ふゆのほし的「道の駅」ご案内   道の駅をたずねて何千キロ
道の駅「安曇野松川」
HOME > 関東 > 長野県 > 道の駅 安曇野松川 > 駅グルメレポート
食堂で松川の名物を食べてみよう!ふじリンゴソフトもあるぞ
信州といえば、そば。食堂では、蕎麦・うどん類を中心としたメニュー構成であり、手打ちそば等の麺類の他、丼等があり、更には名物のふじリンゴソフトクリームも人気だ。

2003年訪問時には、名物「こんにゃく餅」なるものに遭遇、そのお味については下記を御覧あれ。
 
名物登場!「こんにゃく餅」とは?
「寄って停まつかわ」名物のこんにゃく餅は、宣伝の貼り紙によれば、松川村産のこんにゃく芋と上質のくず粉を使用した見た目にも涼しげな一品。トッピングにはこれまた松川村産の黒豆が原料であるきな粉、更には特注の黒蜜をかけて頂く。さて、一口食べてみると、こんにゃく餅の食感は、「餅」のモチモチ感というというよりも、道の駅定食についてきた刺身こんにゃくのプルプルプルルンといったなんともいえぬ心地良い食感に似ている。餅ときなこはかなり淡泊な味ゆえ、ふくよかな甘みをもつ黒蜜が決め手となっている。

ただ、一皿250円(1人前)という値段にしては、量は割と多めだ。これはあくまでも個人的な意見だが、お試しサイズとして、1/2人前150円あたりで販売してくれると、嬉しかったりする。(2003年レポート)
手軽に食べたい松川の味「道の駅定食」
「道の駅定食」は、山菜とイカのかき揚げ、刺身こんにゃく、山菜の水煮(小鉢)、漬物、古代米、みそ汁がついて嬉しい値段の800円。

ひとつひとつの品は量的に決して多い訳ではないのだが、料理点数が多いとそれだけでも満足感が増すから不思議である。特に、刺身こんにゃくは、実にプルプルッとした心地よい食感が美味しく、酢みそとの相性もピッタリだ。古代米のご飯といい、全体的にヘルシーな印象を受けるが、イカと山菜のかき揚げが満腹度を増してくれる。(2003年レポート)
夏に食べたいさっぱり味!「ふじリンゴソフトクリーム」
さぁ、人気のふじリンゴソフトクリームの味はいかかだろう。いざ食べてみると、かなりりんご味が強烈である。まぁ、これは「りんごソフト」なのだから、リンゴの味がして当然なのだが、クリーム本来の甘さよりもりんご味の酸味が強く、なかなか刺激的だ。

夏に相応しいサッパリソフトという表現がピッタリのソフトであった。(2001年レポート)

その他、クローズアップとまではいかないが、今までこの駅で以下の料理を食べてきたのでちょっとご紹介。2001年訪問時は、「天そば」「わさびそば」。まず、「天そば」だが、天ぷらがやや小さめなのが気になるが、蕎麦自体の味はツルツルっとした喉ごしが心地よい。そして、「わさびそば」は、刻みわさびがたっぷり入った蕎麦だが、このわさびがピリッと利く。夏の食欲低下にピッタリな一品だ。2003年度には「カレーうどん」も食している。
▲天そば(2001/08/18食) ▲わさびそば(2001/08/18食) ▲カレーうどん(2003/07/13食)
     

 

 

道の駅詳細レポート帳
各道の駅内で特に細かくチェックした内容について、別途「詳細レポート」として掲載している。
赤いアイコンをクリックすると各レポートページにジャンプする。フォトギャラリーと合わせて御覧頂きたい。
フォトギャラリー道の駅よもやま話地域よもやま話売店レポート駅グルメレポート温泉・宿泊レポート遊ぶ施設レポート見る施設レポート体験施設レポート公園広場レポートキャンプ場レポート
詳細レポート-記事タイトル-
写真でつづる道の駅ギャラリー(フォトギャラリー)
安曇野ちひろ美術館に寄ってみよう(地域よもやま話)
道の駅で見つけた特産品、お土産たち(駅みやげレポート)
食堂で松川の名物を食べてみよう!ふじリンゴソフトもあるぞ(駅グルメレポート)
 
訪問履歴:4回(4th:2003/07/13 10:24 3rd:2002/09/14 11:35 2nd:2001/08/18 10:01
1st:2000/09/10 10:44)
HOME > 関東 > 長野県 > 道の駅 安曇野松川 > 駅グルメレポート

ご意見・ご感想・ご要望は、ふゆのほしまで。
MapFanWebは、インクリメントP株式会社のインターネット地図検索サービスです。
地図へのリンクはMapFanWebの利用規程に基づいています。
Copyright(c)2000-2004 ふゆのほし All rights reserved.
本内容すべての無断複製、引用、転載を禁じます。
データ作成日:2000年09月13日 最終更新日:2004年01月14日