ふゆのほし的「道の駅」ご案内   道の駅をたずねて何千キロ
道の駅 鴨川オーシャンパーク
 

和田町から勝浦市辺りまでの国道128号は、車窓から海が楽しめる混雑ポイントでもあるが、シーズン及び時間帯を外せば快適にドライブできそうだ。夏の間は、うんざりする程の混雑に巻き込まれるため、ある程度覚悟して通る必要があるが、冬の夕刻にこの辺りを通った時も渋滞に巻き込まれた記憶有り。もしかしら、夕刻は四季を問わず混雑しているのだろうかか。

道の駅「鴨川オーシャンパーク」は、鴨川市内といっても和田町寄りに位置する。建物全体が噴水というコンクリート状の不思議な建物が目印だ。初めてその外観を見た時には「古代遺跡のモニュメントか、これは」と度肝を抜いたものだが、さすがに何度も訪れていればその外観も見慣れてきた。館内は、売店やレストラン、展望所等、見た目に反してオーソドックスな施設群である。


 
 
 
道の駅基本データ
場所/地図 千葉県鴨川市江見太夫崎浜田22番地
沿線 国道128号
駅付近の交通量 午後:★★☆(普)
連絡先 0470-96-1911
各施設開館時間 08:00〜17:00
09:00〜19:00(レストラン)
休館日 不定休
駐車場 74台(大:5 普:67 身障者用:2)
トイレ数 男:24 女:17 身障者用:1
石鹸:無
印象に残った名産品、
珍しいもの等
鯨製品、海産物
鴨川草木染め
びわ製品、貝殻多種など
訪問履歴 4th:2003/03/09 16:07 3rd:2002/12/08 13:14
2nd:2001/09/16 12:48 1st:2000/09/30 13:48
 
 

 

施設内容
特産品展示販売コーナー(物産館1F)
喫茶レストラン(物産館2F)
道路情報施設
観光案内所(物産館1F)
休憩所
展望所(物産館3F)
千年磯(親水広場)
スタンプ:物産館1階カウンター
 
見取り図
 

 

道の駅制覇し隊 この駅どんな駅?みつぼしチェック
目玉なお買い物度 ★★★ 売店は広く、また海産物から菓子類、工芸品、キャラクターグッズ等多岐にわたって並ぶ。特に海産物を目当てに訪れる客も多い。
食事しましょう度 ★★ 海の幸中心のレストラン。混雑時はかなり待たされる事もあるのでその点は覚悟しよう。
ちょいと休憩度 ★★ 屋外トイレの横に休憩所有り。または物産館内の1階にもちょっとした休憩スペース有り。展望台から海を眺めるのも良し。
ゆったり休憩度 ☆☆☆
ここで遊ぼう度 ☆☆ 夏場ならば、親水公園で水浴びだ。
ここで体験度 ☆☆☆
文化に親しもう度 ☆☆☆
トイレ印象度 ★★ 設備、清掃度共にごく普通。手洗い所に花を置いて清潔度を演出している。
訪問時混雑度 ★★★ 特に休日を中心に混雑している。昼間訪れる場合は多少の覚悟が必要。
身障者への配慮 専用駐車場から屋外トイレへはスロープ有り。物産館へもスロープはあるのだが、遠回りを強いられる。

道の駅ギャラリー
次に「鴨川オーシャンパーク」を様々な角度から撮影した写真をお楽しみいただければと思う。ってそんな大層な写真はないのだが、少しでも雰囲気を感じてもらえれば幸いである。
まるで古代遺跡のような施設「鴨川オーシャンパーク」

 

入口の目印はコレ! 鴨川オーシャンパークのエントランスは
ちょっと南国な雰囲気だ

 

メイン施設へ立ち寄る前に
まず休憩所兼トイレへ
休憩所内には情報端末等もある

 

それでは橋をわたってメイン建物へ行こう
(クリスマス時期に訪れたので外壁にX'masの文字が描かれていた)

 

1階の観光案内コーナー 物産館の1階特産品販売コーナー

 

2階の休憩スペース
奥へと歩いていくとレストランがある
昼時は混雑することが多いレストランも
喫茶時間はゆったりとしている

 

屋上は展望台になっており、海が一望できる 一旦建物内に入らなくても
外から直接展望台に上れるのだ

 

展望台からみえる風景

 

春先の千年磯で遊ぶ風景 千年磯で無邪気に水遊びをしたい

 

