ふゆのほし的「道の駅」ご案内   道の駅をたずねて何千キロ
道の駅 しなの
◆ふるさと天望館◆

上信越自動車道 信濃町ICのすぐ横に位置する道の駅「しなの」。近くには、黒姫高原や野尻湖があり、夏はキャンプ、冬はスキーに訪れる人が多い場所である。

道の駅「しなの」は物産店とレストラン・休憩スペースからなる「ふるさと天望館」、道路情報等を兼ねた休憩所から構成され、施設外観的には中規模、施設内容的にはこじんまりとした駅だ。店内は非常に明るく雰囲気も良いのだが、それ以上に好印象なのが店員さんの明るい「いらっしゃいませ」の挨拶ではないだろうか。案外これが出来ない駅が多かったりするのだ。


 
 
 
道の駅基本データ
場所/地図 長野県上水内郡信濃町大字柏原1260-4
沿線 国道18号
駅付近の交通量 午後:★☆☆(少)
連絡先 026-255-2900
各施設開館時間 09:00〜19:00
09:00〜18:30(冬季)
休館日 水曜日(祝日の場合翌日)
駐車場 73台(大:18 普:53 身障者用:2)
トイレ数 男:7 女:5 身障者用:1
石鹸:屋内外共に無
印象に残った名産品、
珍しいもの等
ルバーブジャム
ブルーベリー 
黒姫高原牛乳など
訪問履歴 3rd:2002/09/21 13:59
2nd:2001/08/18 18:43 1st:2000/09/10 17:46
 
 

 

施設内容
売店(ふるさと天望館)
食堂(ふるさと天望館)
観光案内所
道路情報
休憩所
乳製品加工施設
スタンプ:売店のレジ横
(場所:見取り図の赤丸印)
 
見取り図
 

 

道の駅制覇し隊 この駅どんな駅?みつぼしチェック
目玉なお買い物度 ★★★ 売店の規模は広く、また上品な雰囲気漂う陳列。ブルーベリーやルバーブ、乳製品等の特産品が並ぶ。
食事しましょう度 ★★ 郷土料理にこだわり、中でも岩魚の蒲焼きは気になるメニュー。しぼりたて牛乳のソフトクリームも人気。
ちょいと休憩度 ★★ 新しさを保つ屋内休憩所が有り。
ゆったり休憩度 ☆☆☆
ここで遊ぼう度 ☆☆☆
ここで体験度 ☆☆☆
文化に親しもう度 ☆☆☆
トイレ印象度 ★★★ ふるさと天望館内にあるトイレ、及び休憩所側トイレともに設備はごく普通だが新しさを保ち、清潔度も良好。ふるさと天望館内のトイレにはエアータオル有り
訪問時混雑度 ☆☆ 訪問したのが夕刻ゆえ、既に車はほとんど停まっていない状態。昼間に訪問して混雑の差を確認したい。
身障者への配慮 駐車場から各施設へは段差無し

道の駅ギャラリー
次に「しなの」を様々な角度から撮影した写真をお楽しみいただければと思う。ってそんな大層な写真はないのだが、少しでも雰囲気を感じてもらえれば幸いである。
道の駅「しなの」全景

 

入口にはこんな看板がある こちらがメイン施設である「ふるさと天望館」

 

店先には農産物の直売コーナーもある 「ふるさと天望館」入口風景

 

売店風景 広々としている 売店奥にはちよっとした休憩スペースもあり

 

軽食堂入口ではおやきや
ソフトクリームも買えるのだ
窓が大きく、明るい雰囲気の食堂内

 

各種情報コーナーとトイレ

 

情報コーナー内は広々としている 情報コーナーの片隅には情報KIOSKが
設置されており、観光情報や道路状況を確認できる

道の駅チェックレポート
道の駅にはそれぞれ特徴がある。我々「道の駅制覇し隊」が実際に道の駅を訪れたなかで、見どころや気になるところなどをレポートする。時にはべたぼめあり、辛口も混ぜておおくりするが、あくまでも一個人のレポートゆえ、人によっては異なった感想をもたれる場合もあるかもしれない。その点は予めご了承願いたい。
 
