298号、はたまた東京外環道経由であれば草加ICから国道298号を利用しよう)

「川口・あんぎょう」がある川口市は植木が盛んであり、ここ「川口・あんぎょう」のメイン施設である川口市緑化センター「樹里安」でも様々な植木等の緑を扱っている。なんといっても太陽の光を取り込む巨大な建物が、特に印象的ではないだろうか。緑の販売や展示がメインであるが、その他会議室の貸し出しや緑に関する資料室・レストラン・ラウンジなど施設群も豊富である。


 
 
 
道の駅基本データ
場所/地図 埼玉県川口市安行領家844番地2
沿線 国道298号
駅付近の交通量 午前:★★☆(普)
午後:★★★(多)
連絡先 048-296-4021
各施設開館時間 09:00〜18:00(花木販売・案内コーナー)
10:00〜17:00(菓子売店)
10:00〜18:00(レストラン)
10:00〜16:00(軽食)
休館日 年末年始
駐車場 149台(大:5 普:141 身障者用:3)
トイレ数 男:26 女:16 身障者用:2
石鹸:無
印象に残った名産品、
珍しいもの等
樹里安等の菓子群
植物全般
訪問履歴 5th:2003/08/10 08:34
4th:2002/08/31 10:27 3rd:2002/05/19 16:57
2nd:2001/08/12 14:41 1st:2000/09/03 15:32
 
 

 

施設内容
売店(樹里安1F)
花木園芸販売
レストランローズ(樹里安2F)
軽食コーナー(樹里安1F)
アトリウム
休憩ラウンジ(樹里安5F)
情報ターミナル(樹里安1F)
資料展示コーナー(樹里安2F)
会議室(樹里安3,5F)
スタンプ:樹里安1F情報ターミナル
 
見取り図
 

 

道の駅制覇し隊 この駅どんな駅?みつぼしチェック
目玉なお買い物度 ★★ 樹里安の1階にある売店はかなり小規模、しかしながら施設名と同様の名称の菓子「樹里安」は"ほし"お薦め。他に、園芸をたしなむ人ならば花木・園芸用品販売コーナーも覗いてみよう。
食事しましょう度 ★★ 樹里安2階に洋食中心のレストラン有り。1階には軽食コーナーもある。
ちょいと休憩度 ★★★ 1階の情報ターミナルやアトリウムの他、5階のラウンジでも休憩が可能。緑に囲まれた豊富な休憩場所は嬉しい点である。
ゆったり休憩度 ☆☆☆
ここで遊ぼう度 ☆☆☆
ここで体験度 ☆☆☆
文化に親しもう度 ★★ 樹里安の2階では資料展示コーナーがあり、川口の植木産業の歴史等について紹介している。
トイレ印象度 ★★ 屋外トイレは設備的・清潔度も普通。屋内トイレは設備的には標準的だが、新しさを保ち、清潔度も良好だ。
訪問時混雑度 ★★ 駐車場の台数こそ多いのだが、1つのスペースは狭め。休日の昼間は割と混雑気味である。
身障者への配慮 専用駐車場から樹里安までは段差無し。2階以上の各施設群へはエレベータで可能。

道の駅ギャラリー
次に「川口・あんぎょう」を様々な角度から撮影した写真をお楽しみいただければと思う。ってそんな大層な写真はないのだが、少しでも雰囲気を感じてもらえれば幸いである。写真の量が多いのはご了承頂きたい。
駐車場からみる道の駅「川口・あんぎょう」全景

 

入口の門には「川口緑化センター」の文字 館内へと続く通路は
ローズピンクの柱がワンポイント!

 

入口付近にある軽食コーナー おっと!建物に入る前に・・・
入口向かいにある屋外トイレ

 

入口から入ると沢山の植木群がお出迎え 樹里安入口

 

樹里安1階の情報ターミナル
マルチビジョンに野球中継が・・・
情報ターミナル内の道路情報コーナー

 

樹里安1階売店は川口芝菓子製造組合の
菓子たちがズラリ!
売店向かいにはちょっとした休憩スペース

 

樹里安2階にはレストランローズ
洋食を中心としたメニュー揃いだ
レストラン内は座敷席とテーブル席からなる

 

同じく樹里安2階にある展示コーナー
植木の歴史や道具関連を紹介
このように植木関連道具が展示されているのだ

 

