ふゆのほし的「道の駅」ご案内   道の駅をたずねて何千キロ
道の駅 さかきた
 

長野自動車道 麻績ICから国道403号を坂北村・明科町方面へと出るとまもなく右手に見えてくるは道の駅「さかきた」。

国道に沿った形で農産物直売所と軽食堂が並び、隣接した敷地に駐車場や屋外トイレがあるため、直売所等は道の駅とは別の施設なのかと思いきや、これらはすべて道の駅の施設。(明科町から坂北村へ向かった場合、まず先に駐車場とトイレ施設がある敷地が見えてくるのだが、この敷地に車を停め、いざ敷地内を見渡すと、トイレがあるだけなため、ここの施設はトイレのみなのか、と思ってしまいそうだ)

駅の規模としてはかなり小さく、施設内容的にも売店と軽食堂、トイレといったシンプル構成。素朴さいっぱいの駅といったところだろうか。


 
 
 
道の駅基本データ
場所/地図 長野県東筑摩郡坂北村長田4340
沿線 国道403号
駅付近の交通量 午後:★☆☆(少)
連絡先 0263-66-3080
各施設開館時間 11:00〜17:00
※日曜日は〜15:00
休館日 月曜日,木曜日
駐車場 26台(大:4 普:21 身障者用:1)
トイレ数 男:4 女:5 身障者用:1
石鹸:有
印象に残った名産品、
珍しいもの等
新鮮野菜、もえぎとうふ
おやきなど
訪問履歴 3rd:2003/07/13 12:58
2nd:2002/09/14 13:08 1st:2001/08/18 12:01
 
 

 

施設内容
坂北やさいBOX
よってきましょ「もえぎ亭」
道路情報
観光案内
四阿
スタンプ:屋外トイレ付近
(場所:見取り図の赤丸印)
 
見取り図
 

 

道の駅制覇し隊 この駅どんな駅?みつぼしチェック
目玉なお買い物度 ★★ 農産物直売所である坂北やさいBOXはかなり小規模な店舗。ここで買うならばやはり新鮮野菜、そして、もえぎとうふがお薦め。
食事しましょう度 ★★ 直売所隣にある軽食堂は、うどんとおやきが中心。
ちょいと休憩度 ☆☆ 屋内休憩所は特に無いのだが、トイレ施設にベンチ、そして四阿もあるので、そこらで一息つくのも良いか。
ゆったり休憩度 ☆☆☆
ここで遊ぼう度 ☆☆☆
ここで体験度 ☆☆☆
文化に親しもう度 ☆☆☆
トイレ印象度 ★★★ 設備的にはごく普通だが新しさを保っている。清潔度も良好。
訪問時混雑度 ☆☆ 付近の交通量が少ないせいだろうか、昼過ぎの一番客が訪れる時間帯でもまだまだ余裕有り。
身障者への配慮 駐車場からトイレへはスロープ有り。売店や軽食堂は駐車場に面していないが、歩道に沿って行ける。食堂も一見段差が無いように見えるのだが車椅子で進入可能かどうかは未確認

道の駅ギャラリー
次に「さかきた」を様々な角度から撮影した写真をお楽しみいただければと思う。ってそんな大層な写真はないのだが、少しでも雰囲気を感じてもらえれば幸いである。
道の駅「さかきた」トイレしか無いの?とビックリ!

 

木をふんだんに使ったトイレは美しく、
安心して利用可能

 

所々にベンチが設置されており、
ここらで一息つけそうだ
周囲の緑を楽しみながら
四阿で休憩もまた良し

 

国道に面して食事処と農産物直売所がある

 

こちらが食事処の「もえぎ亭」 もえぎ亭のおやきやうどんは美味しいと評判!