 
駅内チェック:ふるさと天望館で見つけた信濃のおいしい特産品たち
店内では土産品がジャンル毎に整然と並べられており、また、ディスプレイにも気を遣っているように感じられる。そんな中、信濃の特産品をあれこれ探してみた。
信濃ワイン 黒姫高原特産
ブルーベリージュース
黒姫高原の
うまい牛乳アイス
     
クローズアップ:「ルバーブ」商品あれこれ
売店を覗くとやたら「ルバーブ」の文字を見かける。ルバーブクッキー、ルバーブジュース、ルバーブキャンディ、ルバーブジャム。しかし、この「ルバーブ」って果たして何だろう? それは、シベリア南部原産のタデ科の植物だ。薬草ダイオウの仲間。野尻湖畔の国際村に避暑に訪れていた牧師が種を持ち込み、ここ信濃町が育てるのに適した土地であると判断したことから、産地化されたものらしい。ルバーブは、繊維質と有機酸が多く含まれた健康食品でもある、とのこと。(店内説明を要約)
ルバーブジュース ルバーブジュース(大) ルバーブあめ
     
クローズアップ:「黒姫高原の乳製品
道の駅「しなの」の一押し商品といったら、「黒姫高原のうまい牛乳」に「黒姫高原の飲むヨーグルト」。地元牧場で搾った牛乳を原料に、ここ「しなの」の加工施設で造られているのだ。

いずれも飲んでみたのだが、「黒姫高原のうまい牛乳」は、非常まろやかな味でしかも飲みやすく、そして「黒姫高原の飲むヨーグルト」も酸味まろやか、且つ甘さが口いっぱいに広がるヨーグルト、といった感じであった。きつい酸味が苦手な人には是非お薦めしたいドリンクヨーグルトだ。
クローズアップ:可愛い瓶詰め大集合!
最近、可愛い瓶詰めを置いている道の駅を多く見かける。ここ「しなの」では、「ぶんぶく亭」なる名称の瓶詰めが種類も豊富に並んでいる。

ルバーブジャム、ブルーベリージャム、こしょうみそ、きゅうり熟煮、ふきみそ、野沢菜、きゃらふき等 その他黒姫高原ジャム(りんご・あんず・ブルーベリー)等もある。
クローズアップ:信濃ブルワリー「信濃ビール
黒姫山のふもとにある信濃ブルワリーでは、「信濃ビール」を製造している。アメリカの工場にアドバイスを受けながら具現化した「信濃ビール」は、厳選した素材と共に黒姫の水がポイントだろう。

現在、4種類のビールと限定ビールがある。
信濃エール 黄金色が美しいキリッとしながらフルーティー
マウンテンエール 琥珀色、柔らかい甘味は女性向けか
ドラゴンエール このビールをドラゴンが喉をかみ切るような苦さ、と表現するのが一般的だが、実にそのとおり。
黒姫スタウト 香ばしさ漂う黒ビール。独特の甘味が有り。
雪中麦酒 これは季節限定ビール。黒姫の深い雪の中でじっくりと長期熟成させたビール。
駅内チェック:食堂で食べる「黒姫高原の牛乳ソフトクリーム」
上記の「黒姫高原の乳製品」でも紹介しているが、ここ「しなの」の敷地内には乳製品の加工施設があるので、毎日のように黒姫高原牧場から新鮮な生乳が届けられるのだ。それを100%使用したのが、この「牛乳ソフトクリーム」(280円)だ。

このソフトクリームの美味しさも既に定評があり、真っ白なクリームをみると思わず幸せな気分にさせられる。というわけで、実際に食堂で注文してみる。すると、コーンを手にした時には非常に軽い感じがしたのだが、いざ口に入れてみれば、ずっしり重みのある"まったり"ソフトだったりする。甘味自体は決して強すぎないのだが、甘さの後味が残るあたりがなかなか不思議な感覚だ。
 
 

home  地方indexへ戻る 長野県indexへ戻る

ご意見・ご感想・ご要望は、ふゆのほしまで。

MapFanWebは、インクリメントP株式会社のインターネット地図検索サービスです。
地図へのリンクはMapFanWebの利用規程に基づいています。
Copyright(c)2000-2003 ふゆのほし All rights reserved.
本内容すべての無断複製、引用、転載を禁じます。
データ作成日:2000年09月13日 最終更新日:2003年10月31日