ふゆのほし的「道の駅」ご案内   道の駅をたずねて何千キロ
道の駅 朝霧高原
 

中央自動車道 河口湖ICから国道139号を鳴沢村・富士宮市方面へと向かうと、やがて山梨県を越え静岡県に入る。するとまもなく左手に見えてくるは道の駅「朝霧高原」だ。なお、東名高速から向かう場合は、富士ICから西富士道路を経て国道139号を北上していけば、やがて到着する簡単ルートである。

標高1,000mに位置する朝霧高原は、静岡県内でも有名な酪農地帯。そんな広大な高原の中にある道の駅「朝霧高原」は、珍しい施設がある訳ではないのだが、活気ある売店風景、フレンドリーなレストラン、雄大な富士山の眺め、それらが融合して非常に印象度が良い駅のひとつである。駅の外観も、高原や牧場の景観によく似合い、特に赤い屋根が緑の大地と青い空によく映える。

といっても、実は朝霧高原製品を買い求めて、つい何度でも足を運んでしまいたくなる、これが本音だったりするのだ。


朝霧高原スタンプ
 
 
道の駅基本データ
場所/地図 静岡県富士宮市根原492-14
沿線 国道139号
駅付近の交通量 午後:★★☆(普)
連絡先 0544-52-2230
各施設開館時間 09:00〜19:00(4-6, 9-11月)
08:00〜20:00(7,8月)
09:00〜18:00(12-3月)
休館日 無休
駐車場 約85台(身障者用:有2)
トイレ数 23(身障者用:有)石鹸:無
印象に残った名産品、
珍しいもの等
朝霧高原牛、朝霧牛乳
朝霧ハム・ソーセージ
富士山地酒まんじゅうなど
訪問履歴 4th:2001/10/27 12:54 3rd:2001/07/22 13:44
2nd:2000/08/19 15:14 1st:2000/07/20 17:20
 
 

 

施設内容
売店
レストラン
観光案内
休憩コーナー
芝生の広場
スタンプ:観光案内
 
見取り図
 

 

道の駅制覇し隊 この駅どんな駅?みつぼしチェック
目玉なお買い物度 ★★★ 朝霧な土産がこれでもか!という程並んでいる。特にそのジャンルが多岐に渡るという面がポイント高し。"ほし"的なお薦めはやはり朝霧高原牛乳とソーセージか。
食事しましょう度 ★★★ 食券形式なので何処にでもあるメニューなのかと思いきや、朝霧牛を使ったメニューが幾つかあり、しかも人気も高い。朝霧牛以外の料理もボリューム満点でかなり満足だ。
ちょいと休憩度 ★★★ 屋内休憩施設はあることにはあるのだが、休日は満席のことが多い。しかし屋外にもちょっとしたベンチとテーブルがあったり、公園で休憩も出来たりと、休憩場所は豊富だ。
ゆったり休憩度 ☆☆☆
ここで遊ぼう度 ☆☆☆
文化に親しもう度 ☆☆☆
トイレ印象度 ★★★ トイレ設備自体は標準的、清掃状態は良好だ。
訪問時混雑度 ★★★ 休日の昼間はとにかく混雑している。誘導員が駐車案内をしているので、その案内に従って駐車しよう。
身障者への配慮 専用駐車場から各施設へはスロープ有り。

道の駅ギャラリー
次に「朝霧高原」を様々な角度から撮影した写真をお楽しみいただければと思う。ってそんな大層な写真はないのだが、少しでも雰囲気を感じてもらえれば幸いである。
ある晴れた日の道の駅「朝霧高原」

 

「朝霧高原」施設全体像

 

入り口はこれが目印 道の駅「朝霧高原」の石碑

 

屋外トイレ ソフト・アイスクリーム工房は人気

 

屋内休憩所、ちょっと椅子が少ないのだ レストラン風景

 

混雑の売店風景 モーモー柄のお菓子は
結構人気だったりする

 

秋色「朝霧高原」公園からうっすらと見える富士山

道の駅チェックレポート
道の駅にはそれぞれ特徴がある。我々「道の駅制覇し隊」が実際に道の駅を訪れたなかで、見どころや気になるところなどをレポートする。時にはべたぼめあり、辛口も混ぜておおくりするが、あくまでも一個人のレポートゆえ、人によっては異なった感想をもたれる場合もあるかもしれない。その点は予めご了承願いたい。
 
 
駅内チェック:売店でみつけた特産品たち 朝霧の名が光る商品は?
売店には、富士宮市及び特に朝霧高原に特化した特産品が実に多数あり、思わず何を買おうか悩む始末。高原といえば乳製品はつきものだが、そのとおり!朝霧高原乳製品群はバター・チーズ・牛乳からアイスクリーム、ケーキ類やクッキー等、「これでもか」という程並んでいる。しかも、可愛いパッケージも多いからよけい購入欲は増す一方だ。

他に朝霧ウィンナーやハム等もこれまた種類も豊富に並ぶ。生き生き卵や、ワサビ漬け、駄菓子コーナーや勿論新鮮な農産物等もあり、買い物籠には沢山の土産物を詰め込む人も多い。
     
