ふゆのほし的「道の駅」ご案内   道の駅をたずねて何千キロ
道の駅 小坂田公園
◆小坂田わくわく園◆

長野自動車道 塩尻ICから国道20号 岡谷市方面へと出るとまもなく左手に見えてくるは道の駅「小坂田公園」。岡谷市方面から松本方面へと向かう場合は、駅が丁度右手に位置することになるのだが、右折では進入出来ない為、一旦左側にある進入路から入り、駐車場奥にある通路を経て道の駅のメイン施設側へと向かおう。

道の駅「小坂田公園」は、その名のとおり小坂田公園内にある駅である。蝶の博物館やゴーカート、プールやら広場等、遊ぶ・運動・見る施設群が揃い、家族で、または仲間同士で長時間楽しめる場所。2003年春に売店とレストランがリニューアルし、売店規模も広く、そしてレストランも郷土色が色濃くなったようである。「買う・食べる」施設の充実はやはり嬉しいものだ。


 
 
 
道の駅基本データ
場所/地図 長野県塩尻市大字塩尻町1090
沿線 国道20号
駅付近の交通量 午後:★★☆(普)
連絡先 0263-52-6414
各施設開館時間 09:00〜17:00(各遊戯施設)
 ※一部異なる時間帯あり
10:00〜19:00(カフェパッソ)
 ※7-9月は09:00〜20:00
11:30〜22:00(レストラン)
 ※但し14:30-17:30は準備中
09:00〜17:00(蝶の博物館)
休館日 月曜日
遊戯施設は冬期休み
駐車場 295台(大:10 普:282 身障者用:3)
トイレ数 男:16 女:11 身障者用:2
石鹸:無
印象に残った名産品、
珍しいもの等
ワイン、地酒、
洗馬焼など
訪問履歴 4th:2003/08/03 18:16 3rd:2002/08/25 17:46
2nd:2001/07/22 18:13 1st:2000/08/19 18:27
 
 

 

施設内容
売店
農産物直売コーナー
レストラン「茜里」
カフェ・パッソ
情報コーナー
蝶の博物館
ゴーカート/バッテリーカー
パターゴルフ
多目的運動場
プール
スタンプ:売店施設内情報コーナー/公園管理棟内の2箇所
(場所:見取り図の赤丸印)
 
見取り図
 

 

道の駅制覇し隊 この駅どんな駅?みつぼしチェック
目玉なお買い物度 ★★ 2003年春に売店がリニューアルし、農産物の直売コーナーや信州土産、地酒等、品揃えも豊富になった。
食事しましょう度 ★★★ 以前は焼肉やしゃぶしゃぶだったレストランも、リニューアルにより安曇野放牧豚と手打ちそばに特化した郷土色豊かな料理レストランへと変わり、魅力度が増した。
ちょいと休憩度 ★★ 店施設が広くなったおかげで情報コーナーも設置され、休憩スペースもみられる。
ゆったり休憩度 ☆☆☆
ここで遊ぼう度 ★★★ 小坂田公園といえば「遊ぶ」施設に特化している。特に気軽に遊べる施設といえばゴーカートあたりか。プールやパターゴルフなどに加え、新たな遊戯施設としてユーロバンジートランポリンが追加された。
ここで体験度 ☆☆☆
文化に親しもう度 ★★ 蝶の博物館では日本国内外の多種多様な蝶たちが展示されている。蝶好きな人、子供連れの家族等にお薦めな施設
トイレ印象度 ★★ 設備的にはごく普通、清潔度も普通のトイレ。
訪問時混雑度 ★★ 休日昼間を中心に混雑しそうだが、いかんせん夕刻ばかりの訪問ゆえ、本来の混雑度は不明。
身障者への配慮 駐車場から各施設へはスロープ有り

道の駅ギャラリー
次に「小坂田公園」を様々な角度から撮影した写真をお楽しみいただければと思う。ってそんな大層な写真はないのだが、少しでも雰囲気を感じてもらえれば幸いである。
駐車場からみる道の駅「小坂田公園」

 

小坂田公園にはこれだけの施設がある
看板にぎっしり書かれた施設群
目印は更にもうひとつ!
「わくわく園」がいわゆる小坂田公園

 

駐車場に面した屋外トイレ 駐車場から最も近い位置に新設された
「ユーロバンジートランポリン」

 

2003年にリニューアルした売店・飲食施設

 

おや?建物1階にカフェパッソなる喫茶店を発見
ジェラートやコーヒー、洋食等が食べられるのだ
その横の階段を上がっていき、
左手の入口から入ればそこは売店!

