ふゆのほし的「道の駅」ご案内   道の駅をたずねて何千キロ
道の駅「あらい」
HOME > 北陸 > 新潟県 > 道の駅 あらい > 駅グルメレポート
四季彩館ひだなんで手打ちそばに舌鼓!
くびき野情報館に隣接している「四季彩館ひだなん」では、石挽き手打ちそばを中心した和食が頂ける。店内も、シック且つ和風な雰囲気が漂い、くつろいだ気分で食事が可能だ。

この四季彩館ひだなんは、鉄道の駅に立ち食い蕎麦屋があるように道の駅にも気軽に入れる蕎麦屋があれば良いのでは、といった発想から始めたとのことらしい。店内に設置されているパンフレットに堂々と「こだわりはありません」と言い切るあたりが逆に好感がもてる。要は、良い食材と丁寧な作り、これにつきるということだろう。四季彩館ひだなん内にある売店コーナーでは、半生そばを購入できる。

メニューは、そばと天ぷら、ご飯等がセットになった「ひだなんセット」をはじめとして、各種どんぶりとそばのセット、ざるそば、天ざるそば、とろろざるそば、鴨南そば、月見そば、とろろそば、天ぷらそば等がある。
「ひだなんセット」
「ひだなんセット」(1300円)は、、天ぷらと押し寿司、蕎麦、小鉢、漬け物がお盆いっぱいにのせられてやってくる。(蕎麦は温蕎麦、冷そば選択可能だ。)

海老・舞茸・にんじん・茄子・かぼちゃの天ぷら盛り合わせは揚げたてで歯触りも心地よく、そして押し寿司も笹の香りがほんのりと飯に移って風味も良い。小鉢は、五目野菜と厚揚げをくるみ味噌らしきもので和えてあった。なんといっても、ボリューム満点であり、実に満足なセットだ。
「鴨南蛮付け汁そば」
「鴨南蛮付け汁そば」(800円)は、ざるそばを暖かな鴨汁につけて頂くものだ。ここの鴨汁はかなり濃い目の味付けであり、まさしく「付け汁」そのもの。蕎麦のほうは程良いコシ、人間にたとえていえば、どこか控えめで優しいといった印象を受け、喉ごしも優しくサラッとしている。

頂いている途中で、店員さんがそば湯を出してくれるので、最後はそば湯と共に汁も飲み干したい。

 

氷見「きときと寿司」で寿司をたらふく食べよう!
氷見「きときと寿司」といえば、本店が富山県氷見市にあり、北陸を中心とした回転寿司のチェーン店である。ちなみに「きときと」とは富山弁で「新鮮」という意味らしい。その名のとおり、毎日氷見漁港からとれたて新鮮魚介類が直送され、それが寿司のネタとなるのだ。

休日ともなれば店内は大混雑、それゆえにしばらく待たされるのは、回転寿司ならではの宿命かもしれない。目の前を流れる寿司に手を伸ばすのも良いが、壁に掲示されているお品書きをチェックしながら、カウンター内にいる職人さんに握って貰う手もある。割と空いている時間帯であれば、職人さんがオススメなネタ等を教えてくれたりもする。今回食べたなかでは、特に「あぶりトロ」や「ウニ」「地あじ」あたりが美味であった。
中トロ 大トロ あぶりトロ
地あじ いわし 白えび
イクラ ウニ 茶わん蒸し

 

 

道の駅詳細レポート帳
各道の駅内で特に細かくチェックした内容について、別途「詳細レポート」として掲載している。
赤いアイコンをクリックすると各レポートページにジャンプする。フォトギャラリーと合わせて御覧頂きたい。
フォトギャラリー道の駅よもやま話地域よもやま話売店レポート駅グルメレポート温泉・宿泊レポート遊ぶ施設レポート見る施設レポート体験施設レポート公園広場レポートキャンプ場レポート
詳細レポート-記事タイトル-
写真でつづる道の駅ギャラリー(フォトギャラリー)
豊富な越後土産が「カンパーナあらい」物産館(駅みやげレポート)
四季彩館「ひだなん」で手打ち蕎麦に舌鼓/きときと寿司で寿司をたらふく食べよう(駅グルメレポート)
 
訪問履歴:4回(4th:2003/11/30 19:19 3rd:2002/09/29 17:50 2nd:2002/09/21 18:55
1st:2001/09/02 16:30)
HOME > 北陸 > 新潟県 > 道の駅 あらい > 駅グルメレポート

ご意見・ご感想・ご要望は、ふゆのほしまで。
MapFanWebは、インクリメントP株式会社のインターネット地図検索サービスです。
地図へのリンクはMapFanWebの利用規程に基づいています。
Copyright(c)2000-2004 ふゆのほし All rights reserved.
本内容すべての無断複製、引用、転載を禁じます。
データ作成日:2004年05月27日 最終更新日:2004年05月27日