ふゆのほし的「道の駅」ご案内   道の駅をたずねて何千キロ
道の駅「しなの」
HOME > 関東 > 長野県 > 道の駅 しなの > 駅グルメレポート
食堂で信濃町産の石挽きそばを堪能しよう!
売店奥には食事処があり、黒姫の石挽きそばが堪能できる。新そばの時期には、入口に「新そば始めました」の貼り紙があり、そば好きの心をくすぐる。信濃町産の霧下そばといえば、標高が高い高原地帯ならではの特徴を活かした蕎麦であり、その味にも定評があるのだ。他にも、そばおやきや自慢の牛乳ソフト等々、道の駅グルメの舌を満足させてくれること間違い無しだ。

また、食堂の中央にあるテーブルには、大皿に手作りの「大根のビール漬け」や「野菜炒め」が盛られ、取り皿にとって自由に食べて良いというサービスがある。もしかしたら問い合わせが多かったのであろうか、ビール漬けはレシピも用意されている。ピリッとした歯ごたえ良いビール漬けはなかなかの美味だ。
 
黒姫の味わい!「ざるそば定食」
「ざるそば定食」(1,000円)は、ざるそばの他に五目まぜご飯、虹鱒の甘露煮、大根と人参の煮物がついてくる。

自慢の霧下そばの味はいかがだろうかと早速食べてみると、程よいコシ且つしっかりとしながらしなやかな喉ごしが印象に残る。量的にも決して少なくはないというのに、次から次へと気持ち良いほどに喉へ入っていくのだ。他の料理も含め、全体的にヘルシーな料理である。
冬期限定!食べてぽっかぽか 「黒姫おにかけそば」
「黒姫おにかけそば」(800円)は、北信地方における郷土料理らしい。冬期限定にふさわしい、身も心もあたたまる料理である。

というわけでこの「おにかけそば」とは、大根や白菜、ネギ、にんじん、油揚げ、鴨肉、シメジといった、たっぷりの具を特製の汁で煮込んだ、あったか「そば」。勿論、そばは信濃町産の霧下そばであり、ざるそばとはまた違った喉ごしが楽しめる。北信州の厳しい冬にピッタリな郷土食、味わいもどこか懐かしさを感じる。
食べて美味しい!「黒姫高原の牛乳ソフトクリーム」
駅みやげレポートでも紹介しているが、ここ「しなの」の敷地内には乳製品の加工施設があるので、毎日のように黒姫高原牧場から新鮮な生乳が届けられるのだ。それを100%使用したのが、この「牛乳ソフトクリーム」(280円)だ。

このソフトクリームの美味しさも既に定評があり、真っ白なクリームをみると思わず幸せな気分にさせられる。というわけで、実際に食堂で注文してみる。すると、コーンを手にした時には非常に軽い感じがしたのだが、いざ口に入れてみれば、ずっしり重みのある"まったり"ソフトだったりする。甘味自体は決して強すぎないのだが、甘さの後味が残るあたりがなかなか不思議な感覚だ。

 

 

道の駅詳細レポート帳
各道の駅内で特に細かくチェックした内容について、別途「詳細レポート」として掲載している。
赤いアイコンをクリックすると各レポートページにジャンプする。フォトギャラリーと合わせて御覧頂きたい。
フォトギャラリー道の駅よもやま話地域よもやま話売店レポート駅グルメレポート温泉・宿泊レポート遊ぶ施設レポート見る施設レポート体験施設レポート公園広場レポートキャンプ場レポート
詳細レポート-記事タイトル-
写真でつづる道の駅ギャラリー(フォトギャラリー)
道の駅で見つけた特産品、お土産たち(駅みやげレポート)
食堂で信濃町産の石挽きそばを堪能しよう!(駅グルメレポート)
 
訪問履歴:4回(4th:2003/11/30 11:12 3rd:2002/09/21 13:59 2nd:2001/08/18 18:43
1st:2000/09/10 17:46)
HOME > 関東 > 長野県 > 道の駅 しなの > 駅グルメレポート

ご意見・ご感想・ご要望は、ふゆのほしまで。
MapFanWebは、インクリメントP株式会社のインターネット地図検索サービスです。
地図へのリンクはMapFanWebの利用規程に基づいています。
Copyright(c)2000-2004 ふゆのほし All rights reserved.
本内容すべての無断複製、引用、転載を禁じます。
データ作成日:2000年09月13日 最終更新日:2004年01月17日