朝霧高原牛乳
チョコチップクッキー
あさぎり牛乳 あさぎりバター
朝霧いきいき卵 わさび漬け 富士山ドーナツ
     

それらの中から実際に買ってみた商品をちょっぴり紹介しよう。今後買う場合に少しでも参考になれば幸いである。

富士あさぎり牛乳チーズパフケーキ
チーズクリームを挟んだふわふわスポンジのパフケーキ。

冷やして食べても美味しいということだが、冷やすとクリームが固くなるので、"ほし"的には柔らかいクリームのまま食べた方がスポンジと馴染んで良いと思うぞ。チーズクリームの爽やかさが特に美味しい。
富士あさぎり牛乳レアチーズケーキ
チーズケーキというよりもヨーグルトケーキといった方がピッタリな味。

もっと濃厚なのかと思いきや、割と淡泊な印象が強い。
朝霧ソーセージ
プリプリしていて美味しい。かじると、プチッと良い音をたてて皮がはじける感じがなんとも良い感触だ。

朝霧ソーセージは、「わさび」味や「しそ」味も試してみたのだが、わさび味のほうは確かにわさびのツンっとした辛味が食欲を増す。ついいつものクセで粒マスタードなんてつけて食べようものならば、・・・やめておこう。しそ味は、やんわりと香るだけと思いきや、予想以上に「しそ」味が口の中を支配する。
駅内チェック:売店でみつけた特産品 クローズアップ「あさぎり牛乳」
道の駅「朝霧高原」では新鮮生乳が飲める。それが「あさぎり牛乳」である。丁度売店の人がお客さんにいろいろ説明していたところを通りがかったのだが、どうやらお客さんの「これってスーパーにも同じのが並んでるんじゃない?」と質問に対して、誇らしげに「いやいや、同じような名前のものはあるでしょう、よく朝霧高原牛乳っていう名前の牛乳だったらスーパーに置いてあるかもしれないけど、うちは あさぎり牛乳 ですよ。これは決してスーパーには置きません」と売店の人の回答。おまけに散々あさぎり牛乳のおいしさを説明した後に「これ、ストローあるけれど、そんなもので牛乳をちゅーちゅー飲むのはいけません、腰に手をあてて、ぐびぐびっと飲むのが牛乳の醍醐味なんですよ」、いやぁこれには笑った。

2000年訪問した時には、上記のような衝撃的な風景をみて、思わず買うのも忘れて見入ってしまった我々だったが、2001年改めて訪れた時にはしっかりと購入。「これ、随分大きいなぁ」それもそのはず、牛乳瓶がなんと発泡容器に包まれて販売されているのだ。遠方から買いに来た人への配慮らしく、冷蔵庫外で数時間の保存が可能なように発泡容器に包まれている。さて、この牛乳の売り文句は、「朝霧高原のさわやかな空気と富士山の雪溶け水、そして厳選された牧草で育てられた乳牛からしぼった牛乳を85度で殺菌処理した無調整牛乳」である。実際に飲んでみたが、思ったよりもしつこくなく、サラッとした飲み心地だ。

あさぎり牛乳の場合、夏は乳脂肪率が3.6%〜3.8%、冬は3.8%〜4.2%と冬のほうが高くなるらしい。
駅内チェック:食堂では朝霧高原牛のステーキ定食があるぞ
食券形式のただの食堂、それなのによくよくそのメニューを見てみるとこの土地だからこそ美味しく食べられるものがさりげなくあったりする。例をあげると「朝霧高原牛ステーキ定食」、これは確か1500円。他に「朝霧高原牛ハンバーグ定食」なるものもあったり。ところがあまり遅い時間に訪問すると、当然ながらの売り切れ。我々が食券を買おうと並ぶと、その前の人が丁度メニューを選んでいたのだが、牛ステーキ定食のボタンを押そうとして「なぁんだこれ、売り切れかぁ」と残念そうにため息。しかしながら他の料理でも十分腹を満足させてくれる。その時に食べた豚カツ定食もなかなかボリュームがあって美味。(観光地の食堂って名産料理に関しては一応満足できるレベルの味だったりするが、それ以外に関してはあまり美味しくなかったりすることがあるから(例:河口湖近くの某食堂)、最近は特に注意しながら食べる事にしている。)っとこれは2000年に訪問した時のレポートだ。

2001年訪問時には、念願の「朝霧高原牛のステーキ定食」を体験することが出来た。2001年関東道の駅スタンプラリーの途中で寄った際に食したため、既に掲載した内容を抜粋する形になるのだが、参考までに掲載しよう。
この朝霧高原牛ステーキ定食は、自分で焼きながら食べるタイプであり、それ自身はなかなかユニークで良いと思ったのだが、肉や野菜を鉄板に置いた途端、油がそこらじゅうに跳ね出し、更に賑やかな音はたてるわで、油をあびるだけでは事足らず、周囲の注目まで浴びる始末。肉?肉は確かに美味しい。柔らかいし、自分の好きな焼き加減で食べることが出来る。

