ふゆのほし的「道の駅」ご案内   道の駅をたずねて何千キロ
道の駅「氷見」
HOME > 北陸 > 富山県 > 道の駅 氷見 > 駅グルメレポート
海鮮料理を堪能だ!レストラン「さかな工房 鮮」
海の幸を堪能したいならば、館内のレストラン「さかな工房 鮮」はいかがだろうか。お品書きを開けば、まさしく「海の幸」中心の定食がズラリ。定食は、お造り中心のものや、煮魚、焼き魚、はたまた、天ぷらなどの組み合わせによって、定食名が異なっている。勿論、定食だけでなく、刺身の舟盛りや姿焼きなどもあるので、大人数で訪れた場合などは、舟盛りあたりを優雅に食べてみたいものだ。刺身たちはそれぞれ身がキュッっと引き締まっていながら、プリプリッとした歯ごたえが気持ち良い。

また、各定食についてくるみそ汁、これは「かぶす汁」といって、氷見の漁師言葉からきているもので、朝の漁から戻ってきて頂く魚のみそ汁のことである。まさしく氷見の味を堪能できるレストラン、これは嬉しい。

ただ、特に休日の昼間を中心にかなりの混雑が予想されるため(右写真のごとく、レストラン入口には、食事を待つ人でいっぱい)、時間をずらして立ち寄るなどの工夫が必要かもしれない。
海の幸をどんぶりで頂こう「海賊丼」
「海賊丼」(1,800円)はいわゆる海鮮丼。ウニやイクラ、海老、タコ、白身魚、等の海の幸がのった丼である。胃がはちきれんばかりのボリュームとまではいかないものの、新鮮魚の食感には満足する。他に、小鉢、漬物、かぶす汁つき。
海の幸を上品に頂こう「刺身丼」
さて、海賊丼がいわゆる海鮮丼というならば、「刺身丼」(1,400円)とは何ぞやと思った人もいるだろう。まぁ写真を見て頂ければ一目瞭然であるが、「丼」という名称でありながら、なんとご飯と刺身が分かれて盛られているのだ。まるで、「天ぷらうどん」を注文したら、天ぷらとうどんが分かれて盛られているような感覚である。

基本的に上記の海賊丼に類似しているが、そういえばこちらにはウニが無い。その他、海老、イクラ、白身魚、タコ等の魚は共通している。他に、小鉢、漬物、かぶす汁つき。
焼魚とお造り中心の定食「氷見港定食」
焼き魚や煮魚、お造りの組み合わせによって何種類もの定食があるなかから、今回選んだのが「氷見港定食」(1,400円)。こちらは、ブリや海老の刺身、そしてブリの照り焼き、小鉢、白飯、漬物、かぶす汁のセットである。焼き魚は上品な味わい、そして刺身のほうもプリッとした心地よい食感が食欲をそそる。
地魚煮物とお造り中心の定食「城山定食」
「城山定食」(1,300円)は、地魚の煮物と、ブリ刺身、小鉢、漬物、白飯、かぶす汁のセット。芋やきのこ等の野菜と共に煮た煮魚は上品な味わいが楽しめる。全体の量も多すぎず少なすぎず、特に女性にオススメなセットだ。

 

 

道の駅詳細レポート帳
各道の駅内で特に細かくチェックした内容について、別途「詳細レポート」として掲載している。
赤いアイコンをクリックすると各レポートページにジャンプする。フォトギャラリーと合わせて御覧頂きたい。
フォトギャラリー道の駅よもやま話地域よもやま話売店レポート駅グルメレポート温泉・宿泊レポート遊ぶ施設レポート見る施設レポート体験施設レポート公園広場レポートキャンプ場レポート
詳細レポート-記事タイトル-
写真でつづる道の駅ギャラリー(フォトギャラリー)
暑さ寒さなんて関係なし!活気あふれる魚市場で買い物だ(駅みやげレポート)
海鮮料理を堪能だ!レストラン「さかな工房 鮮」(駅グルメレポート)
 
訪問履歴:3回(3rd:2003/05/03 19:27 2nd:2002/10/14 13:00 1st:2002/02/11 09:58)
HOME > 北陸 > 富山県 > 道の駅 氷見 > 駅グルメレポート

ご意見・ご感想・ご要望は、ふゆのほしまで。
MapFanWebは、インクリメントP株式会社のインターネット地図検索サービスです。
地図へのリンクはMapFanWebの利用規程に基づいています。
Copyright(c)2000-2004 ふゆのほし All rights reserved.
本内容すべての無断複製、引用、転載を禁じます。
データ作成日:2004年06月22日 最終更新日:2004年06月22日