ふゆのほし的「道の駅」ご案内   道の駅をたずねて何千キロ
道の駅「なかじまロマン峠」
HOME > 北陸 > 石川県 > 道の駅 なかじまロマン峠 > 駅みやげレポート
道の駅で見つけた特産品、お土産たち
道の駅「なかじまロマン峠」の建物の中へと入れば、まず初めに視界に飛び込んでくるのが、食事処のテーブル。一瞬、売店は無いのだろうか、と思ってしまうのだが、実は奥に進めば特産品販売コーナーがあるのだ。牡蠣が旬な季節になれば、建物入口付近にも「牡蠣販売コーナー」が設けられている。

売店コーナーとしては少々狭めではあるが、中島町の特産品である牡蠣や小菊かぼちゃの加工品等がところ狭しと並んでいるのが印象的だ。

また、閉店時間ぎりぎりに飛び込んだ我々を、いやな顔ひとつせず「どうぞゆっくり見てくださいね」と声をかけてくれた店員さんに感謝である(このような人の温かさが、また訪れたいという気持ちを誘うのである)。
中島町産 能登かき 能登かき佃煮 金糸うり粕漬け
小菊かぼちゃ粕漬け いさざ羊羹 ひょうたん
     
中島町の代表的な特産品「かきかまぼこ」
能登物産コンクールの特賞を受賞した「かきかまぼこ」はその名のとおり、牡蠣入りのかまぼこである。餃子の皮のごとくかまぼこの中に牡蠣とチーズを包みこんだ商品だ。そのままでも頂けるとのことだが、煮るなり揚げるなりすると一層美味しいとのことだ。

パッケージに書かれていたお薦めの食べ方は「素揚げ」ということなので、実際に素揚げにして食べてみたが、牡蠣の風味が実にたっぷりである。ただ、さっと揚げただけの割にはかまぼこが固くなってしまうのが少々気になるところか。また、そのままの状態でも食べてみたのだが、牡蠣の香りはやはり熱を通した方が強いらしい。
中島名産「能登小菊かぼちゃパイ」
中島町の特産である「小菊かぼちゃ」を使用したパイは、かぼちゃ入りの白生餡がたっぷり入った小型サイズ。程良い甘さなので、2〜3個ペロッと食べられそうだ。1個単位でも販売しているのが嬉しい。(1個120円) ひとつ気になったのは、賞味期間が30日間と記載されているにも関わらず、製造日が外袋の何処にも書かれていなかった点だろうか。まぁ、たまたまであろうが、是非とも製造日かまたは賞味期限の表記を忘れずに掲載して欲しいと思ったりも。

 

 

 

道の駅詳細レポート帳
各道の駅内で特に細かくチェックした内容について、別途「詳細レポート」として掲載している。
赤いアイコンをクリックすると各レポートページにジャンプする。フォトギャラリーと合わせて御覧頂きたい。
フォトギャラリー道の駅よもやま話地域よもやま話売店レポート駅グルメレポート温泉・宿泊レポート遊ぶ施設レポート見る施設レポート体験施設レポート公園広場レポートキャンプ場レポート
詳細レポート-記事タイトル-
写真でつづる道の駅ギャラリー(フォトギャラリー)
道の駅で見つけた特産品、お土産たち(駅みやげレポート)
 
訪問履歴:2回(2nd:2003/05/03 17:47 1st:2002/02/10 13:11)
HOME > 北陸 > 石川県 > 道の駅 なかじまロマン峠 > 駅みやげレポート

ご意見・ご感想・ご要望は、ふゆのほしまで。
MapFanWebは、インクリメントP株式会社のインターネット地図検索サービスです。
地図へのリンクはMapFanWebの利用規程に基づいています。
Copyright(c)2000-2004 ふゆのほし All rights reserved.
くるま旅支援システム「たびあん」(c)2002-2004 road-star.jp All rights reserved.
本内容すべての無断複製、引用、転載を禁じます。
データ作成日:2004年06月19日 最終更新日:2004年06月19日