ふゆのほし的「道の駅」ご案内   道の駅をたずねて何千キロ
道の駅「白馬」
HOME > 関東 > 長野県 > 道の駅 白馬 > 駅みやげレポート
道の駅で見つけた特産品、お土産たち
一見、お洒落な観光土産屋さん風の店内、実はここには白馬の特産品がぎっしり詰まっているのだ。勿論、白馬といえばスキー客等で賑わうレジャースポットゆえ、その手の観光土産(例えば、割と何処にでもありそうな菓子類)も並ぶが、やはりここへ来たらとことん地場産にこだわる「白馬」土産を探したい。
 
「白馬の紫米」
この白馬紫米は、中国雲南省から原種を取り寄せて白馬村で栽培したもの。お土産コーナーでは、紫米おかき、饅頭、かきもち、おこわとして販売されていた。

紫米というだけあって、白米に混ぜて炊くと紫色が鮮やかなご飯になるらしい。この米、滋養強壮、血液循環等の薬用効果もあるとか。

店内に並ぶ商品の中でも特にお薦めなのは「紫米おこわ」、レストランでも頂ける一品だが、もちもちっとした食感が、まさしくお赤飯を食べているような感覚だ。(他の紫米商品は下方の写真を参照願いたい)
「白馬おやき」
道の駅「白馬」の人気商品といえば、この「白馬おやき」。饅頭の中に各種の具が入っているのだが、ここまで詰め込むか、と言う程のたっぷりな量にちょっとビックリ。味は、切り干し大根・野沢菜・あずき の3種類である。我々も小腹が空いたところで早速この白馬おやきを食べてみたのだが、まず最初にその具の量に驚きながら頬ばる。

野沢菜味は、かなりピリリッと辛味が強い味、切り干し大根の方が万人的には食べやすく甘めな味だが、全体的に味が濃い為、ここはお茶と一緒に食べたいおやきだ。
「かたくりまんじゅう」
道の駅「白馬」のオリジナル商品として登場したこの「かたくりまんじゅう」は、紫米のおこわとあんこが一緒になった餡をよもぎ味の皮で包んだもの。

ただのあんこではなく、紫米が入っているので、飽きがこず、プチプチっとした口触りがなんとも美味しい。ほのかに香るよもぎの皮とマッチして、これは我々的にもお薦めなまんじゅうだ。
「ブルーベリー&クリームチーズパン」
道の駅内の売店には、白馬村内にあるベンチタイム(パン工房)のパンが並んでいる。ベンチタイムでは、白馬村内の素材を使用してパン作りを行っているのだとか。

白馬の紫米をパン生地に使用した紫米あんぱんや、白馬村のブルーベリーを使用したブルーベリー&クリームチーズパン等々、パンを食べながら白馬を感じるのも良いかも(ブルーベリーはちょっと酸味が強かったが)。

と、クローズアップ商品の他にも、白馬の地酒やワイン、野沢菜、ブルーベリー商品(ブルーベリージャムや羊羹、サワー等)等、多数の白馬商品が並び、どれを買って良いやら、人ごみのなかで悩むことしばしばだ。
純米酒「夢白馬」 吟醸酒「白馬憧憬」 オリジナルワイン「夢白馬」
野沢菜 ブルーベリージャム 紫米の酒「白馬紫雲」
紫米パン 紫米おかき 紫米うどん
     

 

 

道の駅詳細レポート帳
各道の駅内で特に細かくチェックした内容について、別途「詳細レポート」として掲載している。
赤いアイコンをクリックすると各レポートページにジャンプする。フォトギャラリーと合わせて御覧頂きたい。
フォトギャラリー道の駅よもやま話地域よもやま話売店レポート駅グルメレポート温泉・宿泊レポート遊ぶ施設レポート見る施設レポート体験施設レポート公園広場レポートキャンプ場レポート
詳細レポート-記事タイトル-
写真でつづる道の駅ギャラリー(フォトギャラリー)
道の駅で見つけた特産品、お土産たち(駅みやげレポート)
レストラン「夢白馬」も和洋食豊富!!(駅グルメレポート)
 
訪問履歴:4回(4th:2003/07/13 16:16 3rd:2002/09/14 17:30 2nd:2001/08/18 15:27
1st:2000/09/10 14:25)
HOME > 関東 > 長野県 > 道の駅 白馬 > 駅みやげレポート

ご意見・ご感想・ご要望は、ふゆのほしまで。
MapFanWebは、インクリメントP株式会社のインターネット地図検索サービスです。
地図へのリンクはMapFanWebの利用規程に基づいています。
Copyright(c)2000-2004 ふゆのほし All rights reserved.
本内容すべての無断複製、引用、転載を禁じます。
データ作成日:2000年09月13日 最終更新日:2004年01月11日