ふゆのほし的「道の駅」ご案内   道の駅をたずねて何千キロ
道の駅 月夜野矢瀬親水公園
 

関越自動車道 月夜野ICから主要地方道61号(沼田水上線)を北上すると下牧交差点にさしかかる。ここから国道291号方面である県道271号に入ってすぐに橋を渡れば、左に広がるは道の駅「月夜野矢瀬親水公園」だ。

矢瀬親水公園内はとにかく広大、更には国指定史跡である「矢瀬遺跡」も含まれ、歴史色もたっぷりながら、各種広場やバーベキュー、遊具広場など、遊び要素もある。勿論、敷地内には農産物直売所等もあり、のんびりしたい人にもフラッと立ち寄った人にも支持されやすい駅のひとつではないだろうか。


 
 
 
道の駅基本データ
場所/地図 群馬県利根郡月夜野町大字月夜野字下矢瀬地内
沿線 主要地方道61号(沼田水上線)
駅付近の交通量 午前:★☆☆(少)
午後:★☆☆(少)
連絡先 0278-20-2123
各施設開館時間 10:00〜18:00(04-10月)
10:00〜17:30(11-03月)
休館日 12/29-1/3
駐車場 100台(大:4 普:94 身障者用:2)
トイレ数 屋内:男:2 女:2 身障者用:1 石鹸:無
屋外:男:5 女:4 身障者用:1 石鹸:無
印象に残った名産品、
珍しいもの等
モロヘイヤ、納豆
リンゴジュース
新鮮野菜など
訪問履歴 2nd:2002/09/16 14:22 1st:2001/07/29 09:46
 
 

 

施設内容
物産販売所「月夜野はーべすと」
軽食コーナー(月夜野はーべすと内)
わんぱく広場
矢の広場
芝生広場
国指定史跡「矢瀬遺跡」
スタンプ:月夜野はーべすと内
(場所:見取り図の赤丸印)
 
見取り図
 

 

道の駅制覇し隊 この駅どんな駅?みつぼしチェック
目玉なお買い物度 ★★ 月夜野はーべすとには広めの店内に農産物が中心に並んでいる。はーべすと内の加工施設での手作り加工品もあるので、こちらも要チェックだ。
食事しましょう度 ★★ おにぎりやホットドック等の軽めのものが多いが、土日祝限定の地粉うどんは気になる存在。
ちょいと休憩度 ★★★ 屋内休憩所は特に設けられていないのだが、吊り橋を渡りながら親水路を眺めているとそれだけでも気分はリフレッシュ。矢の広場にはベンチもあるのでこちらで座って休憩をしたり、または芝生広場にレジャーシートを広げて休憩というのも良さそう。
ゆったり休憩度 ☆☆☆
ここで遊ぼう度 ☆☆ わんぱく広場には子供向けの遊具がある。その他、バーベキュー棟もあり。ただ、朝に訪れたらこのバーベキュー棟を休憩所代わりに使っていた人がいたりも。
ここで体験度 ☆☆☆
文化に親しもう度 ★★★ なんといっても、国指定史跡である「矢瀬遺跡」だろう。入園料も無料なので、自由に見て廻ることが出来るのも嬉しい。
トイレ印象度 ★★ 設備、清潔度はごく普通。矢瀬遺跡側にある屋外トイレは森の中にたたずんでいる、といった感じなので、夜間はちょっと入りづらい。
訪問時混雑度 ☆☆ 訪れたのが開館ちょっと前だったためか、駐車場に余裕あり。駐車場は数カ所に分かれて設置されているため、混雑していたら諦めて帰らずに他のエリアも探してみよう。
身障者への配慮 駐車場から各施設へはスロープ有り

道の駅ギャラリー
次に「月夜野矢瀬親水公園」を様々な角度から撮影した写真をお楽しみいただければと思う。ってそんな大層な写真はないのだが、少しでも雰囲気を感じてもらえれば幸いである。(なにぶん敷地が広いため、それに比例して写真枚数も膨大なのはひとつご勘弁の程・・・)
道の駅「月夜野矢瀬親水公園」
緑に囲まれた広大な敷地、遠くに見える屋根は直売所

 

駐車場入口はこの看板が目印 駐車場に車を停めると
まず親水路の吊り橋が視界に入る

 

それではまず農産物直売所
「月夜野はーべすと」に入ってみよう

 

店内は農産物中心の陳列 軽食コーナーのテーブルは
木の温もりいっぱい。ちょっと狭めだ

 

売店の一角にある情報コーナー 天気が良ければ店先のテラスでひといきも!

 

外に出て、吊り橋を渡ると見えるは
バーベキュー棟
更に歩けばわんぱく広場
ローラースライダーで遊ぶ?

