ふゆのほし的「道の駅」ご案内   道の駅をたずねて何千キロ
道の駅「風穴の里」
HOME > 関東 > 長野県 > 道の駅 風穴の里 > 駅みやげレポート
道の駅で見つけた特産品、お土産たち
道の駅「風穴の里」の売店では、朝から買い物にいそしむ人も多く、店内には客があれこれ手にとりながら土産物を物色している姿が目立つ。漬け物類や織物等、素朴な特産品が多いため、若者だけでなくかなり年輩の方々も楽しそうに土産を選んでいるようだ。さて、かんじんの特産品だが、稲核菜(いねこきな)漬や、風穴の里オリジナルジャム(ブルーベリー・りんご・木イチゴ)、安曇村特産として有名な「みやま織」のバッグや財布、眼鏡ケース等、道の駅の向かいにある「喜山路」のまんじゅう等あたりが特に目立った商品に感じられた。

以前、風穴の里ブルーベリージャムをお土産として頂いたことがあったのだが、適度な甘酸っぱさがパンに良く合い、非常に美味しく頂けた記憶がある。
 
稲核菜漬け 稲核菜おやき 松の実クッキー
風穴の里ジャム 道の駅風穴の里ジャム 風穴の里ワイン
風穴そば 深山織 若笹すし
 
安曇村の手作りパン 乗鞍高原の林檎ケーキ  
     
風穴の里にきたらこれは買いたい!「稲核菜漬け」
稲核菜漬けの前に、まず稲核菜の説明をしておこう。これは、安曇村の稲核地域の特産、昔からこの地区で栽培され、他種との交配は避けながら作られてきたものだ。見た目には野沢菜に似ている(勿論、別物だが)。これを漬け物にしたのが、稲核菜漬けという訳だ。

今回購入したのは「稲核菜包丁切り」というものだが、店内にて販売している稲核菜の漬け物は切っていないタイプと細かく切ったタイプのものが売られており、ズボラな人には袋から出してそのまま食べられる「包丁切り」タイプが向いているかも。

白ゴマと稲核菜を醤油や酢等で漬け込んだ漬け物は、さっぱりした酸味と稲核菜の風味が調和している。
「喜山路まんじゅう」
今まで気づかなかったのだが、道の駅の向かいにある「喜山路」という店は、道の駅「風穴の里」の別館といった形で、まんじゅう横の貼り紙に書かれている。このまんじゅうは、いも粉を使った薄皮でこしあんを包んだものだが、その昔は島々地区で造られていた「島々まんじゅう」がそのルーツらしい。

実際にこのまんじゅうを買って食べてみたのだが、これは文句無しにうまい!皮もふんわりとしていて、中のあんこも甘すぎず、ついつい何個も手を出してしまいそうな魅惑のまんじゅうである。
「りんごいっパイ」
お隣の町である波田町の商品だが、「りんごいっパイ」は、りんごがたっぷり入ったパイケーキ。パイ皮の上にスポンジとりんご薄切りのシロップ煮がのせられ、更に薄いパイ皮で覆われた上品なケーキである。しっとりしたスポンジとりんごのシロップ煮が大人の味を感じさせる。紅茶のおともにひとつ買いたい、そんな味わいだ。

 

 

道の駅詳細レポート帳
各道の駅内で特に細かくチェックした内容について、別途「詳細レポート」として掲載している。
赤いアイコンをクリックすると各レポートページにジャンプする。フォトギャラリーと合わせて御覧頂きたい。
フォトギャラリー道の駅よもやま話地域よもやま話売店レポート駅グルメレポート温泉・宿泊レポート遊ぶ施設レポート見る施設レポート体験施設レポート公園広場レポートキャンプ場レポート
詳細レポート-記事タイトル-
写真でつづる道の駅ギャラリー(フォトギャラリー)
道の駅で見つけた特産品、お土産たち(駅みやげレポート)
小腹がすいたら、「稲核菜おやき」はいかが?(駅グルメレポート)
風穴って何?/「安曇村資料館」で周辺の歴史に触れてみてはいかが?(見る施設レポート)
みどの工房で深山織り体験をしよう(体験施設レポート)
 
訪問履歴:4回(4th:2003/07/13 08:42 3rd:2002/09/14 08:31 2nd:2001/08/18 08:10
1st:2000/09/10 08:33)
HOME > 関東 > 長野県 > 道の駅 風穴の里 > 駅みやげレポート

ご意見・ご感想・ご要望は、ふゆのほしまで。
MapFanWebは、インクリメントP株式会社のインターネット地図検索サービスです。
地図へのリンクはMapFanWebの利用規程に基づいています。
Copyright(c)2000-2004 ふゆのほし All rights reserved.
本内容すべての無断複製、引用、転載を禁じます。
データ作成日:2000年09月13日 最終更新日:2004年04月08日