ふゆのほし的「道の駅」ご案内   道の駅をたずねて何千キロ
道の駅「フォーレなかかわね茶茗舘」
HOME > 中部 > 静岡県 > 道の駅 フォーレなかかわね茶茗舘
フォーレなかかわね茶茗舘スタンプ東名高速道路 相良牧之原ICから国道473号を中川根町方面へとひたすら北上していき、中川根町内で国道362号本川根町方面へと入る。しばらくすると右側に道の駅「フォーレなかかわね茶茗舘」入口を示す看板が見えるため、その案内に従って入るとそこは駐車場。相良牧之原ICから当駅までの予想所要時間は約1時間10分だとか。駐車場の奥にある階段を上がると、道の駅の各施設が広がっている。

道の駅「フォーレなかかわね茶茗舘」は日本情緒あふれる建物群、中川根のお茶の歴史や文化等の展示や、茶室、物産店等がある。また、屋外休憩所からはやや遠景ではあるが、SLが走る姿を観ることが出来る。そのため、茶茗舘受付にはSLが通る時刻が掲示してあり、我々が丁度訪れた時にも屋外休憩所からSLの写真を撮ろうと、三脚に望遠付きのカメラを取り付けて、じっと待っている老夫婦がいた。
道の駅「フォーレなかかわね茶茗舘」の外観
駐車場トイレ売店展示公園
道の駅基本データ
道の駅名 フォーレなかかわね茶茗舘
(ふぉーれなかかわねちゃめいかん)
場所 静岡県榛原郡中川根町水川71-1
位置情報
沿線 国道362号
駅付近の交通量 午後:★☆☆(少)
連絡先 0539-24-0129
各施設開館時間 08:30〜17:00(物産店)
09:30〜16:30(茶茗舘)
休館日 水曜日(但し8月/11月は無休)
年末年始
駐車場 41台(大3 普36 身障者用:2)
トイレ数 男:7 女:9 身障者用:1
石鹸:未調査
印象に残った名産品、
珍しいもの等
川根茶 木工品など
スタンプ 茶茗舘入り口付近
道の駅記念きっぷ 未確認
施設内容 道の駅簡単見取り図
売店(緑のたまてばこ)
茶茗舘(展示/茶室)
庭園
道の駅「フォーレなかかわね茶茗舘」見取り図
道の駅制覇し隊「この駅どんな駅」チェック
この駅にはこんな施設があるのだ
売店 駅でお買い物
川根茶を中心とした売店。やはりここはお茶を買って帰りたいものだ。他にもお茶に合いそうな羊羹やまんじゅう等の菓子も販売している。
茶室と庭園 食事しましょう
食事施設はないのだが、茶茗舘の茶室で静かにお茶を飲むのも幸せのひとときだったりも。「お茶セット」として300円で川根茶とお茶菓子を頂ける。
四阿 ちょっと休憩
屋内休憩施設はないのだが、広場のベンチや茶茗舘の庭園で一息つくのも良さそう。広場からはSLが見えるので、SLが通過する時刻付近になるとカメラを持った人たちが集まってくる。
ゆったり休憩
特になし
ここで遊ぼう
特になし
ここで体験
特になし
展示室 文化に親しもう
茶茗舘の展示室ではお茶に関する歴史をパネル等で紹介している。休憩がてら立ち寄ってみては。
敷地内 訪問時混雑度
訪れた土曜の午後は駐車量も少なく静かであった。付近の交通量が少ないことも影響しているのか。
トイレ印象
今回は未調査。次回改めて立ち寄った時に確認したい。
身障者への配慮
未調査。スロープ等は無いとの情報だが、建物との間に段差があるかどうかは不明。
道の駅詳細レポート帳
各道の駅内で特に細かくチェックした内容について、別途「詳細レポート」として掲載している。
赤いアイコンをクリックすると各レポートページにジャンプする。フォトギャラリーと合わせて御覧頂きたい。
フォトギャラリー道の駅よもやま話地域よもやま話売店レポート駅グルメレポート温泉・宿泊レポート遊ぶ施設レポート見る施設レポート体験施設レポート公園広場レポートキャンプ場レポート
詳細レポート-記事タイトル-
写真でつづる道の駅ギャラリー(フォトギャラリー)
大井川あっての川根茶/中川根茶の起源とは・・・(道の駅よもやま話)
売店は川根茶がいっぱい!なんと試飲も出来るち(駅みやげレポート)
茶茗舘では川根茶と中川根に関する歴史がわかりやすく展示されているのだ(見る施設レポート)
 

 

 

訪問履歴:1回(1st:2000/12/16 14:07)
HOME > 中部 > 静岡県 > 道の駅 フォーレなかかわね茶茗舘

ご意見・ご感想・ご要望は、ふゆのほしまで。
MapFanWebは、インクリメントP株式会社のインターネット地図検索サービスです。
地図へのリンクはMapFanWebの利用規程に基づいています。
Copyright(c)2001-2004 ふゆのほし All rights reserved.
本内容すべての無断複製、引用、転載を禁じます。
データ作成日:2001年01月19日 最終更新日:2004年03月21日