川口市の特産品展示コーナーもあり
数々の銘菓も並んでいる
4階の情報センターは植栽関連の書籍等を
取りそろえた図書室等がある

 

樹里安3階からみるアトリウムは緑いっぱい

 

樹里安5階の日本庭園をガラス越しに見る 樹里安5階の休憩ラウンジ

 

樹里安向かいにある庭園は
実に手入れが行き届いている
朝早く訪れたらここで散歩も良さそうだ

道の駅チェックレポート
道の駅にはそれぞれ特徴がある。我々「道の駅制覇し隊」が実際に道の駅を訪れたなかで、見どころや気になるところなどをレポートする。時にはべたぼめあり、辛口も混ぜておおくりするが、あくまでも一個人のレポートゆえ、人によっては異なった感想をもたれる場合もあるかもしれない。その点は予めご了承願いたい。
 
 
駅全体像チェック:川口緑化センターの役割は
埼玉県川口市は、昔から植木・花・造園産業が栄えていることから、緑化産業のための情報拠点施設として「川口緑化センター(樹里安)」を建設した。このセンターでは、花や緑に関する展示会や各種イベント等を開催したり、緑化に関する情報を提供するだけでなく、交流の場としても活用していけることを望んでいるようだ。なるほど、道の駅の役目とも合致する、というわけか、となるほど納得である。
駅内チェック:売店は埼玉の各種菓子が並ぶ
道の駅に立ち寄るとついつい覗いてみたくなるのが、売店。ここ樹里安の売店はどちらかといえば菓子類が中心の小規模なものだが、川口市内の菓子店の力作が集まっており、菓子好きには気になる場所である。
クローズアップ:施設名と同じ名前だ!「樹里安」
施設名と同じ名称を持つ「樹里安」という菓子、これは一言で言えば、いわゆる洋風まんじゅう。味は、あんず入り白あんとレーズン入り白あんの2種類。

1個単位でも売っているが、箱売りだと包装紙に、ここ樹里安の建物写真が大きく印刷されている。あんず味のほうは、チョコレート等が含まれた豊かな甘味が特長(甘味は控え目ということなのだが)、レーズン入りのほうは洋酒に漬けた大人の上品な味を感じさせる。
クローズアップ:外観も可愛い「ふくみちゃん」
2001年訪問時に発見した「ふくみちゃん」は、ふくろうの形をした純和風の上品な川口芝銘菓まんじゅう。

くるみ餡(ピンクの袋)とカボチャ餡(黄色の袋)の2種類 カボチャ餡はまさしく中の餡がカボチャ色で甘い。
クローズアップ:植木の里ならではの「ウエッキー」
2002年訪問時に発見したのは、まさしく植木の里らしい名前の菓子である「ウエッキー」。こちらはクリームが入ったサンドクッキーだ。

種類としては、チョコ・イチゴ・抹茶味がある。思わずガーデニングで使用したくなってしまいそうな外観をもつクッキーは、心地よい歯触りと甘みが幅広い層にウケる味だ。
駅内チェック:透明ガラス張りの巨大鉄骨建物の下で、元気な植物たちを見よう アトリウム
天井が透明なガラス張りになっている緑のショップで、沢山の植物をみることが出来る。勿論、展示だけでなく販売もしているようなので、気に入った緑を自分の家の庭に植えて育てるのも良いだろう。ここ数年ガーデニングブームだけあって、訪れる人も多い。
駅内チェック:アトリウム内に飾られた安行原の蛇造り
2001年夏訪問した際、樹里安の1階から2階へと上がる階段に沿って、藁で造られた巨大な蛇が飾られているのを発見。

それは、「安行原の蛇造り」といった市指定の無形民俗文化財である。毎年5月24日に、安行蛇造り保存会の皆さんによって病気よけや豊作を願う行事として行われるものらしい。
 
 

home  地方indexへ戻る 埼玉県indexへ戻る

ご意見・ご感想・ご要望は、ふゆのほしまで。

MapFanWebは、インクリメントP株式会社のインターネット地図検索サービスです。
地図へのリンクはMapFanWebの利用規程に基づいています。
Copyright(c)2000-2003 ふゆのほし All rights reserved.
本内容すべての無断複製、引用、転載を禁じます。
データ作成日:2000年09月06日 最終更新日:2003年09月19日