 

親水公園は川に沿って広がっている 月夜野町は「ホタルの里」
公園内でもホタルが見られるらしい

 

更に川に沿って遊歩道を歩けば、
そこは矢の公園
矢の公園内には、
矢を放つ源義家の像

 

さぁ、それでは矢瀬遺跡を見てみよう
ここでは遺跡の細かな概要が掲示されている

 

縄文時代にタイムスリップ 広い敷地内を歩いて疲れた人は
各所に四阿があるのでちょっと休憩

 

遺跡を抜けると緑が美しい芝生広場 広場近くにぽつんと設置されている
屋外トイレ

 

この洞窟は何? 中はどこか妖しげな
照明の地下通路
と、出てきたところは
駐車場前であった

道の駅チェックレポート
道の駅にはそれぞれ特徴がある。我々「道の駅制覇し隊」が実際に道の駅を訪れたなかで、見どころや気になるところなどをレポートする。時にはべたぼめあり、辛口も混ぜておおくりするが、あくまでも一個人のレポートゆえ、人によっては異なった感想をもたれる場合もあるかもしれない。その点は予めご了承願いたい。
 
 
駅内チェック:月夜野はーべすとで見つけた特産品たち
公園管理事務所を兼ねた物産販売所「月夜野はーべすと」は、地元の新鮮野菜が中心。それだけでなく、はーべすと内の加工研究室で造られている地場産大豆たっぷりの「つきよの納豆」も販売しているのだ。その他、饅頭やクッキー等も菓子加工研究室内で造られた手づくりの味が楽しめる。

また、月夜野特産のひとつであるモロヘイヤを使った商品も見受けられる。これは、月夜野町老人クラブ連合会が商品化したものらしい。モロヘイヤうどん・そばや、モロヘイヤ粉等が店内にも置いてあり、興味をそそられる。
モロヘイヤうどん こしの強いうどん しいたけ
 
ホタルまんじゅう 月夜野りんご  
     
クローズアップ:「つきよの納豆」(小粒)
上でも少し触れたが、月夜野はーべすとで造られている「つきよの納豆」は、地元で生産した大豆を使用した納豆。

実際に食べてみると、小粒ながら大豆ひとつひとつの存在感が高い。元気良い粘りといい、「あぁ、納豆を食べてる」という実感をしみじみと与えてくれる。
クローズアップ:「月夜野りんごジュース
月夜野産のりんごをふんだんに使った「月夜野りんごジュース」は、りんごの甘酸っぱさが実に爽やか。

りんごジュースにも甘さ強めのまったり味、シャッキリ感が強い等、様々な味が存在するが、このりんごジュースはすっきり系の味。
クローズアップ:お母さんの味「手づくりクッキー
黒ゴマクッキー、ピーナッツクッキー、かぼちゃクッキーが入った可愛らしい手づくりクッキーは、月夜野ハーベスト内の「加工研究ビーンズ」が作ったものだ。

ハート型や星形等、子供のころ母親と一緒に作ったクッキーを思い出す、なんとも懐かしい香りがする。歯ごたえもサクサク、どちらかといえば甘めなクッキーは、いわゆる正統派手づくりクッキーを感じさせる。"ほし"的には、また買いたいクッキーのひとつだ。
駅内チェック:矢瀬縄文ムラで縄文時代にタイムスリップ!
矢瀬親水公園内にある国指定史跡「矢瀬遺跡」は、平成4年度の開発事業にともなう発掘調査にて発見された、縄文後期〜終期の集落跡である。

具体的に、巨大な木を縦半分に割って造った方形木柱列、祭壇や人口の水場、多数の配石墓群、その廻りに配置された住居群等が見つかり、その配置から当時のムラ構成が非常によく把握できる。また、数々の遺物も発見され、縄文時代の生活が祭祀等を中心としたものであったことを匂わせる。

多くの人にこの歴史的建造物を発信するべく、矢瀬遺跡を「矢瀬縄文ムラ」として積極的な復元整備を行い、現在見学が可能なのである。
クローズアップ:「矢瀬湧水(三千年の水)
公園内の奥に位置する川に沿って歩いていくと、湧き水を発見。それが「矢瀬湧水」である。この横に掲げられている案内板によれば、この水は矢瀬遺跡、つまり矢瀬ムラ内の水場から約三千年もの間、絶えることなくずっと湧いているのだとか。ここに遺跡があると知られる以前からこの湧き水の存在は知られていたらしい。

しかしながら、この湧き水は飲むことは出来ないので、手を洗うだけにしておこう。(看板に「この水は飲用できません」と赤字で注意書きがある)
駅周辺チェック:月夜野町はホタルの里
月夜野はーべすと等で、土産品を見るとパッケージにホタルの絵が描かれているものを幾度と無く見かけると思うのだが、月夜野町はホタルの里としても有名なのだ。

JR上毛高原駅裏手の山には、夏の初め頃から多数のホタルが舞い始める。矢瀬親水公園内にもホタル水路が設けられており、毎年7月上旬にはホタル祭りが開催されると、地元の人たちだけでなく、県内外からも多くの人が多く訪れるらしい。ホタル鑑賞会等もあるらしいが、ホタルのほうもあまりの人の多さにビックリしないだろうか、と妙な心配をしたりも。
 
 

home  地方indexへ戻る 群馬県indexへ戻る

ご意見・ご感想・ご要望は、ふゆのほしまで。

MapFanWebは、インクリメントP株式会社のインターネット地図検索サービスです。
地図へのリンクはMapFanWebの利用規程に基づいています。
Copyright(c)2002-2003 ふゆのほし All rights reserved.
本内容すべての無断複製、引用、転載を禁じます。
データ作成日:2002年05月31日 最終更新日:2003年10月11日