ふゆのほし的「道の駅」ご案内   道の駅をたずねて何千キロ
道の駅「大滝温泉」
HOME > 関東 > 埼玉県 > 道の駅 大滝温泉 > 駅みやげレポート
道の駅で見つけた特産品、お土産たち
特産品販売センターは木の造りで自然を演出しており、店内にいると妙に懐かしい気分になる。そんな中、並んでいる商品たちをあれこれ物色していくと、漬け物やこんにゃく、蕎麦等、どうもここは秩父全域の特産品をまんべんなく並べているようだ。勿論、大滝村ならではの特産も混ざっているのだが、特におらが村特産的な区別をつけているようにも見えない(まぁそれは善し悪しがあるが)。

その分、郷路館の売店のほうでは秩父全般の土産の他、大滝村に特化した土産物も並んでいる。村の特産品のひとつである「中津川いも」や、秩父全域でも見かける「おなめ」等が目につくのだが、初めてこの「おなめ」を見た時は、不思議な名前があるもんだ、と驚いたものだ。この「おなめ」はいわゆる「味噌」であり、生野菜にのせて食べたりご飯のお供にすると美味しいらしい。
 
秩父源流水 秩父のこんにゃく多数 源泉うどん(大滝温泉神の湯)
大滝そば おなめ 中津川いも
はちみつ 光の村の手作りクッキー 三峯神社せんべい
     
大滝のふるさとの味わい!「大滝平」
郷路館の売店コーナー内にて気になる商品を発見、それが「大滝平」である。2001年訪問時には売り切れ状態だったゆえ、現物も不明なまま、尚一層期待が膨らんだ商品だが、改めて訪問した時には多数並んでいたため、早速買ってみた。その「大滝平」だが、陳列棚の貼り紙によれば、平地が少ない大滝村では、その貴重な平地のことを「大切な土地」として「でぇら」と呼んでいたとか。この「大滝平」はその平地をイメージした商品という訳だ。おっと、これだけではどんな商品なのか、さっぱり分からないだろう。2001年訪問時に売り切れの棚を指さしながら店員さんに聞いてみたところ、いわゆる中華まん風のものだとか。

また、「大滝平」に並んで「三色平」なる商品もあり、こちらはかぼちゃ、しゃくしな、山菜等が入っている。小腹が空いた時には丁度良さそうな商品だ。(大滝平に比べるとやや小さめのサイズ)

さて、実際に現物を見てみると、平べったい肉まん風にも見える。小麦粉ベースの皮の中に、椎茸やタケノコ、人参、タマネギ、豚肉、しらたき等を醤油味で味付けしたもの、そして同じ具をカレー味で味付けした2個セットとして売られている。味的には、期待した醤油味のほうが予想に反して地味な味、つまり、具の味が生きていないメリハリの低い味に感じられる。1個のサイズが大きいせいか、途中でやや飽きを感じたりも。それに反してカレー味の方は、淡泊な小麦の皮に対してパンチあるカレー味が生きており、醤油味と同じ具を用いているというのにこちらの方が具自体も味わい深く感じる。

 

 

道の駅詳細レポート帳
各道の駅内で特に細かくチェックした内容について、別途「詳細レポート」として掲載している。
赤いアイコンをクリックすると各レポートページにジャンプする。フォトギャラリーと合わせて御覧頂きたい。
フォトギャラリー道の駅よもやま話地域よもやま話売店レポート駅グルメレポート温泉・宿泊レポート遊ぶ施設レポート見る施設レポート体験施設レポート公園広場レポートキャンプ場レポート
詳細レポート-記事タイトル-
写真でつづる道の駅ギャラリー(フォトギャラリー)
売道の駅で見つけた特産品、お土産たち(駅みやげレポート)
郷路館内の食事処はそば中心のメニューだ(駅グルメレポート)
大滝温泉にきたらやっぱり「遊湯館」(温泉施設レポート)
「大滝村立歴史民俗資料館」で大滝村の歴史にふれてみよう(見る施設レポート)
 
訪問履歴:6回(6th:2003/07/06 11:59 5th:2002/08/03 15:42 4th:2002/05/26 12:19
3rd:2001/07/14 15:22 2nd:2000/07/30 13:33 1st:2000/07/02 19:40)
HOME > 関東 > 埼玉県 > 道の駅 大滝温泉 > 駅みやげレポート

ご意見・ご感想・ご要望は、ふゆのほしまで。
MapFanWebは、インクリメントP株式会社のインターネット地図検索サービスです。
地図へのリンクはMapFanWebの利用規程に基づいています。
Copyright(c)2000-2004 ふゆのほし All rights reserved.
本内容すべての無断複製、引用、転載を禁じます。
データ作成日:2000年08月04日 最終更新日:2004年01月07日