ふゆのほし的「道の駅」ご案内   道の駅をたずねて何千キロ
道の駅「ウェーブパークなめりかわ」
HOME > 北陸 > 富山県 > 道の駅 ウェーブパークなめりかわ > 駅グルメレポート
ほたるいか料理を堪能だ!「レストラン光彩」
レストラン光彩では、和食やイタリアン、そして特産のほたるいか料理を堪能することが出来る。入口のショーウィンドウを眺めていると、ほたるいかの釜飯御膳や、ほたるいかフライ等も盛りつけが美しく、「食べたい度」も急上昇だ。

また、パノラマレストランという名前だけのことはあってか、レストランの窓の外に見えるは雄大な富山湾、窓自体も非常に大きい為、レストラン自体が明るい雰囲気である。そう、それはまるで海辺のホテルのレストランにでもいるような感覚なのだ。おまけに、ここは店員さんの教育も非常に行き届いており、常に店員さんのひとりは店内を見渡し、客の要望にすぐに対応出来るよう、心がけているようである。
 
ほたるいかをオシャレに食べよう「ほたるいか みそチーズ焼き」
「ほたるいか みそチーズ焼き」(800円)はもともと一品料理であるが、これにパンとスープを追加すると立派なセットである。しかも、ショーウィンドウの見本で見たよりも、ボリュームがありそうではないか。

土鍋にて調理されているチーズ焼きは、とにかくアッツアツ。そして、グツグツ音をたてているチーズの間にほたるいかがのせられており、その下にはパスタが敷き詰められている。
パスタは、緑色(ほうれん草だろうか、緑黄色野菜っぽい味)の平たい形状であり、見た目以上にボリューム満点な料理だったのである。みそとチーズの甘辛さに濃厚さが相まり、これがほたるいかに絡まって海の香りがプラスされる、やはり不思議な味というのが素直な感想だ。
 
富山で食べたい天丼、それは「白エビ天丼」
富山県内の道の駅を巡ったことで、すっかり「白エビ」ファンになった我々が選択したのが「白エビ天丼」。白エビといえば、お隣の道の駅「カモンパーク新湊」でも白エビ料理を頂けるのだが、ここ「ウェーブパークなめりかわ」の白エビ天丼は、我々的にはオススメ度100%ではないだろうか。

どんぶりにふんわりのった白エビの天ぷら、その他、大葉やかぼちゃ、茄子などの野菜の天ぷらが美味しさをかもし出している。かき揚げとは異なり、白エビがひとつひとつ丁寧に揚げられており、プリッとした歯触りが美味しい。衣のつき方も「ふわり」という言葉がピッタリである。

 

 

道の駅詳細レポート帳
各道の駅内で特に細かくチェックした内容について、別途「詳細レポート」として掲載している。
赤いアイコンをクリックすると各レポートページにジャンプする。フォトギャラリーと合わせて御覧頂きたい。
フォトギャラリー道の駅よもやま話地域よもやま話売店レポート駅グルメレポート温泉・宿泊レポート遊ぶ施設レポート見る施設レポート体験施設レポート公園広場レポートキャンプ場レポート
詳細レポート-記事タイトル-
写真でつづる道の駅ギャラリー(フォトギャラリー)
道の駅で見つけた特産品、お土産たち(駅みやげレポート)
ほたるいか料理を堪能だ!「レストラン光彩」(駅グルメレポート)
ほたるいかの生態を知ろう「ほたるいかミュージアム」(見る施設レポート)
 
訪問履歴:2回(2nd:2003/06/09 14:28 1st:2002/02/11 12:10)
HOME > 北陸 > 富山県 > 道の駅 ウェーブパークなめりかわ > 駅グルメレポート

ご意見・ご感想・ご要望は、ふゆのほしまで。
MapFanWebは、インクリメントP株式会社のインターネット地図検索サービスです。
地図へのリンクはMapFanWebの利用規程に基づいています。
Copyright(c)2000-2004 ふゆのほし All rights reserved.
くるま旅支援システム「たびあん」(c)2002-2004 road-star.jp All rights reserved.
本内容すべての無断複製、引用、転載を禁じます。
データ作成日:2004年06月23日 最終更新日:2004年06月23日