ふゆのほし的「道の駅」ご案内   道の駅をたずねて何千キロ
道の駅 山北
 

東名高速道路 大井松田ICから国道246号を御殿場方面へと走り、清水橋交差点から主要地方道76号丹沢湖方面へと入ると、ほどなく見えてくるは道の駅「山北」である。

神奈川の道の駅「箱根峠」に続き、この「山北」も道の駅としてはかなり小規模である。施設自体も、小さな売店と軽食堂があるだけだが、外観はログハウス調で可愛い。駐車場は主要地方道76号を挟み両側にあるものの、駅の規模に合わせてか駐車可能台数も少ない為、時間帯によっては駐車場に入ることすら出来ない。

川向こうにはオートキャンプ場があるため、夏になると多くの利用客で賑わいそうである。


 
 
 
道の駅基本データ
場所/地図 神奈川県足柄上郡山北町湯触317
沿線 主要地方道76号(山北藤野線)
駅付近の交通量 午前:★★☆(少〜普)
連絡先 0465-77-2882
各施設開館時間 09:00〜17:00
休館日 月曜日
駐車場 25台(大:1 普:22 身障者用:2)
トイレ数 男:6 女:6 身障者用:1
石鹸:無
印象に残った名産品、
珍しいもの等
足柄茶、漬け物
わかさぎ、鮎など
訪問履歴 4th:2003/07/27 10:30 3rd:2002/11/24 10:14
2nd:2001/07/22 10:24 1st:2000/08/19 10:19
 
 

 

施設内容
売店
軽食コーナー
道路情報
スタンプ:売店入口外
 
見取り図
 

 

道の駅制覇し隊 この駅どんな駅?みつぼしチェック
目玉なお買い物度 ☆☆ 駅自体の規模が小さいせいか、売店規模も非常に小さい。川魚関連や足柄茶辺りが特産か。夏に訪れたせいか、夏限定の手作りパンを販売していたのが印象的だ。漬け物等も多数並んでいたのだが、これぞ!といったアピールがもう少し欲しいところ。
食事しましょう度 ★★ 魚釣りが出来る川も近いことからか、川魚料理がメイン。ヤマメの天ぷらそば辺りはお薦めかも。
ちょいと休憩度 ★★ 休憩施設は特に用意されていない。
ゆったり休憩度 ☆☆☆
ここで遊ぼう度 ★★ 夏ならば、向かいの川で水遊びをしたいところだ。
ここで体験度 ☆☆☆
文化に親しもう度 ☆☆☆
トイレ印象度 ★★ トイレ設備自体は標準的、清掃状態も極普通だがちょっと臭さを感じたりも。
訪問時混雑度 ★★★ 駐車場は混雑しているのに店内はほとんど客がいないという状態が発生しているのは、やはり駐車場に車を停めて河辺へ遊びに行く人がそれだけ多いということか。
身障者への配慮 専用駐車場から各施設へはスロープ有り。売店入口は狭い。

道の駅ギャラリー
次に「山北」を様々な角度から撮影した写真をお楽しみいただければと思う。ってそんな大層な写真はないのだが、少しでも雰囲気を感じてもらえれば幸いである。
懐かしの写真集(ある晩秋の日)はこちら
さぁ、いざ道の駅「山北」の駐車場へ!
あいかわらずいつも混雑の「山北」 だ

 


入口には道の駅の石碑がある 建物前では農産物の直売だ

 

道の駅「山北」のメイン施設

 

建物右手にはトイレ 館内への入口外
2003年度からはここに
スタンプが置かれている

 

館内はかなりこじんまりとしている
通路右手に売店、奥には食堂だ
こちらが売店

 

こちらが食堂のテーブル セルフサービス式の軽食堂だ

 

道を挟んだ向かい側にも駐車場と
ちょっとしたくつろぎスペース有り
そして階段を下りていけば、そこは川

 

駐車場からみる風景
確かに川遊びやキャンプを楽しめそうな場所だ

道の駅チェックレポート
道の駅にはそれぞれ特徴がある。我々「道の駅制覇し隊」が実際に道の駅を訪れたなかで、見どころや気になるところなどをレポートする。時にはべたぼめあり、辛口も混ぜておおくりするが、あくまでも一個人のレポートゆえ、人によっては異なった感想をもたれる場合もあるかもしれない。その点は予めご了承願いたい。
 