 

隣に位置するは「坂北やさいBOX」
農産物直売所だ
直売所内は新鮮野菜が並ぶ

道の駅チェックレポート
道の駅にはそれぞれ特徴がある。我々「道の駅制覇し隊」が実際に道の駅を訪れたなかで、見どころや気になるところなどをレポートする。時にはべたぼめあり、辛口も混ぜておおくりするが、あくまでも一個人のレポートゆえ、人によっては異なった感想をもたれる場合もあるかもしれない。その点は予めご了承願いたい。
 
 
駅内チェック:坂北やさいBOXで見つけた坂北の特産品
店舗の規模としては結構小さく、いかにも道路脇にひっそりとたたずむ直売所といった印象をもつ。直売所という性格上、野菜中心の陳列だ。四季それぞれの野菜や米を販売しており、直売所ならではの新鮮野菜が安価で入手出来るのは嬉しい。
ふきのとう・たけのこ・タラの芽・なずな・よもぎ・ふき等
なす・トウモロコシ・キュウリ・ジャガイモ・枝豆・カボチャ等
きび・松茸・白菜・くるみ・りんご・阿四屋はぜかけ米等
大根・白菜・漬け物・豆・餅等
また、可愛い手づくり工芸品等もあり、驚くほどの安価で買えるのだ。
はぜかけ米 もえぎ豆腐の青大豆 豆菓子 地鶏のゆで玉子
クローズアップ:これは美味い!「もえぎとうふ」
坂北の自慢豆腐である「もえぎとうふ」は、坂北村の休耕田を利用して青豆を栽培し、それを原料とした豆腐である。やんわりとグリーンがかった色が綺麗で、風味とコクがある無添加商品だ。

信州味のコンクールでも奨励賞を受賞したこの豆腐は、醤油をつけずにそのまま食べるものらしい。
というわけで、2002年訪問時に1丁購入してみた。そして、いざ包丁を入れてみると、予想以上にしっかりとした固さを保った豆腐であり、いわゆる木綿豆腐といった感じだ。是非、醤油をつけずに食べてみて欲しいといった注意書きに従い、そのまま冷や奴で頂いてみる。すると、淡泊ななかにどことなく青豆の自然な甘味が口に伝わってくるような感じであり、確かに普通の豆腐とはひと味違っているのだ。

我々的なオリジナル(だと思うが)な食べ方としては、この豆腐にうっすらとワサビをのせて食べると、これがまた引き締まった味わいが楽しめる。「これは次に訪れてもまた買いたい」一品だったりする。
駅内チェック:よってきましょ「もえぎ亭」はうどん・おやき中心の食堂
坂北やさいBOXの隣には軽食堂「もえぎ亭」がある。こちらでは、地粉を使ったおやきとうどんを中心とした食事が可能だ。この食堂では、坂北村で昔から親しんできた郷土料理を多くの人に味わってもらいたい、と意気込みも十分。
クローズアップ:アッツアツをフーフーしながら食べたい!もえぎ亭の「おやき」
もえぎ亭の「おやき」は、その場で頂くか、またはテイクアウトも可能らしい。今回、我々は食堂内で頂くことにしたのだが、籐籠に盛られ、更には漬け物まで付いてくる。

しかも、ここのおやきは実に厚みがあり、皮は固めだ。中に具がいっぱい詰まっており、ボリューム的にはかなり満足だろう。
茄子入りは、細かく刻んだ茄子がたっぷり、そして野沢菜入りも、半分に割った途端、具が飛び出してくるほどの量が入っている。

前述のように皮が固めなため、皮と具が相まった旨みというよりは、皮が具を引き立てているといった不思議な味わいである。

(茄子入り)

(野沢菜入り)
 
 

home  地方indexへ戻る 長野県indexへ戻る

ご意見・ご感想・ご要望は、ふゆのほしまで。

MapFanWebは、インクリメントP株式会社のインターネット地図検索サービスです。
地図へのリンクはMapFanWebの利用規程に基づいています。
Copyright(c)2002-2003 ふゆのほし All rights reserved.
本内容すべての無断複製、引用、転載を禁じます。
データ作成日:2002年06月12日 最終更新日:2003年07月25日