食堂の店員さんは皆愛想がよく、また元気もあり、印象も良い。「ここの水は富士山の水を使用しているから、ペットボトルがあれば、入れて持って帰って良いよ」とわざわざ客に言って回るサービスぶり。
駅内チェック:名物ソフトクリームを食べよう!
いやはや道の駅チェックレポート全てが食べ物の話題ばかりというのも気が引けるのだが、それだけ目玉な食べ物類が多いということで勘弁して貰おう。さて、道の駅「朝霧高原」の名物といったら、ソフトクリームだ。駅内にいる人の半数以上が手にソフトクリームやらアイスクリームを持っているというくらい(決してオーバーではないぞ)、ここのソフトクリームは人気が高いのだ。

そんな名物ソフトクリームを前に、我々は過去3度にわたって訪れていながら一度も食べる機会に恵まれなかった。というわけで、2001年の10月、わざわざソフトクリームを食べにこの朝霧高原へ訪れたといっても過言ではない。そうして食べたソフトクリームは「こけももバニラミックスソフトクリーム」だ。
こけももバニラミックスソフトクリーム(300円)
店内には「バニラ」「こけもも」「ミックス」の3種類があるのだが、朝霧高原の人気ソフトは「こけもも」らしい。しかし、「こけもも」はもしかしたら酸味が強いのではないかという心配が頭をよぎった"ほし"。なにぶん、酸味には弱いため(その割にヨーグルト類は好きだったりする)、バニラとのミックスならば食べられそうと判断し、ミックスを食べてみることにした。

これ、大正解である。口の中に広がる酸味を覚悟していざ食べてみると、こけももの甘酸っぱさとバニラの柔らかい味が見事に調和して実に美味。ただ甘ったるい訳ではなく、と言ってさっぱりしているだけでもなく、ほのかな酸味がバニラの味を引き締めているような感じがして、これは美味しい。ちなみに、友人に聞いた話だが、「こけもも」のみのソフトだとやや酸っぱさが強いらしい。夏の暑い中では、「こけもも」ソフトのさっぱり感がウケそうだ。
ミルクフロート(300円)
あさぎり牛乳に好きなアイスを浮かべる「ミルクフロート」は、このアイスを牛乳に混ぜて飲むと一層美味しい。これには"こあ"氏が挑戦してみた。なんと中に入れたアイスは「バナナアイス」である。このバナナアイス、ちなみに土日限定らしい。いや、決して土日限定に惹かれた訳ではないのだが、混ぜて飲めばバナナシェイクのような味になるのではないかと期待したのである。

しかし、実際に飲んでみると、どうも牛乳とバナナアイスがうまくドッキングしてくれない。結局、牛乳とバナナアイスは最後まで独立した味を保ちながら飲むことになってしまった。その味について"こあ"氏に聞いてみると「いやぁ、このバナナアイス、まさしくバナナーって感じだね」とまず一言。確かに、バナナの味が忠実に再現されたバナナ味なのだ。ただ甘いだけでなくあのバナナの筋っぽい味まで感じる(実際に入っているかどうかはともかくとして)。更に感想は続く。「牛乳も美味しかった。でもどうも牛乳とバナナアイスはいまひとつ合わないような気がする」と首を傾げる。まぁ、理由は既に書いたとおり「うまく混ざり合えない」ということなのだが、出来れば、「美味しい組み合わせ例」を店側に掲示して貰えると嬉しいと思ったりも。
駅周辺チェック:富士国際花園はベゴニアとフクロウでいっぱいだ!
道の駅「朝霧高原」のすぐそばには「富士国際花園」なる巨大なベゴニア温室がある。上を向いても、そして下を向いても、鮮やかな花々に囲まれ、花好きな人に限らずどんな人でも思わず目をみはる光景ではないだろうか。ベゴニアにも多くの品種があり、世界中のベゴニアが一年中満開の花を咲かせている。特に頭上を覆うようにベゴニアたちが咲き乱れている光景は、美しいを越えて迫力である。また、ここには世界のフクロウたちがいることでも有名だ。おまけに人慣れしているフクロウもおり、肩等にのせることも可能らしい。
開館時間 08:30〜17:00
休館日 無休
入館料 大人1,050円 小学生525円
問い合わせ先 住所:静岡県富士宮市根原480-1 電話番号:0544-52-0880
 
 

home  地方indexへ戻る 静岡県indexへ戻る

ご意見・ご感想・ご要望は、ふゆのほしまで。
MapFanWebは、インクリメントP株式会社のインターネット地図検索サービスです。
地図へのリンクはMapFanWebの利用規程に基づいています。
レポート・画像:Copyright(c)2000-2003 ふゆのほし All rights reserved.
周辺の道の駅案内:Copyright(c)2003 core All rights reserved.
本内容すべての無断複製、引用、転載を禁じます。
データ作成日:2000年08月23日 最終更新日:2001年11月23日