 

売店もリニューアルして広々としたうえに品揃えも充実だ

 

入口付近には朝採り新鮮やさいコーナー そして続くは特産品販売コーナー
信州全般の土産が並ぶ

 

塩尻の地酒・地ビール・ワインも勢揃い 塩尻の代表的な工芸である「洗馬焼」

 

売店の奥は情報コーナーへと続く
椅子やテーブルもあるので休憩可能だ
情報コーナー(スタンプも設置されている)

 

そしてレストラン「茜里」入口 レストランは座敷席が主であり、
靴をぬいで入る形式だ

 

階段をあがるとプール施設 駐車場挟んで向かい側には多目的広場

 

蝶の博物館 事務所入り口。お菓子の家のようだ
パターゴルフとゴーカートの受付場所でもある

 

更に通路を歩いていくと・・・

 

そこはゴーカート乗り場 巧みに車を操り、気分はレーサー??

 

パターゴルフ場

道の駅チェックレポート
道の駅にはそれぞれ特徴がある。我々「道の駅制覇し隊」が実際に道の駅を訪れたなかで、見どころや気になるところなどをレポートする。時にはべたぼめあり、辛口も混ぜておおくりするが、あくまでも一個人のレポートゆえ、人によっては異なった感想をもたれる場合もあるかもしれない。その点は予めご了承願いたい。
 
 
駅内チェック:売店で見つけた塩尻の特産品たち(2003年リニューアルで見どころも増えたのだ!)
小坂田公園の売店施設といえば、とにかく小規模でやや物足りなさを感じていたのだが、2003年4月のリニューアルにより、その印象はガラリと変わった。それも「良い意味」でである。そう、館内は大幅に模様替えを行い、売店エリアもかなり広々と確保されているのだ。しかも、昔、売店だったフロアが農産物直売コーナーへ、そしてレストランフロアだった部分を大々的に特産品販売コーナーに、そしてその一角に情報コーナーや休憩スペースが設けられているのだ。

商品群は塩尻に限らず、信州土産全般に扱っているのだが、"ほし"的に特に嬉しいのが、塩尻の地酒・地ビール・そしてワインが多数並んでいる点だったりもする。漬物やジャム、麺類、菓子類等も並び、土産選びも格段に楽しくなった。
りんご手作りジャム 信州そばパスタ 五一わいん
地酒 高波・笑亀 特別純米酒「緑香村」 塩嶺麦酒(塩尻地ビール)
     
駅内チェック:レストラン「茜里」は安曇野放牧豚と手打ちそばに特化した郷土レストラン
以前は、焼肉やしゃぶしゃぶ食べ放題等の庶民派レストランだったが、リニューアルした現在は、地域産食材にこだわったレストランに生まれ変わった。その内容も、手打ちそば、安曇野放牧豚、手作りの豆腐、これらをメインに掲げている。
レストラン内も「和」を基調とした雰囲気の良い造り、難点は座敷席がほとんどという点ではあるが、中には足をテーブルの下におろせるタイプもあるので、店員さんに申し出て該当席が空いていれば案内してくれる。なお、お通しとして、野菜の浅漬けがお茶と共にやってくる(この浅漬けをポリポリと食べながら料理が来るのを待つのもまた嬉しい)。

ちなみに、ここで大々的にアピールしている「安曇野放牧豚」といえば、某有名料理番組である「どっちの料理ショー」の特選素材でも取り上げられた自信の食材でもある。このレストランでは、この放牧豚のしゃぶしゃぶや、生姜焼き、照り焼き丼、そしてカツ等がメニューとして並んでいるので、お好みにあわせて豚料理を食べてみよう。