直売所「青空市場」 店員さんと話をしながら買い物をしよう

道の駅チェックレポート
道の駅にはそれぞれ特徴がある。我々「道の駅制覇し隊」が実際に道の駅を訪れたなかで、見どころや気になるところなどをレポートする。時にはべたぼめあり、辛口も混ぜておおくりするが、あくまでも一個人のレポートゆえ、人によっては異なった感想をもたれる場合もあるかもしれない。その点は予めご了承願いたい。
 
 
駅内チェック:物産館は海産物やびわ商品などがいっぱい!
施設の1階は特産品を販売しており、イカや鯨、魚類等の海産物や貝殻等の小物等がズラリと並んでいる。そのなかでも、目を引くのが鯨製品。鯨の刺身から、鯨のカレー、鯨のタレなるものまである。このタレ、焼き肉のタレとは違う。鯨の肉を塩漬けにし天日干ししたものをタレというらしい。ここには半生と乾燥の2種類があり、軽く焼いて食べると美味しい。酒のつまみに丁度良さそうかも。

また、千葉県全般の定番土産である「枇杷」関連商品も多い。枇杷の白ワイン漬けをはじめ、びわみるくバターや、びわドリンク、びわシャーベット等、ユニークなびわ製品も含めていろいろ揃っている。
いかの塩辛瓶詰め さんま丸干し かわはぎ
くじらのたれ 鯨の刺身 鯨ラーメン
赤米うどん 鴨川七福神(地酒) 鴨川の地酒いろいろ
房州3.7牛乳 様々な貝殻 市の魚マンボウのぬいぐるみ
クローズアップ:あま〜い味わい!「鴨川ポテト
いわゆるスイートポテトなのだが、一口食べるとそのしっとりとした口触りと、ホクホクっとした、まるで蒸かしたさつまいもを食べているような気分にさせてくれる味が美味しい。

ずっしり感もあり、1個食べるとかなりの満足感が得られる。亀屋本店の菓子だ。
クローズアップ:歴史を感じつつ「千葉南房総 酪農倶楽部(レアチーズケーキ)
パッケージには「千葉県南房総 嶺岡牧場は江戸時代(八代将軍吉宗)より酪農が営まれ、日本酪農発祥の地として知られている」なる表示がある、レアチーズケーキ。

製造販売は鴨川ポテト同様、亀屋本店だ。酸味は控え目でどちらかといえば甘味が豊かなチーズケーキであり、スプーンですくうと寒天のごとく、ぷるるんとしている。
駅内チェック:海の幸いっぱいのレストラン
海がみえる2階のレストランでは、海の幸中心のメニュー揃い。まだ本格的に道の駅巡りをする以前にここのレストランで食事をしたことがあるのだが、その時にはあまりの混雑に面食らったものだ。現在、こうして駅巡りをするようになってからはまだ食事はしていないのだが、レストランのメニューをみると、「房州海鮮丼」や「あわびサザエ丼」「鮭の親子丼」「鉄火丼」等の海の幸が勢揃い。また、ランチタイムが終わると食事はできず、喫茶メニューのみになってしまうので、食事目的な人はなるべく昼中心に訪れるようにしよう。
喫茶は、ソフトクリームやケーキ等が頂ける。

夕刻にこの駅を訪れた際に、遠くに見える海をのんびりと眺めながら、ケーキとコーヒーでくつろぎの時間を過ごしたが、「鴨川の××工房の手作りケーキです」等とうたい文句付きのケーキではないものの、このレアチーズケーキはなんともいえぬふんわりとした美味しさ。コーヒーもほっとする深い味わいで、まさしく海辺のティータイムにふさわしい。
駅内チェック:千年磯で水遊びを楽しもう
千年磯とは、昔磯だった地下の岩を掘り出した人工磯。水車などの遊び道具を備えており、夏になると水遊びを楽しむ家族も多いようだ。しかし、今回訪れた時期が秋だったせいか、誰も遊ぶ者もおらず、千年磯もちょっと寂しげ。
 
 

home  地方indexへ戻る 千葉県indexへ戻る

ご意見・ご感想・ご要望は、ふゆのほしまで。

MapFanWebは、インクリメントP株式会社のインターネット地図検索サービスです。
地図へのリンクはMapFanWebの利用規程に基づいています。
Copyright(c)2000-2003 ふゆのほし All rights reserved.
本内容すべての無断複製、引用、転載を禁じます。
データ作成日:2000年10月03日 最終更新日:2003年10月15日