 
駅内チェック:売店で見つけた特産品 筆頭はやはり足柄茶?
足柄茶は既に全国的にも有名なお茶であるが、事の起こりは大正12年の関東大震災の復興のためであったらしい。当時まだ山北町と合併する以前であった清水村が発端となり、様々な調査を進めていくうちに、山北周辺の風土は茶の栽培に適していることから、全村あげて茶の栽培に力を注いだ。そして、あれやこれやの試行錯誤の元で今の美味しいお茶にまで完成したのだ。現在までに数々の賞を獲得した足柄茶は、足柄地方の代表的な特産品なのだ。
足柄茶 わかさぎ・鮎姿煮 竹細工品
あしがらみかん 手作りジャム 峰の里べにしょうが
峰の里きゃらぶき 丹沢もなか 丹沢鹿せんべい
更にちょっと美味しそうな商品を発見、それは夏限定品なる「夏ちゃん」なる手作りパンである。

洒水の滝 森のパン屋さんなるところで作っているパンのようだが、自家製の夏みかんを練りこんだレーズンパンだ。商品札に「足柄茶と一緒にどうぞ」と書かれているところなんぞ、ニクイ演出だ。
クローズアップ:予想を超える美味しさにニッコリ!森のパン屋さん「チーズパン」
チーズ好きな人ならば一度は食べてみよう、森のパン屋さん(上でも掲載している山北町内のパン屋)のチーズパン。

中には角形のチーズがたっぷり入っており、パンを食べる前にちょっと暖めればこのチーズが溶けて、まるでクリームパンのごとくパンの中にトロトロチーズがいっぱいだ。パン自体も小麦の味わいが心地よく、非常に美味しい。(2個入り300円)
駅内チェック:売店でみつけた「道の駅」なもの ステッカーとキーホルダー
神奈川県は道の駅グッズに力を入れているのか、「箱根峠」同様「山北」でも道の駅グッズを発見。
こちらはバラエティに富んでおり、ステッカー・マグネット・キーホルダーなどが販売されている。
各地の道の駅ステッカーがあればスタンプ同様に集めるのに、とふと思ってしまったのだが。
駅内チェック:山北の川魚料理を堪能しよう
道の駅「山北」の軽食堂はこじんまりとしていながらも、定食やラーメン、うどん・そば等(コロッケ定食や山菜そば・きのこそばやうどん、焼肉定食等々)が揃っている。席数が少ないのが少々難点だが、川魚を中心とした名物料理「不老天重・不老そば/うどん」もあるので、食事目的に立ち寄ってみるのはいかがだろうか。食堂内には、「店のお薦め料理」や「本日のお薦め料理」等、アピールも満点だ。
クローズアップ:店のお薦めは「不老天重」(900円)
この不老天重、実はヤマメ(またはイワナの場合もあり)の天ぷらがドーンとのせられた天重なのである。他にサラダとなめこ汁までついて900円、それでいてボリューム満点なのだ。それにしても、ヤマメが一匹まるごと天ぷらになっている姿は、なかなかの迫力ではないか。

いざ、魚に箸を入れてみると、身が厚く、実にふっくらとしている。小骨が少々口に残るのは仕方がないにしても、このふっくら感がなんともいえぬ美味しさだ。そして、衣はどちらかといえばふわっとしたものではなく、しっかりとカラっと揚げられた感じである。大食漢な人でも満足の一品だろう。
また、特にクローズアップという訳ではないのだが、「不老天重」と共に食した「チャーシューメン」は、特色があるというわけではないものの、脂がのったチャーシューは厚みもある。

麺は卵麺っぽい感覚であり、このあたりは好みが分かれそうなところである。
駅周辺チェック:川向こうにある建物群はオートキャンプ場だ
道の駅がある道路の向かい側には河内川という川が流れているのだが、その向こうに何やら賑やかそうな空気と数軒の建物が見える。「まさか、あれも道の駅のひとつじゃないだろうな」と心配になるのだが、売店の人いわく「あれは道の駅とは違いますよ、キャンプ場です」と教えてくれた。

「河内川ふれあいビレッジ」と称するキャンプ場は河内川に沿ったオートキャンプ施設。川遊びなども可能で、特に夏になると多くの利用客たちがそれぞれの休日を楽しんでいるようだ。
施設内容 オートキャンプ,デイキャンプ,川遊び等
各時間  オートキャンプ IN 13:00 / OUT 11:00
デイキャンプ IN 09:00 / OUT 16:00
料金 オートキャンプ 芝4,000円 フリー3,000円
デイキャンプ 大人500円 子供250円 車1台1,000円/日
休館日 水曜日(7,8月は無休)
問い合わせ先 神奈川県足柄上郡山北町湯触322-1 tel:0465-77-2299
 
 

home  地方indexへ戻る 神奈川県indexへ戻る

ご意見・ご感想・ご要望は、ふゆのほしまで。

MapFanWebは、インクリメントP株式会社のインターネット地図検索サービスです。
地図へのリンクはMapFanWebの利用規程に基づいています。
Copyright(c)2000-2003 ふゆのほし All rights reserved.
本内容すべての無断複製、引用、転載を禁じます。
データ作成日:2000年08月23日 最終更新日:2003年08月08日