今回は、手打ちそばの方は胃袋の関係上、食べることが出来なかったのだが、次回は是非とも手打ちそばも頂いてみたい。各種そばの他に、なんとそば尽くしの「そば御膳」なるものもあるのだ。
クローズアップ:ボリューム満点!「放牧豚のロースカツ丼」(900円)
目の前に登場したカツ丼はとにかく嬉しいボリューム感。しかも、ただ大きいだけではない。ロース肉の旨みもさることながらそれらを包んでいる卵もふんわりとしているのだ。更にご飯もたっぷりでボリューム満点な丼、これで900円ならば、「是非ともまた食べたい」に値する料理。

他に、冷や奴・みそ汁・お新香もついてくる。
クローズアップ:食べて幸せな気分になる「放牧豚のロースカツ膳」(1,300円)
店のオススメ料理のひとつでもある(ロースカツ丼も同様だが)この「放牧豚のロースカツ膳」、こちらもかなりのボリュームである。

肉の味わい自体は上記のカツ丼と同様だが、それにしても肉の厚みも柔らかさも旨みも、いやはや、どれも「満足」の一言に尽きる。そして、付け合わせの手作り冷や奴も、大豆の自然の甘みが口に広がり、実に美味い。
駅内チェック:蝶の博物館で蝶の魅惑に触れる
レストラン塩路里の向かいにあるコンクリート状の建物、それが「蝶の博物館」だ。この博物館では、世界に生息する数々の蝶約5,000匹(4,500種ほど)を展示している。魅惑的な光を発するものや様々なサイズのものまで、種別も豊富ゆえ、駅に立ち寄りがてら、是非覗いてみてはいかがだろうか。
入館料 大人300円, 小/中学生150円
時間 09:00〜17:00(入館受付:〜16:30)
休館日 月曜日,祝日の場合翌日,12/29〜01/03
問い合わせ先 0263-53-6342
駅内チェック:多種多様な「遊ぶ」施設!楽しい汗をかこう
小坂田公園には、遊ぶ施設が幾つも揃っている。その一部をここで紹介しておこう。
駅の一番奥にあるは「ゴーカート」
レストランや公園管理棟に向かう通路の一番奥に位置するのが「ゴーカート」である。施設の前に看板があるのだが、営業時間や料金が一部手書きで修正されていた。営業時間は、午前9時から日没まで。1回券の料金は300円。6回券は1200円。もともとは11回券で3000円と書かれていたようだが、さすがに11回も走ると飽きてくる人が多いのか、6回に改めたのかと思われる。
パターゴルフ場
小坂田公園にはパターゴルフ場もあり、営業時間はゴーカート同様に午前9時から日没まで。1ラウンドあたり大人は800円、子供は400円(どうやらこれは以前設定されていた値段より安くなっているようだ)。パターやボール、靴は無料で貸してくれる。ただ、個人所有の道具類は持ち込みを禁止されている。だからマイパターやマイボールを持ってる人もここでは使うことは出来ない。場内の飲食や煙草なども禁止されているほか、いろいろな注意事項があるので、あらかじめゴルフ場の案内看板をしっかり読んでおこう。
ユーロバンジートランポリン
2003年訪問時に発見した巨大な遊戯施設、よくよくみるとトランポリンのようである。その名は「ユーロバンジートランポリン」。どうやら、ゴム製のひもを身体につけて飛ぶバンジージャンプのようなトランポリンのようである。施設前の案内板には、「ジャージを無料でお貸しします」と書かれているので、服装が気になるようであればジャージを着用して楽しんでみてはいかがだろう。1回5分間につき500円、2歳以上から利用可能だとか。
その他施設いろいろ
その他、多目的運動場やプールなど遊び場がいっぱい! ここの施設で思い切り汗をかこう!!
 
 

home  地方indexへ戻る 長野県indexへ戻る

ご意見・ご感想・ご要望は、ふゆのほしまで。

MapFanWebは、インクリメントP株式会社のインターネット地図検索サービスです。
地図へのリンクはMapFanWebの利用規程に基づいています。
Copyright(c)2000-2003 ふゆのほし All rights reserved.
本内容すべての無断複製、引用、転載を禁じます。
データ作成日:2000年08月23日 最終更新日:2003年09月11日